dafa

【Photoshop】写真をアンティーク調に加工する方法


こんにちは。pokoです。
突然ですが、古くてプレミア感のあるアンティーク風のものってステキですよね。
今回は、普通の写真をPhotoshopでアンティーク調に加工する方法についてご紹介していきたいと思います。

普段見ている町並みなんかも加工すると印象が一気にが変わって、ちょっと自慢したくなるような写真に仕上がります。

みなさんも一緒に実践して加工方法を習得してみてください。

はじめに

こちらが加工前の写真です。 ぱくたそ さんから使わせてもらいました。リンクはこちら
今回はこの画像を使ってアンティーク風に加工する方法をご紹介していきたいと思います。

antique-before

 

調整レイヤーで写真を補正

まず元画像のレイヤーの上に色相・彩度の調整レイヤーを作成して、初期プリセットに入っている「セピア」を選択します。全然印象が変わってしまうので、「色相の統一」にチェックを入れるのを忘れずに。

antique-hue-saturation-setting

プリセットではなくカスタムで補正する時には使用するテクスチャなどを考えながら調整していくといいと思います。

色相をイエロー付近に持ってくることがポイントです。

彩度をもう少し下げると、もっと色褪せた感じが強調されて古い感じを演出できるので意識してみてください。

補正後の画像はこちら。

antique-hue-saturation

これだと少し明るすぎるので、露光量を調整します。「露光量」の調整レイヤーを作成して露光量を-0.4 ガンマを0.90 ほどにしてみます。

antique-exposure-setting

 

 ノイズを加えて雰囲気を出す

次にノイズを加えて昔の写真らしくしていきます。

まずノイズ用に新規レイヤーを一番上に作成して白で塗りつぶします(Dキーを押して初期状態の描画色・背景色に戻してからから ctr + Backspace )。

新規レイヤーを作成しただけではノイズを作れませんので注意して下さいね。

メニューバーのフィルター→ノイズ→ノイズを加えるを選択。量は100%にします。

antique-noise-setting

ノイズを作ったレイヤーの描画モードを「オーバーレイ」にして、不透明度を20%ほどにします。ほんのりザラザラした感じが追加されました。

antique-noise
ちなみに移動ツールを選択した状態で2 キーを押すと不透明度が20%になります(3 を押せば不透明度は30%、0を押せば不透明度は100%になります。便利なのでぜひ試してみてください!)。

 

 テクスチャを使用する

古紙のテクスチャ

古紙のテクスチャを使うことによって、黄ばんだ感じやムラのある感じを出せます。

これと同じものでなくても大丈夫です。

ご自身が作りたいイメージに沿ってテクスチャ素材を選んでいただければと思います。

old-Paper02

今回は、ノイズも使用しているのでもう少しコントラストをはっきりさせたいと思います。

レベル補正をして素材の印象を強くしていきます。

「レベル補正」は調整レイヤーを作成してからシャドウを75、ハイライトを240ほどにしました。

antique-level-setting

調整後の画像はこちら。

古紙がザラッとした印象になりました。
ガンマを調整しながらシャドウとハイライトをもう少し内側に寄せてもいいと思います。

antique-texture-after

加工したテクスチャをこれまで作成したレイヤーの一番上に追加して、描画モードを「オーバーレイ」にします。

そして、不透明度を調整してみてください。

今回は不透明度60%にしました。

antique-old-paper-texture

 

傷ついた感じを演出するテクスチャ

ひっかき傷がついたような感じのテクスチャを用意しました。

よりアンティークな雰囲気が出ると思います。

こちらも、ご自身が作りたいもののイメージに合うものを選んでいただければ大丈夫です。

Texture_08_by_Oleo_Kun

これはそのままこれまでのレイヤーの一番上に重ねます。

描画モードは「覆い焼きカラー」か「覆い焼きカラー(リニア)-加算」にして不透明度を調整します。

 

これで完成です!お疲れ様でした。

antique-after

 

 最後に

今回はテクスチャを2つ使いましたが、目的の形になるよう加工すればテクスチャ1つでもいいと思います。
ちなみに ぱくたそ さんのこちらの写真を使って同じように加工するとこんな感じに。テクスチャの印象が薄くなってしまったので、どちらも不透明度を100%にしました。

アンティークというより昭和な感じですね!

Before

PAK8_nakamise20140720163617500

After

antique-photo-temple

 

今回紹介したレベル補正をしたテクスチャを重ねる方法やノイズを加える方法などは幅広く応用が効くので、ぜひ試してみてください!

 

 

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next Article初心者のためのWordPressインストール方法と必須設定項目