あfd

【完全保存版】漢字が使える日本語フリーフォント41選


デザインの要とも言うべきフォント。今は非常に多くの良質なフォントが出回っています。その中から、漢字が使える商用利用可能無料でダウンロードできる、を条件に厳選させて頂きました。ぜひチェックされてみて下さい!

※それぞれのくわしいライセンスについては、必ずご自分でもご確認をお願い致します。

 

ベースフォント

まずは、様々なフォントのベース(改変元)となっているフォントを挙げたいと思います。

IPAフォント/IPAexフォント

ipa

http://ipafont.ipa.go.jp/

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が公開しているフォントです。オープンソースライセンスとされているため、このフォントを元に様々なフォントが生み出されています。

IPAフォントとIPAexフォントとの違いは、後者が和文は固定幅・欧文は変動幅(プロポーショナル)で作られている、という点です。

明朝・ゴシックどちらも揃っています。

 

M+ OUTLINE FONTS

mplus_1-thin

mplus_1-regular

mplus_1-black

http://mplus-fonts.sourceforge.jp/

こちらも、“商業目的での利用、フォント内容の改変、改変後の再配布にも制限の無い、自由なライセンス”で公開されている、ゴシック体のフォントです。

ウェイトが7種類あるのも嬉しいところ。

 

ゴシック体・明朝体フォント

MigMixフォント

1P

migmix1p

1M

migmix1m

http://mix-mplus-ipa.sourceforge.jp/

こちら、M+フォントとIPAゴシックを合成したフォントです。M+フォントを何も改変せずそのまま取り入れ、M+フォントで足りない漢字をIPAゴシックから持ってきている、という仕組み。

M+フォントはJIS第1水準までのようですが、こちらはなんとJIS第1水準~第4水準まで。

 

Miguフォント

1p

migu1p

1m

migu1m

http://mix-mplus-ipa.sourceforge.jp/

MigMixフォントに改変を加え、文字を判別しやすくしたものがこちら。

どこがどう違うか、詳細はサイトをご覧になったほうが早いと思います。

 

フロップデザインフォント

flopdesign

http://www.flopdesign.com/freefont/flopdesignfont.html

フロップデザイン様の「フロップデザインフォント」です。

『ひらがな、カタカナ、アルファベット、数字をオリジナルで制作し、残りの部分をM+FONTで補いました。またM+FONTで不足している漢字をIPAゴシックで補完しています。』とのこと。

 

 

スマートフォントUI

smartfont-ui

http://www.flopdesign.com/freefont/smartfont.html

『ひらがな、カタカナ、アルファベット、数字の字体をオリジナルで制作し、漢字をIPAexゴシックを改良したフォントで補完しています。』

その名の通りスマートでお洒落なゴシック体です。

 

うつくし明朝体

freefont_utsukushimincho

http://www.flopdesign.com/freefont/utsukushi-mincho-font.html

フロップデザイン様の、特徴的な明朝体です。“かな”の美しさが目を引きます。

 

やさしさゴシック

yasashisa

http://www.fontna.com/blog/379/

すべての文字がほんのわずかに角丸という、名前の通りやさしい印象のゴシック体です。

こちらもM+フォントとIPAゴシックが使われています。

 

 

ロゴたいぷゴシック

logotypegothic-freefont

http://www.fontna.com/blog/1226/

やさしさゴシックと同じ、フォントな様のゴシック体です。個人的には、一番よく使うフォントかもしれません。

見出しでもロゴでも、迷ったらこれ、です。

堅すぎず柔らかすぎず、非常に“ほどよい”フォントだと思います。

 

ぼくたちのゴシック

bokutati

http://yoshihisa.que.jp/fontopo/

太めで可愛らしい印象のゴシック体です。

 

フォントポにほんご

fontoponihongo

http://yoshihisa.que.jp/fontopo/

「ぼくたちのゴシック」と同じくfontopo様の、少しクセのあるゴシック体です。

 

