abad

ペンギンアップデートとは?現在までの変動


最近は良質なコンテンツを揃えるサイトが増えてきました。
その具体的な理由の一つが、Googleのペンギンアップデートです。
このペンギンアップデートにより、これまで有効と考えられていたSEO対策が通用しなくなりました。
そのため多くの質の低いサイトが、その順位を大幅に下げてしまいました。
このペンギンアップデートとはいったい何のことなのでしょうか?
またこれに対する対策とは、いったい何なのでしょうか?
今回はこの「ペンギンアップデート」について紐解いてみたいと思います。

ペンギンアップデートとは?

SHI_iwanouepengimure500

コンテンツの質に関係なく、検索ランキングの順位のみにフォーカスしたSEOを行うサイトの順位を下げます。
主に有料リンクなど、これまで有効と考えられていたSEO対策を行うサイトのことです。
このようなサイトの順位を下げ、コンテンツの質やクローラーが巡回しやすいようなSEO対策を行うサイトの順位を上げるアップデートのことです。
つまりペンギンアップデートとは、「より質の高いWEBサイトを提供する事を目的とした調整作業」のことです。

具体的にどのようなサイトの順位が下げられるのか?

9325995752_e4b4d0044a_z

このヒントはGoogleのガイドラインに書いてあります。

 

品質に関するガイドライン – 基本方針

・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

・ユーザーをだますようなことをしない。

・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

・どうすれば自分のウェブサイトが独自性、価値、または魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

引用:ウェブマスター向けガイドライン

 

このガイドラインに違反したサイトは、その順位を下げられてしまいます。
特にペンギンアップデートにより影響を受けやすいサイトは以下の通りです。

 

・自動生成されたコンテンツ

・リンク プログラムに参加すること

・クローキング

・不正なリダイレクト

・隠しテキストや隠しリンク

・誘導ページ

・無断で複製されたコンテンツ

・十分な付加価値のないアフィリエイト サイト

・コンテンツに関係のないキーワードをページに詰め込むこと

・フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページを作成すること

・リッチ スニペット マークアップを悪用すること

・自動化されたクエリを Google に送信すること

引用:ウェブマスター向けガイドライン

 

 

要するにSEO対策業者が提供する有料リンクや自作自演リンク(無料ブログなどで、質の低いブログを大量生産してリンクをはる手法)などは通用しないということです。
またディレクトリ登録サイトや相互リンクサービスに登録しているサイトなどもその対象です。
主にこのようなサイトが対象ですが、その他にもクローキングなどいろいろあります。
Googleのガイドラインを良く読んで対策を練ってください。

ペンギンアップデートの影響とは?

8969254495_8b037a0e09_z

ペンギンアップデートは2012年4月から実施され、それ以来4回のアップデートを行っています。

それぞれの検索結果への影響は以下の通りです。

(*下は英語圏での影響)

Previous Updates

Here are all the confirmed releases of Penguin to date:

・Penguin 1 on April 24, 2012 (impacting around 3.1% of queries)
・Penguin 2 on May 26, 2012 (impacting less than 0.1%)
・Penguin 3 on October 5, 2012 (impacting around 0.3% of queries)
・Penguin 4 (AKA Penguin 2.0) on May 22, 2013 (impacting 2.3% of queries)
・Penguin 5 (AKA Penguin 2.1) on Oct. 4, 2013 (impacting around 1% of queries)

引用:Search Engine Land

 ペンギンアップデート1.0

それでは、それぞれのアップデートについてどんなものだったのか見ていきましょう。

最初のアップデートは2012年の4月24日に行われました。検索結果への影響は3.1%と歴代の中でも最も大きく、Google史上最大のアップデートといわれています。

主にウェブサイトのトップページのウェブスパム排除を目的としていました。

これにより、キーワードを詰め込みやリンクプログラムに参加していたサイトなど過剰な最適化をしていたが圏外に飛ばされるなどの影響がありました。

ペンギンアップデート1.1

初のアップデートということもあり、大きな期待があったが、検索結果に大きな影響はなかったようです。

ペンギンアップデート1.2

最初のアップデートから6ヶ月後に行われたこのアップデートでは、品質の高いサイトに見返りを与えるための改善が行われました。

ペンギンアップデート2.0

1.0がトップページに貼られていたリンクを対象にしていたのに対し、2.0のアップデートでは下層ページを標的としていました。

そのため、最初のアップデートでは影響を受けてなかった下層ページに人工リンク貼っていたサイトが大きく順位を下げた例も見つかっています。

ペンギンアップデート2.1

検索結果の1%に影響した2.1では、大きな変動は見られませんでしたが、2.0で行われたアップデートのデータのリフレッシュに留まったと言えるでしょう。

しかし、これからますますスパム的なSEOを行うサイトは飛ばされ、質の高いサイトが評価される傾向にあるのは間違いありません。

 

まとめ

いかがでしょうか?
ペンギンアップデートとは主に不正リンクを淘汰することを目的としたアップデートです。

このことを総合して考えると、これからのSEO対策は以下のようになります。

 

①質の高いコンテンツを作る。

②検索エンジンに、評価してもらいやすくするためのSEO対策をする。

③不自然な被リンクに頼らない。

 

パンダアップデートはコンテンツの質を評価するアップデートです。
つまり質の高いコンテンツを作り、クローラーが巡回しやすいサイト構造にします。
有料リンクも相互リンクサービスも使いません。
サイト訪問者を集める手法は、主にソーシャルメディアからなどにします。
つまりソーシャルメディアで自然に人気が出るような、質の高いコンテンツを作ることに徹することです。
このように正攻法で勝負をすることが、これからの主流になっていく可能性が高いです。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next Articleビジネスサイトに最適な無料wordpressテーマ30選