creatersnest8

【実践!】年賀状にぴったりなハンコをIllustratorで作って見よう


Illustratorを使ってハンコ風のデザインが意外と簡単に出来ることを知っていますか?
12月といえばクリスマスと同時にやってくる年末の恒例行事【年賀状作成】の季節ですね。
PCを使って年賀状を作ることも一般的になってきました。
デジタルといっても、手書き風の雰囲気を出したいときに活躍するハンコのような質感をつくってみましょう。

 

ハンコ風文字の作り方

1

【テキスト】でハンコにしたい文字を打ちます。
字体ですが明朝や楷書は和風の雰囲気が出やすいような気がしますが
太い線でしっかりした雰囲気を出したいときはゴシックなどの角ばった字で作っても味がでますよ。
字体は後から変えることも出来るので最初は好みで適当に設定して見てくださいね。

2

【長方形ツール】で枠を描きます。
今回は四角いハンコを作っていきます。
丸いハンコを作りたい方は【楕円形ツール】など好きな形の枠にしてください。

3

【線パネル】から枠線の設定をします。
破線がランダムに見えるように【線分】と【間隔】を設定し
線端と角の形状は丸いものを、ラウンド結合に設定しておきます。

4

線幅は細すぎるとバランスが悪くなりやすいです。
文字と同じくらいか、太目の方がハンコのようになりますよ。
プレビューで確認しながら調節して見てくださいね。
今回は文字の大きさ 36pt、線幅 2ptで設定してみました。

7-2

 

【効果】→【パスの変形】→【ラフ】で枠に歪みを出します。
プレビューを見ながら好みでちょうせつしていきます。
今回は、【サイズ:0.1mm】【詳細:入力値で100inch】【ポイント:ぎざぎざ】にしてみました。
なぜか単位がmmでしたが、ptならば0.3ptくらいです。

8

好みの枠線に仕上がったら【グラフィックスタイル】パネルにドラッグしておけばいつでも使うことが出来ます。

 

10-2

次に文字の設定です。
テキストを選択して【効果】→【パスの変形】→【ラフ】をかけます。
枠線よりはサイズを大きめにするとバランスがよくなります。
丸くすると【普通の印鑑】風

9-2

 

ギザギザにすると【手彫り】風に仕上がります。

11

字体や線の太さがちょっとイメージと違うなと思ったら
色々変えて試して見るといいですね。
もっとしっかりした雰囲気に仕上げたかったので今回はゴシック体にフォントを変えました。

色は赤よりもオレンジっぽくしたほうが朱肉につけたような仕上がりになります。
少し暗めの赤にしたほうがデザインとしては映える場合もあるので好みで変えてみてくださいね。

 

かすれ具合を出す。

かすれ具合をもっと出したい!という人もいますよね。
そんな時は、ブラシと不透明マスクを使っていきます。

31-1

まずはかすれ具合を出したいイラストを用意するか、オブジェクトをグループ化しておきます。

33

次に【透明】パネル→【不透明マスクを作成】します。
マスクのサムネイル(【透明】パネル内の右側)を選択した状態で

32
【ブラシ】→【ブラシライブラリ】→【アート】から【木炭】もしくは【チョーク】を選びます。
他のオリジナルブラシを使っても構いません。

34

オブジェクトの上をブラシで描くと、かすれた感じになってきます。
グレースケールでかすれ具合の濃淡を調節してくださいね。
色の設定は黒だと薄く、白だと濃くオブジェクトが表示されます。
グレーに設定しておいて、何回かブラシを重ねて濃さを調節したほうがかすれ具合が自然になります。
【透明】パネル左側のサムネイルをクリックしたら終了です。

31
イラストの場合はかすれ具合を出すだけでもハンコ風になります。
ちょっとラフさを出したいときはイラストの周りをブラシで削ってみてからブラシと不透明マスクを使ってもよいですね。

23-2全部合わせて作ってみるとちょっとリアルな印鑑風にもできますね。

 

いかがでしたか?

もうすぐ楽しいクリスマス!・・・と同時に、年賀状の投函締め切りがやってきますね。
慌てないように早めに作成を始めておきたいものです。
ハンコ風にするテクニックはスクラップブック風のデザインなどにも活用できますので
この機会に試してみてくださいね。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


趣味はDIYやハンドメイド。興味引かれたものは分野を問わずチャレンジしています。

Next Article【Illustrator】デザインの幅が広がる!文字をシェイプと同じ形に変形させる方法