あsd

WordPressおすすめRSSプラグイン&フィードエラーに対処する3つの方法


WordPressは、RSSを配信しており、そのRSSをプラグインにより、便利にカスタマイズすることができます。
また、他サイトで配信されるRSSを簡単に表示できるプラグイン等もありますので、ご紹介します。

なお、RSSのエラーに関する対処法も簡単にまとめております。

RSS Antenna

RSSを活用したアンテナサイトが流行しておりますが、このプラグインを活用して、簡単に作成することができます。
RSSを10件まで登録でき、表示する記事を5件から30件まで設定できます。
RSSに含まれるサムネイル画像も表示できますので、きれいなアンテナサイトを構築したい方におすすめです。
なお、設定により、“AD:”, “[AD]“, “PR:”, “[PR]“から始まる記事を広告と判定し、表示しないことも可能です。

antena
https://wordpress.org/plugins/rss-antenna/

RSS Footer

WordPressで配信されるRSSフィードの最後に自分の記事へのリンクを自動挿入します。
記事をコピー配信されることを低減するためのプラグインです。
私もコピーされたことがあるのですが、アクセスが多いブログ等を持つ方におすすめのプラグインです。
また、このプラグインにより、RSSに署名やリンクを挿入することで、検索エンジンにオリジナルの記事を判別してもらえる可能性が高まります。
さらに、知らないうちにコピー記事を閲覧しているユーザーをオリジナルへ誘導することにも使えます。

footer
https://wordpress.org/plugins/rss-footer/

WP RSS Images

プラグインをインストールすることで、サムネイルが自動的に追加されるようになります。
RSSを豪華にし、アクセスをさらに増やしたい方におすすめのプラグインです。
一般的に、サムネイルを追加する方法として、functions.phpを修正する方法もありますが、
このプラグインならそのリスクは減らせます。なお、サムネイルのサイズは設定画面から変更できちゃいます。

image
https://wordpress.org/plugins/wp-rss-images/

Simple FeedStats

フィードの購読者の閲覧情報を記録・閲覧でき、アクセス解析に便利なツールです。
一般的なWEBアクセスでなく、相互RSSなどの流入もアクセスの主要源としている方に便利です。

stats
https://wordpress.org/plugins/feedstats-de/

RSSImport

他のブログやサイトのRSSを自分のブログに簡単に表示できます。ショートコードで簡単にカスタマイズが可能です。
ショートコードで活用できるので、サイトを多くカスタマイズしている方に便利です。

import
https://wordpress.org/plugins/rss-import/

フィードエラーに対処する3つの方法

サイトを運営していると、下記のようなRSSフィードのエラーに直面することがあります。

 

This page contains the following errors:
error on line 2 at column 6: XML declaration allowed only at the start of the document
Below is a rendering of the page up to the first error.

 

このようなエラーについて、主に3つの対処方法があります。

 

・対処法1 functions.phpの修正
まず最初に調査すべきRSSエラーの原因が、functions.phpの中に空行が含まれているというものです。
RSSだけでなく、カテゴリ設定など他のエラーもこの空白行が含まれていることでエラーになりますので、
function.phpを修正するときは気をつけましょう。

 

・対処法2 ob_end_clean()の追加
Wordpressのフォルダにあります
wp-includes/feed-rss2.php
wp-includes/feed-rss2-comments.php
の二つのファイルの先頭に、ob_end_clean();を追加するだけです。
*ob_end_clean()は、出力用バッファをクリア(消去)し、出力のバッファリングをオフにする関数です。

 

・対処法3 プラグインのアンインストール
Feed burnerなどフィード関連プラグインに不具合がおこる場合があります。
まず、機能をオフにし、エラーが解決するか確かめ、再インストールすることをおすすめします。

まとめ

プラグインを活用することで、RSSフィードをカスタマイズし、記事を拡充したり、配信するRSSを
編集することができます。

そのため、積極的にプラグインでアクセスアップを図っていきましょう。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next Article厳選!レスポンシブ対応の無料Wordpressテーマ30選