ううb

読まれるブログタイトルに共通する10のルール


こんにちは。Yuriです。

 

今回は「読まれるブログタイトル

に共通する10のルール」について

記事を書きたいと思います。

ブログを書く際に、「どういったタイトルをつけた方が人は来てくれるのだろう」

「PV数を稼ぐために釣るようなタイトルをつけてみよう」

と考えている方もいらっしゃるのるのではないでしょうか?

 

まずは読まれているブログのタイトルの共通するルールを基本として

タイトルをつけてみることをお勧めします。
では、1つずつ解説していきます。

キーワードをタイトルの最初におく

PV数の多いブログは限られたキーワードをタイトルの最初に置いています。

それは、Googleがタイトルの文字数を26文字に制限しているためです。

キーワードを前につけることで限られた文字数の中でターゲットに

提示させることができます。

 ターゲット(対象者)を決める

ブログは、日記としての意味もありますが、現在はその目的以外にも使用されるようになりました。

○○の商品を使ってみた時の感想や評価、専門家など知識や技術を持った方のコラムなど

その使用範囲は多岐にわたるようになりました。

どういったターゲットに読まれるかを意識するとより良い、マッチングが行えます。

また、自分の知っている言葉でも相手に言うと伝わりにくいことがありますよね。

話す相手、つまりターゲットのレベルに応じて言葉を使い分けタイトルをつけなければなりません。

初心者・入門者「クリックだけでお金が出る広告で儲ける方法。」

上級者「PPC広告を表示させて儲ける方法」

同じPPC広告についてタイトルをつけても、ターゲットの違いでつけかたも違いが生まれます。

あくまでも読者目線で親しみやすい言葉を使うことが、ターゲットを惹きつけやすくなります。

 

 具体的な数字を入れる

具体的な数字を入れることでその記事の具体性はぐっと上がります。

「多くのお客様に好評を得ている○○」「たくさん増えたPV数」と

曖昧なままだと確証がもてないままになります。

統計情報やすでにある自身のサイトでのサイト解析などにより得られた数字で

○○の売上10倍以上」

「1年で10倍のPV数を獲得」

と表現すれば、より確かな情報として伝わります。

よって曖昧な表現よりも具体的な数字をタイトルに入れます。

キラーワード(インパクトある言葉)を使う

ユーザーのインパクト(注意や興味を引く)言葉のことを、キラーワードと言います。

キラーワードは「ここだけの話」「限定」

「○○時間以内」「特典付き」など見た人をインパクトづける効果を持っています。

こうすることで、ユーザーは、そのブログを「読みたい!」と思うことが出来ます。

簡単・簡潔であること

タイトルが簡単・簡潔だとわかりやすく、探していたものが一致していると

ターゲットが瞬時に把握することができる利点があります。

悪いタイトルの例だと

「30際で起業した元サラリーマンの男のブログ~私はこうして起業しました~」だと

ブログ本人の情報はわかりますが、

起業してどういった仕事をしているのか、

起業して仕事をうまく運ぶための会計処理の仕方なのか、不透明です。

それよりも

「起業した時の失敗しない経理の仕方」「起業するなら○○の市場を狙え」

といった特定のものに絞ったほうがユーザーの知りたかったものとヒットしやすいと思われます。

 必要性と緊急性に迫る

物を買う時にみなさんは、どういった時に購入しますか?その物が必要になったから買う、

今すぐ買わなきゃ売り切れてしまう緊急性に迫られた時ですよね?

ブログのタイトルもこうした欲求に応えるように書くと読まれる確率が高くなります。

必要性なら「みんなも見ている」「誰でも知っている」と言った、

必要な情報として提示していますよ、ということを示すもの。

緊急性なら「今だけ公開」「○○の商品、この安さで終了間近」と言った、

「今」「近い期間」で切れますよということを示すと良いでしょう

 メリットを訴える

(修正:例をweb制作者向けにする)

ターゲットのメリットを考えると「○○の方法」「○○のルール」等といったタイトルだと伝わりやすいです。

例えば、家電製品を買おうと思うユーザーは、できるだけ安い価格で買おうと思い、

最低価格を知ろうと思いたいはずです。

そのため、ブログタイトルでは、「○○の製品の最低価格で入手する方法」

というメリットを訴えるタイトルをつけなければなりません。

これに役だっているサイトが価格に特化した「価格.com」が挙げられますね。

情報量を考える

ターゲットに応じて、情報量も考えなければなりません。

近日発売される最新の商品の情報や、多くの情報が知りたいと思った時に

網羅的にとりそろえているものか。

・「近日発売されるコスメ情報がズラリ」など…。

人気商品の限定情報やゴシップ記事、専門的な分野など、

ある分野を特定して限定的にしているのかによっても変わってきます。

・「ここしか発売されない○○の情報」

「テレビでは明かされない○○の正体」

実績が伝えられている

よくブログでも「この野菜ジュースを飲んだら元気になった」

「この自己啓発本は、ためになった」という口コミを見ませんか?

この口コミによる成果をタイトルにしてみると

「通販サイトで1000人の奥さまがリピート!この野菜ジュースで元気になった」

「○○著の自己啓発本、「もう一度生き方を考え直した」等多くの反響を得ています」

とつけることができます。

そうすることで、「この商品は安全なんだ」「この商品なら買ってもいいかも」と思わせることができます。

このように成果や実績を付け加えることで、具体性が増した方法として提示することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?タイトルに以上のようなことを記載することで

読者の反応率を高め、サイトのPV数を増やして行きましょう。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next ArticleWordPressSEO対策に最適なパーマリンクの設定と変更法