LIG_hiroyukiMBA500

【SEO対策】2014年!Googleから好まれる30のサイトの特徴


近年のSEO対策は大きく変化しました。 もう昔のような、有料リンクや相互リンクサービスなどは通用しません。 ではGoogleに好まれるSEO対策とはいったい何なのでしょうか? 今回はそのような特徴を30項目ほどあげてみました。 ぜひチェックしてみてください。

 

目次

1 サイトの構造をしっかり作る。

8ae092fd72650c726ebf71b1d2389297_s

クロウラーにくまなく巡回してもらうためには、シンプルな階層構造にする必要があります。 例えば「トップページ→カテゴリーページ→個別記事」のように2~3クリック程度で、個別記事にたどり着けるようにするべきです。

2 カテゴリーキーワードをちゃんと設定する。

08e23b55a0048a8e6b342f572998903a_s

個別記事にキーワードを設定すれば、クロウラーは巡回しやすくなります。 特にSEOキーワードをじっくり考察した上で、キーワードを設定すれば効果はあります。 少し面倒な作業ですが、しっかりやったほうが得です。

3 TOPページやカテゴリーページの、タイトルやDescriptionをしっかり設定する。

OJS_notepasokonwosawaru500

よく個別ページの設定するが、こちらが見落としがちになることがあります。 忘れずに設定するべきです。

4 カテゴリーページそれぞれの、タイトルやDescriptionをしっかり設定する。

PAK86_konnyanonomikai20131223500

よく個別ページの設定するが、こちらが見落としがちになることがあります。 カテゴリーが多いと大変ですが、しっかり設定するべきです。

5 パンくずリストを作る。

0631ac028834f989024cc811e87812f3_s

ユーザビリティーを考える上でもそうですが、パンくずリストを作ることは大切です。 クロウラーが、「今どの地点にいるのか?」把握しやすくなります。

6 ページ数に関しては「1、2、3」と数字で表記する。

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

よく「前のページ、現在のページ」などで表記する場合があります。 しかし、クロウラーは数字のほうが認識しやすいため、数字での表記にしたほうが良いです。

7 内容が重複するページは、うまく被らないようにする。

4e2be9def26f67e44392e96ec351f3a5_s

コンテンツが増えてくると、内容が似ているコンテンツが多数でてきます。 特にタイトルやDescriptionが似てしまうのは、SEO的にマイナスなので被らないようにしてください。

8 リンクの説明文は、具体的な言葉に変える。

636090f42c0f3adb925d388510c42e06_s

「これ」や「あれ」など抽象的な言葉ではクロウラーも判断できない。 「どういったサイトの、どういった記事なのか?」明確に分かるように設定するべきです。

9 リンク切れは改善する。

ba707b45043e0d45c0d011944178e4d5_s

リンク切れもそれだけで評価を落としてしまいます。 またユーザービリティーの観点からも良くないので、定期的にチェックしましょう。

10 「不適切なサイトにリンクを貼ってないか?」確認する。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

なんらかのペナルティーを受けているサイトにリンクを貼ってしまっていたら、それだけでも評価を下げてしまいます。 これも注意するポイントですので、数ヶ月に一回はサイトの全てのページの点検をするべきだと思います。

11 タイトルや小見出しのタグは適切に設定する。

C812_moromiejyanaika500

h1,h2,h3などのタグは非常に重要視されています。 人間の目から見ても、これらをしっかり設定すれば見栄えがします。 しかし、それはクロウラーも同じでコンテンツを把握しやすくなるのです。 だから忘れずに適切に設定してください。

12 サイトの表示スピードを早くする。

C812_mbadesagyousurusarari-man500

表示スピードが遅いサイトは、イライラしてしまうことがあると思います。 あまりにも遅いから、「別のサイトを見に行く」なんて経験、誰にもあると思います。 これが早いとGoogleにも好意的に評価されるので、なるべく表示スピードが早くなるように設定するべきです。

13 キーワードを一つに絞る。

CSS85_keywosousasruop20131019500

SEOキーワードをいくつも設定してしまう人がいますが、それはやめるべきです。 いくつも設定しまうと、ページとの関連性が薄くなります。 そのためキーワードはよく研究して、一つに絞るべきです。

14 タイトルにはキーワードを必ず入れる。

CSSS79_tabledesagyousuru20131019500

キーワードをタイトルに入れないと、何の記事だか分かりにくい。 SEO的にもキーワードを入れることは、高評価を受けやいので入れるべきです。

15 画像のファイル名をしっかり設定する。

LIG_h_officezangyousurudansei500

画像に関してはファイル名を設定しましょう。 特にSEOキーワードを含んだものが望ましいです。 そうすればGoogleの画像検索で検索される可能性が高くなります。

16 画像のalt属性を設定する。

MOK_kyouhei-notepasokonsawaru500

alt 属性とは説明分のようなものです。 ユーザーが画像を表示しない設定にしていた場合は、alt属性に入力しているテキストが表示されます。 これも設定しておくと評価が高いので見逃さずに設定をしましょう。

