creatersnest83

Illustratorで手書き風のデザインにするチュートリアル集


Illustratorを使って作ったデザインに、よりヴァリエーションを持たせたいと考えるなら、手書き風のデザインを取り入れてはいかがでしょうか。
フィルタ機能などを使って手書き風にアレンジすることで、より豊かなデザインを展開できます。
手書き風のデザインにするための素敵なアイデアがたくさんつまったチュートリアル集をご紹介します。

FEVDES BLOG

tegaki_01
http://blog.idea-clippin.com/?p=239

鉛筆の線で塗りつぶしたようなデザインの文字を、1分程度で作成するテクニックを紹介しています。
あらかじめ制作したデータをダウンロードし、実際に自分でいじってみることが可能です。

 

あかつかゆうこのブログ。(仮)

tegaki_02
http://blog.yuko-design.com/design/434/

「パスの変形」を使って、Illustratorで作成した輪郭線をラフに仕上げるチュートリアルを紹介しています。
あたたかみのあるデザインの作成に役立ちます。
覚えておくとキャラクターのデザインだけでなくロゴデザインにも流用することが可能です。

 

DESIGN TIPS

tegaki_03
http://designers-tips.com/archives/20652

マウスを使ってフリーハンドで手書きの文字を作成します。
パスの編集も最低限なため、初心者でも簡単に作ることができるところが魅力です。
ブラシの種類を変えれば違う雰囲気のものを量産することもできます。

 

ポケットラボ

tegaki_04
http://nh-lab.com/illustrator-tegaki-font-tutorial/

クレヨンで描いたような文字や、墨で描いたような文字の作成方法を解説しています。
3行程くらいで作成することができるため、初心者でも手軽に挑戦しやすいです。

 

BACKSTAGE技術部

tegaki_05
http://gijutsubu.backstage.jp/?eid=3

散布ブラシを作成しオプション設定をいじって、鉛筆やクレヨンで描いたような描き味を出そうと試みています。
パスの長さにひっぱられることなく、自由な形に適用できるアイデアが紹介されています。

 

Designare cafe

tegaki_06

http://designare-cafe.com/technic/20130828175201.html

マジックで描いたような手書き風のイラストを作成する方法が、わかりやすく解説されています。
線にも塗りにも適用できるため、覚えておくと大変便利です。
タイトルロゴや吹き出しなどのパーツにも適用することができるため、デザインの幅が広がります。

 

Nekodemo’s Gallery

tegaki_07
http://www.e-rapis.com/tmp/part6/index.htm

すでにあるブラシや効果を使用するのではなく、手書き風のブラシの作成から行う方法を解説しています。
いったんブラシを登録しておくと、ロゴデザインなどにも流用できるため便利です。

 

Yossy’s手抜きTUTORIAR

tegaki_08

http://tutorial.yossy-m.net/?p=875

バナーなどでよく見かける手書き風の罫線の作成方法を、3ステップで簡単に解説しています。
不透明度やレイヤーのスタイルを変えることにより、自分好みに調整することが可能です。

 

5thDesign

tegaki_09
http://5-th.net/2013/09/08/design-tip-005/

経年劣化したプリントや古着などに使用されているかすれた手書き風の文字をデザインするためのチュートリアルです。
エフェクトのメニュー設定が参考になります。
デザインの幅を広げるためにマスターしたい手法です。

 

hamfactory

tegaki_10
http://hamfactory.net/?p=724

手書き風にデザインをアレンジするには欠かせない、ラフ効果についてかなり詳しく解説されています。
ラフ効果の設定を変えることによって起こる変化を詳しく知ることで、さらに使い方の幅が広がりそうです。

 

ごめん

tegaki_11
http://5men.net/monotukuri/617.html

Illustratorで漫画風の強弱のある線を作る方法を解説しています。
アンカーポイントをいじるだけではなかなか表現できない強弱を作ることが可能です。

 

tuts+

tegaki_12

The Hidden Power of the Average Command: Creating Swirly Type

ボールペンで描いた文字のような、かなり個性的なデザインが可能になる手法のチュートリアルです。
パスの平均化や変形を使って作ったブラシで表現しています。

 

illustrator Mania

tegaki_13
http://illustrator-mania.com/scribble/

メニューの効果「落書き」を使用して手書き風にデザインをアレンジしたときの効果の様々なパターンを解説しています。
落書きのスタイルの設定次第でいろいろなアレンジが可能になります。線幅を変えるだけでも全然違った印象になるところが面白いです。

 

まちいろ

 

tegaki_14

http://www.machiiro.jp/machiblog/blog/illustrator_senga/

画像トレース機能を使用して、ホワイトボードに描いた落書きを手描きイラスト風に仕上げる方法が解説されています。
画像を取り込む際に、photshopで明るさ調整・ゴミ取りをしています。

 

MARKERNET

tegaki_15

https://www.markernet.co.jp/blog/2014/09/10/post-2757/

効果からスタイライズを選択して、落書きを設定し手書き風の文字デザインを行う方法が解説されています。
オプションの設定で同じフォントをもとにしても、かなり雰囲気を変えることが可能です。

 

LIG INC.

tegaki_16

http://liginc.co.jp/designer/archives/2891

イラストに手描き風の効果を適応する方法です。効果のスタイライズから落書きを選択し、粗いパステル画を選択し作成することが可能です。細かいオプション設定でよりリアルな雰囲気に変えています。

 

mororeco

tegaki_17
http://morobrand.net/mororeco/illustrator/hand-writing/

黒板にチョークで描いたような雰囲気のある手書き風文字を、落書きの効果で実現することが可能です。

 

copro

tegaki_18
http://www.coprosystem.co.jp/tipsblog/2013/10/09.html

紙にペンでスケッチしたようなテキストを作成する方法です。落書きのオプションの細かい設定の変更がわかりやすく解説されています。

 

apollo

tegaki_19
http://apollo-img.com/jp/tips.php?tq=2

加工した写真にIllustratorのブラシを使って線を足すことによって、まるで筆で描いたようなイラストに変身させることができます。

 

Illustrator(イラストレーター)入門

tegaki_20
http://kohtguchi.at.webry.info/200704/article_8.html

グラデーションツールを使って、蛍光マーカーで塗りつぶしたような線を作成する方法が解説されています。

 

まとめ

手書き風と一口に言っても、その表現方法は様々です。
フォントをアウトライン化しパスの変形を適用したり、落書きの効果を使用したり、手作りのブラシを作成するなどして、手書き感を表現できます。
同じような効果を狙ったものであっても、手順を少し変えるだけで雰囲気を大きく変えることが可能です。
簡単に試すことのできる方法はたくさんあります。デザインの幅を広げたいと考えるなら、ぜひ挑戦してみましょう。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next Article【初心者向け】Illustratorでの作業を効率化できるショートカットまとめ