creatersnest41

【初心者でもできる!】作業時間が大幅に短縮するPhotoshopテクニック


スタートしたばかりのデザイナーの人たちにとって、Photoshopの基本的な機能を覚えるだけでも苦労したと思います。
しかしながら、これから、Photoshopと長く付き合っていくには、どのような機能がどこにあるかを覚えるだけでは足りません。
初心者を脱して、成長するためには効率よく機能を「使いこなす」テクニックが必要となってきます。
今回は、Photoshopの基本的な機能、使い方を覚えた初心者の人を対象に、便利で効率のよい作業の為のテクニックをご紹介します。
中級者へのステップの一段として活用してみてください。

不透明度の設定

Photoshopでは各レイヤーごとに不透明度の設定が行えます。
通常、この不透明度の設定には、レイヤーパネル上にあるセレクターで行います。

マウスで数字を選択して不透明度のパーセンテージを確定します。
この操作は数秒で終わらせることができますが、複数レイヤーにそれぞれ違う不透明度を設定する場合にもや、不透明度のパーセンテージをが決まっておらず、いくつかパーセンテージを試して決定したいという場合には、時間がかかってしまいます。

数字を押すだけで不透明度が設定されます。
数字をひとつだけ押すと、その数字が十の位の%が不透明度として設定されます。例:「6」をクリックで不透明度「60%」
一の位も設定する場合には、続けて押した数字が一の位の数字になります。例:「7,4」をクリックで不透明度「74%」
一桁の数字の設定には初めに「0」を押してから数字を押します。例:「0,8」クリックで不透明度「8%」

ポイントテキストと段落テキストの変換

Photoshopでは文字を扱うことができますが、2種類の扱い方があります。
ひとつは、ポイントテキストと呼ばれるもので、文字を書き始める点(ポイント)を決めてから入力するタイプです。

画像出典:Photoshop養成ギプス

 

もう一方は、段落テキストと呼ばれるもので、文字を入力する範囲を決めてから入力するタイプです。

画像出展:Photoshop養成ギプス

 

ポイントテキストで入力したテキストは、幅の長さを指定することができません。
その為、段落テキストに変えなければならず、段落テキストの新しいレイヤーを作り、そちらへコピー&ペーストをし、ポイントテキストのレイヤーを削除するという人が非常に多いようです。

ところが、このポイントテキストと段落テキストとの変換は実に簡単に行えるものなのです。
変換したいテキストレイヤーを選択し、右クリックします。
『段落テキストに変換』を選択するだけで完了します。
段落テキストからポイントテキストの変換も同様の操作で行えます。

ブラシ設定

ブラシは基本中の基本の機能でもあります。
使用頻度も高めのツールですので、大きさや硬さを毎回設定するのも回数が多くなれば、設定回数も比例して多くなります。
またデザインの中で重要な部分を作る時には、特に細かく設定をしたいところですが、設定しては修正して、設定しては修正して、とマウスを行ったり来たりさせるのはとても非効率です。
そんな流れを解消してくれる時短テクニックがPhotoshopにはあります。

画像出典:マイナビニュース

 

この時短テクニックも非常に簡単です。
Windowsパソコンの場合には、Altキーを押しながら右クリックし、上下にドラッグするだけでブラシの硬さを変更できます。また、この状態で左右にドラッグすることでブラシサイズを変更することができます。

ブラシのサイズは、左へドラッグするほど小さく、右へドラッグするほど大きくなります。
硬さは、上へ移動させるほど柔らかくなり、下へ移動させるほど硬くなります。

クリッピングマスク

Photoshopではマスクを使った画像編集が手軽に行える様に、各マスク機能は簡単に呼び出しができるようになっています。
マスク機能のひとつであるクリッピングマスクの利用を加速させる時短テクニックがあります。
通常はレイヤーを右クリックし、『クリッピングマスクを作成』選択でクリッピングマスクが利用できますが、これをワンクリックで済ませてしまう方法があります。

Windowsパソコンの場合には、Altキーを押しながら、クリッピングマスクを利用したいレイヤーの上にポインタを移動させます。
そして、マウスポインタが下の画像にあるマークに変わったら、クリックして下さい。
たったワンクリックでクリッピングマスクを作成できます。


画像出典:Adobe Pinch In

まとめ

いかがでしたか?
知らないか、知っているかで効率にぐんと差がつきます。
技術は、一朝一夕にはものにできないものですので、少しずつ丁寧に自分のものにしていってください。
今回のテクニックは使用頻度も高く、作業をより効率化できることでしょう。
早速、取り入れてみてください。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next Article【Illustrator】日本語のチュートリアルを集めました!