17 URLにもSEOキーワードを設定する。

N811_MBA500

例えばトップページの場合なら、URLにtopと設定しましょう。 色々な関連性のない文字が並ぶURLよりも、読んで分かるキーワードなら評価がされやすくなります。

18 SEOキーワードには太字を使う。

NKJ56_commandmba500

<strong>タグは、なかなか重視されます。 SEOキーワードに設定すると認識されやすくなるので、設定してみる価値はあります。

19 ソーシャルボタンを設定する。

PAK58_kiokuyorikiroku500

新しい基準では、有料リンクなどはペナルティの対象になります。 しかし、そのサイトのコンテンツが評価された上でのリンクは好意的に見られます。 ソーシャルメディアで拡散された上でつけられたリンクを増やすためにも、ソーシャルボタンの設定は必須です。

20 ソーシャルボタンの位置を個別記事の上と下に設定する。

TAN_sofadePCwosawarudezaina-500

ソーシャルで拡散されるには工夫が必要です。 個別記事の上部に置くのは、その記事を見た瞬間に拡散してもらうなり、「後で読む機能」なりを使ってもらうためです。 下に置くのはその記事を読んだ後に、「ソーシャルで共有するべきか?」評価してもらうために置きます。

21 サイトマップをしっかり作る。

975ba1fb5a6d3ac82df63afa2a782b08_s

サイトマップはクローラーに対して、ナビゲーションの役割をします。 クロウラーが、「いまどの位置にいるのか?」分かりやすくなるので、必ず作るべきです。

22 サイトのテーマを絞る。

57642dd0d43763d72c7b5167d98691b0_s

SEOキーワードが、「どれほどコンテンツと関係があるのか?」でその順位が判断されます。 そのため、あまりに多くの分野を取り扱うサイトよりも、テーマが絞られたサイトの方が評価はされやすくなります。

23 コンテンツの量を増やす。

32c60589c3be89edddaf3c1dfe748935_s

コンテンツの量は重要で、少ないサイトは評価がされにくいです。 もしSEOの効果が早く実感したければ、ある程度のコンテンツ量が必要です。

24 国情報の設定をする。

76234927ae31e640db8d4c0c46473755_s

もしも日本ではなく海外をターゲットにしている場合は、その国のサーバーを使うと良いです。 Googleはその国の言語を使ったサイトを優先的に表示させるので、サーバーなどは統一したほうが良いです。

25 都市情報の設定をする。

0c4aea06ee62e6b53626c1e09b736166_s

恋愛など、都市などが関係ないジャンルのサイトを作る場合は別かもしれません。 しかし、地域密着型のサイトを作る場合はしっかり設定するべきです。 この点もGoogleには評価されます。

26 Facebookページを作る。

PAK86_yabainomicyatta20131223500

Facebookページを作ることでファンを獲得できる可能性が高まります。 このFacebookページに「いいね」を押すだけで、Facebookページの投稿情報がユーザーに届く仕組みです。 そのためユーザとっては便利なので、このFacebookページを作ってサイトの更新情報を流すべきです。 またそれだけではなく、Facebookページ限定の企画をやればなお良いでしょう。

27 Google+ページを作る。

PAK86_MBAnogamenwonozokubiz20131223500

Google+ページを作ることでファンを獲得できる可能性が高まります。 このGoogle+ページはFacebookページとほぼ同じ仕組みです。 これを作ればコンテンツが届きやすくなります。

28 Twitterアカウントを作る。

CSS85_hurikaeruyouko20131019500

このTwitterも非常にユーザーが多く、使わない手はありません。 必ずアカウントを作って、サイトの更新情報を流すべきです。

29 RSSを更新情報を流す。

C777_PCwosawarukoibito500

RSSは非常に便利で、これで情報収集しているユーザーは非常に多いです。 この設定は忘れずにするべきです。

30 ソーシャルメディアで拡散されやすい、質に高いコンテンツをじっくり作る。

bbad00a29124091a034e90b677c9d86b_s

いまはGoogleで評価されるためには、ソーシャルメディアで正当に評価される必要があります。 そのためには質の低いコンテンツをすばやく量産するよりも、じっくり研究を重ねて遅いペースでも良いから良質なコンテンツを作るべきです。 いかがでしょうか? 非常に多くの項目をあげてみましたが、重要なのは「Googleクロウラーにやさしい」サイト作りをすることが大切です。 また、ユーザーにとって「本当にタメになる良質なコンテンツ」を作る必要があります。 Googleの技術は日々進化をしているので、「ユーザビリティ重視にますます傾くのではないか?」と思います。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next ArticleGoogleウェブマスターツールの使い方&できることのすべて