516

【実践!】ロゴを作成しながらIllustratorの基本操作を覚えよう


Illustratorの基本操作が分からないという方のために、
実際に1つロゴを作りながら、できるまでの手順やtipsをご紹介します。
なお、左側のツールボックスやメニューからツールの切り替えは直感的にできますので、
今回の記事では説明を割愛し、基本的にショートカットでの切り替えを行います。

 

ファイルの作成と保存方法

まず、Illstratorを起動させたらCtrl+Nで新規ドキュメントを作成します。
ここでドキュメントの名前、用紙のサイズと向きを指定できます。今回はA4タテにしました。

500

上書き保存するにはCtrl+S、web用に保存するにはCtrl+Shift+Alt+Sです。
ドキュメントの大きさや使っている効果にもよりますが、Illstratorファイルは基本、重たいです。
作業途中で固まって落ちたりして悔し涙に濡れることになりますので、上書き保存はこまめに行いましょう。

 

文字入力

ロゴ作成にあたり、適当なフォントで文字を入力します。
半角モードでTを押して文字ツールを選択します。

入力が終わったら、Ctlを押しながら文字とは別のエリアをクリックしてください。
このままだと文字ツールを選択したままですので、
半角モードでVを押し、選択ツールに切り替えておきます。

502

入力したテキストを編集するには、テキストをダブルクリックしてください。
パスが混雑していてダブルクリックでは編集モードにならない場合は、
入力時と同じく半角モードでTを押し、テキストをシングルクリックしてください。

 

オブジェクト描画

次にテキストに合わせるオブジェクトを描画しましょう。今回はヒゲにしたいと思います。
Ctrl+¥でグリッドを表示し、半角モードのPでペンツールに切り替えます。
思うとおりにならない難しさ!と悪名高いベジェ曲線ですが、構える必要はありません。全ては慣れです。

グリッドを目安にして、まずはヒゲの左房を描くため、次の順番で6カ所クリックしていきます。
1. 鼻下の生え際頂上 2. 左房の外側の曲線の中間あたり 3. カールの上側底辺
4. 左房の先端 5. 左房内側の曲線の中間あたり 6. 1.と同じポイント

504

この時、シングルクリックでいいのは1、4、6です。
ポイントを打った後そのまま進行方向にドラッグが必要なのは2、3、5です。
6までクリックできてパスが閉じたら、ハンドルを調整してヒゲの膨らみを完璧なものにしてください。

なお、選択ツールでクリックしてもベジェ曲線のハンドルは見えませんのでご注意ください。
半角モードのAでダイレクト選択ツールに切り替えアンカーポイントをクリックすると、ハンドルが現れます。

左房が完成したら、コピーして右房を作ります。
半角モードOでリフレクトツールに切り替え、Altキーを押しながら1の頂点をクリックします。
こうすると、クリックしたポイントを中心点と見なしてくれるので便利です。

505

軸を選んでコピーすると・・・

506

 

ペイント

オブジェクトを選択して、カラーパレットで色を指定します。
C(青)M(ピンク)Y(黄)K(黒)のスライダをドラッッグし、好きな色になるように調整します。
または、スペクトルをクリックして調整してもOKです。

 509

グラデーション

テキストにグラデーションをかける場合、アウトライン化という作業が必要です。
これは、フォントをオブジェクトに変換する作業なので、
アウトライン化したあとは文字としての修正はできなくなります。テキストを選択してShift+Ctrl+O。

512
次にオブジェクトを選択して、ツールボックスの塗りつぶしボタンを長押しすると、
グラデーションツールが現れます。こちらをクリック。文字の上をドラッグするとグラデーションスライダが表示されます。

 

510

 

グラデーションパネルで色や角度、透明度、始点・終点などを調節します。

 

511

 

エンベロープ

一気にプロっぽくなるエフェクトです。試しにヒゲとテキストを合成してみます。
テキストのカラーを黒から白に変えます。オブジェクトと違う色なら何でもOKです。

2つを選択したまま、Ctrl+Alt+Shift+Wでエンベロープ・ワープを呼び出します。
プレビューを参照しながら好きなスタイルを決め、OKです。

 

507.jph

 

508

 

パスの変形

波線や模様を作るならパスの変形が便利です。
まずペンツールで塗りあり・線なしの直線を描きます。
効果→パスの変形で好みの形を選択します。出てくるダイアログで角度等を決めることができます。

513

 

514

 

ドロップシャドウ

少しまだ寂しいので神々しくさせたいと思います。
ヒゲオブジェクトをグループ化します。左房と右房を選択してCtrl+Gです。
そのまま 効果→スタイライズ→光彩(外側)をクリックし、色をY100%に指定します。
515

 

ヒゲが光を背負いました。

516

 

最後に

いかがでしたか?基本操作といえどもIllustratorには幅広い機能があるので、
一例では伝えられなかったツールや効果もあります。
皆さんも作りながら色々試してみてください。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next ArticleIllustratorで合成フォントを作る方法