creatorsnest62

知っておくと超便利!photoshopで簡単に写真をレタッチ(色調補正)する方法


今回はPhotoshopの基本中の基本、基礎の中の基礎といわれるレタッチのテクニック、
色調補正の「明るさ・コントラスト/レベル補正/トーンカーブ」機能の解説です。
これができれば寝ぼけたような色彩感のない写真をメリハリの効いたインパクトのある写真にするのも簡単。

まずは「明るさ・コントラスト」でトライ

この方法のメリットは何といっても手軽さです。操作画面もシンプルでスライダも2つだけ。
しかし画像によっては目を見張るほどの効果があります。簡単な補正ならこれだけで一発で終わることもあります。

まず補正前の写真です。

「明るさ・コントラスト」修正前の画像

画面に暗い部分が多く露光もそちらを基準にしているので、上の日の当たった明るい部分が白く飛んでしまっています。
それではこの白飛びを「明るさ・コントラスト」を使って補正してみましょう。

まず、上のメニューバーからイメージ>色調補正>明るさ・コントラストと選びます。

明るさ・コントラストのメニュー

すると「明るさ・コントラスト」の設定画面が出ます。ここには2つのスライダ「明るさ」と「コントラスト」がありますね。上の「明るさ」のスライダを右に移動させると画像全体が明るくなります。逆に左に移動させると暗くなります。
これで露光を調整している訳ですね。この画像では明るい部分の白飛びが大きいので、
画像を見ながらスライダを左に動かします。

スライダの説明

次は下の「コントラスト」です。露光を調整して画像を明るくしたり暗くしたりするとコントラストは少し狂うので
こちらで調整します。コントラストを上げるということは白い部分はより白く、黒い部分はより黒くすることになるので、
画像は硬めになります。ここでは少しだけコントラストを上げるだけにしました。

コントラストの調整

最もよく使われる「レベル補正」。たいていのレタッチはこれでOK

次は「レベル補正」です。先ほどの「明るさ・コントラスト」よりも細かい補正ができ、たいていの補正これだけで大丈夫です。分かりやすくするために先ほどと同じ写真を使って補正してみましょう。

メニューバーからイメージ>色調補正>レベル補正と選びます。ショートカットはCtrl+LMacの場合は⌘+L)です。

「レベル補正」のメニュー

ここで使うのは主に入力レベルの下の3つのスライダです。

レベル補正の3つのスライダ

右側のプレビューにチェックを入れ、ヒストグラム下の1.00と表示された中間点のスライダを少し右に移動させます。
すると画像全体が暗くなります。

中央のスライダを右に移動

これは先ほどの補正と同じです。レベル補正では横軸が左側に行くほど暗くなり、右に行くほど明るくなるので
中間のスライダを右に移動させると左側の暗い部分が増えるので暗くなります。

レベル補正では先ほどよりも更に細かい補正ができます。ここまでの補正では画像の中間的な明るさを調整して
画像を全体的に明るくしたり、暗くしたりしていました。

レベル補正では更に暗い部分だけ、あるいは明るい部分だけをピンポイントでより明るくしたり、暗くしたり
することができます。

スライダの左端に0と表示された部分があります。これは明るさが0つまり真っ黒の部分です。このスライダを
少し右に移動させると画面が暗くなります。先ほどの真ん中のスライダを右に動かしたのと同じように見えますが、
少し違います。今回は画像の中の暗いシャドーの部分をピンポイントで暗くしています。つまり黒に近いグレーの
部分に注目し、その部分より暗い部分をすべて真っ黒にしています。

左端のスライダを右に移動

同じ事は白の部分でもできます。スライダの右端は白、つまり明るい部分のスライダです。これを左に動かすと
同じく白に近い部分を指定して、その部分より白に近い部分はすべて真っ白にします。

どうですか、「明るさ・コントラスト」よりも遙かに細かい設定ができますね。上級者が「明るさ・コントラスト」を使わずに
専らこちらを使うのが分かりますね。

最後に「トーンカーブ」。これが使いこなせれば完璧に。

「トーンカーブ」は先の「レベル補正」よりも更に細かい設定ができます。3つの中では最もプロライクな機能です。
こちらの画像でやってみましょう。

「トーンカーブ」補正前の画像

メニューバーからイメージ>色調補正>トーンカーブと選びます。ショートカットはCtrl+MMacの場合は⌘+M)です。

トーンカーブのパネルを表示

トーンカーブでは補正前と補正後の数値がグラフで確認できるようになっています。横軸が補正前の数値で右になるほど
明るくなります。縦軸は補正後の数値で上に行くほど明るくなります。

それではプレビューにチェックを入れて、グラフの真ん中の点をクリックしてみます。ここは明るさの中間の点で、
これを上にドラッグすると、画面全体が明るくなります。

トーンカーブ。中央の点を上に移動

これは中間点を持ち上げていることになります。同じように下にドラッグすると暗くなります。

それではこの中間点を持ち上げておいて、今度は暗い部分を下げてみましょう。
中間よりも左の部分をクリックして下げます。

シャドウ部分を下げる

すると画像の特定の暗さの部分だけが数値が下がり、より暗くなりました。

同じように右の明るい部分を上げてみましょう。

ハイライト部分を上げる

すると今度は特定の明るさの部分だけがより明るくなります。中間点は固定されているので変化しません。
こうすると明るい部分をより明るく、暗い部分をより暗くしているのでコントラストをつけていることにもなります。

こんな風にトーンカーブでは特定の明るさの部分だけを調整でき、3つの中ではもっとも細かい調整ができます。

トーンカーブで補正した画像

さいごに

レタッチの代表的な3つのテクニック、「明るさ・コントラスト」、「レベル補正」、「トーンカーブ」について
説明しました。レタッチはPhotoshopの最もフォトショップらしいテクニックで、この機能だけで死んだ写真を
生き返らせることができる魔法のテクニックです。ぜひ押さえておきましょう。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next ArticleFaviconを作成するのに役立つ記事&ツールまとめ