はんなり明朝

hannari

http://typingart.net/

「ぼくたちのゴシック」と同じ作者様の明朝体です。

明朝体の中では、このフォントを一番利用させて頂いているかもしれません。

ひらがなのやわらかさがたまらないです。

 

Koruri

koruri

http://koruri.lindwurm.biz/

M+フォントをベースに、英数字に調整を加え、可読性の向上を図ったフォント、とのこと。

スッキリ読みやすいゴシック体です。

 

Tフォント

charcenter.t-engine.org tfont repository gtglyphlist.pdf

http://charcenter.t-engine.org/tfont/

漢字の歴史上に現れる多数の漢字をできる限り網羅することを目標として整備をしており、名前や地名に出てくる字や漢字圏の古い書物に現れる字をも対象としています。フォントの書体は明朝体、ゴシック体、楷書体の3書体を用意し、利用の便を図っています。』

漢字の揃いが良い東大出のフォントです。

 

梅フォント

umefont

http://sourceforge.jp/projects/ume-font/wiki/FrontPage

ゴシック体・明朝体の揃った、クセの無い使いやすいフォントです。

 

刻シリーズ

刻明朝

kv_font_kokumin

刻ゴシック

kv_font_kokugo

http://freefonts.jp/

漢字に比べ、カタカナ・ひらがなの幅が狭い特徴的なフォント。特徴的なのに読みやすい綺麗なフォントです。

 

花園明朝

hanamin02

http://fonts.jp/hanazono/

漢字特化タイプのフリーフォント。日本語・中国語・韓国語・台湾語などの漢字に対応している、という点でとても重宝なフォントです。

 

あおぞら明朝

aozoramintyo

http://blueskis.wktk.so/AozoraMincho/

明朝体で7ウェイト展開しているという貴重なフォントです! 明朝体で強調したい時は迷わずこれを利用させて頂いています。

 

ビットマップフォント

PixelMplus

pixelmplus

http://itouhiro.hatenablog.com/entry/20130602/font

“8bitビットマップ風フリーフォント”です。飽くまでも“風”であって、実際にはTrueTypeの等幅フォント。

JIS第1・第2水準のすべての漢字が使えます。

 

88zen

88Zen

http://akashicdesign.net/ja/

こちらも漢字まで揃っている珍しいビットマップフォント。常用漢字が1,000文字ほどを収録されています。

 

美咲フォント

美咲明朝

_misaki_mincho

美咲ゴシック

_misaki_gothic

http://www.geocities.jp/littlimi/misaki.htm

8×8ドットで作成されているものの、実際には7×7で ドットの範囲に収まっており、行間・字間が確保できる、という点が可読性を高めている良質フォントです。

 

手書き風フォント

手書き・手書き風のフォントは好き嫌いが分かれるかもしれません。

ふい字

huifont

http://hp.vector.co.jp/authors/VA039499/

規約の緩さのためか、TVや雑誌、WEBなどいろんなところで使われているのを見かけます。

個人的には、手書きフォントの中では一番のオススメです。

 

あいでぃーぽっぷまる

a-maru

http://idfont.jp/

丸っこいラインが特徴的な手書きフォントです。ふとまる(ボールド)もあります。

 

はなぞめフォント

hanazome

http://www.asterism-m.com/font/hanazomefont/

ご覧の通り、6,000字以上の漢字に対応しているという、使い勝手の良い手書きフォントです。

 

あんずもじ

anzumoji

http://www8.plala.or.jp/p_dolce/

こちらも様々なシーンで見かける有名な手書きフォント。絵文字が揃っている、縦書きにも対応、という点がポイントです。

 

あずきフォント

azuki

http://azukifont.com/font/azuki.html

「マジメすぎず、可愛すぎないフォント」として配布されています。

手書きなのに可読性が高いフォントです。

 

ぎゃーてーるみねっせんす

gyate-luminescence_sample

http://marusexijaxs.web.fc2.com/tegakifont.html

蛍光ペン風の手書きフォント。

般若心経も打てる、というだけあって、たくさんの漢字が揃っています。

 

きずだらけのぎゃーてー

ghatee_sample

http://marusexijaxs.web.fc2.com/tegakifont.html

こちらはおまけ。

わざと字を間違えている、「ぎゃーてーるみねっせんす」の姉妹品です。

 

じゆうちょうフォント

jiyucho_sample

http://marusexijaxs.web.fc2.com/tegakifont.html

丸文字風なのに極太という、珍しいフォントです。こちらも漢字が数多く揃っています。

 

ダーツフォント

darts

http://www.p-darts.jp/font/dartsfont/

こちらはボールペンで書いたような手書き風フォント。

手書きフォントと言えば丸文字が多いですので、可読性の点で優れていると言えます。

 

春夏秋冬フォント

syunnkasannpuru

http://www.geocities.jp/s318shunkasyuto/

手書き風ですが、読みやすい、美しい文体が書けるフォント。

 

花鳥風月フォント

katyousannpuru

http://www.geocities.jp/s318shunkasyuto/

春夏秋冬フォントの姉妹フォント。

こちらのほうが少し崩れた字体となっていますが、可読性の高さは変わらず◎。

 

アームドレモン

lem2 lem1

http://calligra-tei.oops.jp/download.html

丸文字でなく、ゆる過ぎず固過ぎないフォントとして群を抜いている手書きフォント。

ちょっとしたアクセントに重宝します。

 

りいてがき筆

riitegaki

http://www.kcc.zaq.ne.jp/in-mlg/freefont/riitf/

珍しい手書き風の”筆文字”フォント。縦書きに対応しているのも嬉しいところです。

 

たぬき油性マジック

tanukimagic-pop

http://tanukifont.com/tanuki-permanent-marker/

こちらも非常によく見かける手書きフォント。油性マジックということでほかのフォントと一線を画しています。

 

その他未分類フォント

自由の翼フォント

jiyu

http://tanukifont.com/jiyu-no-tsubasa/

アニメ「進撃の巨人」を元に作られた特徴的なフォントです。

「たぬき油性マジック」と同じ作者様。

 

やさしさアンチック

Antiquefreefont

http://www.fontna.com/blog/1122/

こちらもフォントな様の、アンチック体フォント。

漢字はゴシック、“かな”は太めの明朝体です。

 

しねきゃぷしょん

cinecaption_sample

http://chiphead.jp/font/htm/cinecaption.htm

映画の字幕風フォント。こちらもかなりの有名ドコロです。

 

切絵字

kirieji_title kirieji_sample

http://www2s.biglobe.ne.jp/~fub/font/kirieji.html

名前の通り切り絵風フォントです。

 

GD高速道路ゴシックJA

kosoku

http://www.hogera.com/pcb/font/

高速道路の文字を再現しよう、というフォントです。

 

国鉄方向幕書体

kokutetu

http://makufont.dip.jp/memo/?page_id=1178

こちらは国鉄風フォントです。

単純なゴシック体と違い、可読性の高さがポイントになっていると思います。

 

終わりに

以上、漢字が使える日本語フリーフォント41選でした!

少しでもフォント探しのお役に立てましたら幸いです。

 

ここまで目を通して頂きましてありがとうございました。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中! まずは無料トライアル!

NESTonline - テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール (詳細はこちら)-
好きなときに、好きな場所で、好きなだけ学べる。テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクールを運営しています。
PhotoshopやCSS、実践的なWebグラフィックデザインなど、500レッスン以上の数十万円相当のプロを目指すカリキュラムが、月々2,500円でいつでもどこでも学べます。

Photoshopを動画でしっかり学ぶ


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next ArticleFacebookで思わずいいね!したくなる投稿7つの法則