creatersnest21

グランジ(かすれ)を使ったIllustratorチュートリアルまとめ


グランジ文字などは常に人気が高いイメージがあります。
今回は文字だけでなく背景やイラストなど様々な分野からチュートリアルを集めて見ました。
デザインでの汎用性も良いですし使う機会も多いです。
気になるチュートリアルがあったら一度作ってみてくださいね。

 

基本のグランジ文字

1

画像出典:[email protected]

ブラシセットでグランジを使った文字を作るチュートリアルです。
photoshopを利用するよりも簡単に効果がつけられますよ。
何回かに分けて重ねがけすることでよい効果を得ることができます。

 

ペンキで塗った風な文字2

 

画像出典:鈴木メモ

壁や板にペンキで版を押したような効果を表現するチュートリアルです。
効果を使ったアレンジ方法もたくさん紹介されているので
グランジをこれからやってみようという方には一押しです。

 

オリジナルのグランジ模様

3

画像出典:DESIGN TIPS

オリジナルのグランジ模様を作るチュートリアルです。
画像トレースしたものを画面にランダムに散らして作るので
好みで大きさや密度などをアレンジできて良いですね。
パターンなどに登録しておけばいつでも使うことが出来るのも魅力です。

 

 

簡単なグランジ文字

4

画像出典:DTP Transit

これは簡単すぎてピックリしてしまうグランジ文字のチュートリアルです。
前面型抜き機能を活用して1分かからず作ることが出来ますね。
簡単なのにハイクォリティーなグランジ文字になりますよ。

 

マスクを使ったグランジ表現

5

画像出典:Handy Web Design

マスクを使ったグランジのチュートリアルです。
フラットデザインや文字をマスクを使うことでスタンプ風の表現に変えることが出来ます。
不透明マスクとクリッピングマスクでの作り方の比較が分かりやすいですね。

 

ビンテージ風ステッカー

6

画像出典:Abduzeedo Design Inspiration

ビンテージ風ステッカーのチュートリアルです。
デザインの仕方も凄く参考になりますよ。
グランジ部分のテクスチャーは好みのものを適当に用意しても作ることができます。

粗い白黒印刷をかけたようなパン

7

画像出典:envato tuts+

小さくころっとしたパンの形にグランジを合わせると
おしゃれなカフェやベーカリーにありそうなロゴの完成です。
ブラシの設定もそのまま使うことが出来ますがペンタブ用のチュートリアルになっています。

 

ナイフツールでグランジ加工

8

画像出典:K-1 Production 365days

こちらもナイフツールを使ったグランジ加工のチュートリアルです。
説明の丁寧さと画像の多さで分かりやすいのではないでしょうか。

 

ペンキで重ね塗り風グランジ

10

画像出典:vectips

色々使えそうなペンキ重ね塗り風のグランジチュートリアルです。
効果をかけた後はライブトレースのオプションを設定することでグランジの効果が得られます。
簡単なので一度使ってみたくなりますね。

 

レトロ感がいい雰囲気のグランジ文字

11

画像出典:vectips

手書きのテキストデザインを取り込んだ後、グランジ加工するチュートリアルです。
こちらもライブトレース機能を使い、グラデーションをかけてから粒状の効果をのせていきます。
昔の洋書にありそうな雰囲気のグランジがかかりますよ。

 

ハーフトーン

12

画像出典:vectips

グランジ効果に合わせて使うことが出来るハーフトーンのチュートリアルです。
可愛い雰囲気を出したいグランジを使ったデザインに使い勝手が良いですね。
photoshopでハーフトーン効果をかけたものをIllustratorで開きライブトレースをかける必要がありますが、手順は簡単です。

 

経年劣化したラベル

13

画像出典:RetroVectors

経年劣化したようなラベルを作るチュートリアルです。
パスファインダーパネルで効果をつけて調節するだけの簡単な作り方です。
ラベルなどをデザインするときは褪せた色合いも大事な要素ですね。

 

傷があるグランジ

14

画像出典:The Shutterstock Blog

ジーンズ素材に印刷されているようなスターのチュートリアルです。
グランジ部分に傷っぽい部分を作る方法が書かれています。
数値の設定などもパネルの画像がたくさん乗っているので分かりやすくなっています。

 

グランジのブラシ

15

画像出典:Medialoot

photoshopに取り込んだデータから作成していますが、
適度なグランジがかかった画像をIllustratorの画像トレース機能を使った後に
新しいブラシとして登録すれば完成です。

 

シンプルなグランジ文字

16

画像出典:東京の求職者支援訓練

基本的なグランジをかけた文字をかくチュートリアルです。
ブラシを使ってから不透明マスクをかける簡単な方法を簡潔に説明してあります。
初めてグランジをかけてみる方は一度試して見ると良いですね。

 

印刷風のかすれ文字

17

画像出典:鈴木メモ

印刷したような文字をかくチュートリアルです。
パスのオフセットを重ねがけすると墨溜まりや途切れている部分を作ることができるんですね。
インクがはねた跡の作り方ものっていますよ。

 

スタンプ風のグランジ表現

18

画像出典:画図の手帖

スタンプ風のかすれ表現をデザインするチュートリアルです。
最初に不透明マスクをつくってからブラシを使ってグランジを作っていきます。
仕上がりを確認しながら効果をつけていくことが出来るので作業時間も短縮できそうです。

 

ちょっと怖い雰囲気の文字

19

画像出典:派遣DTP つくる積読

ホラーゲームのタイトルかと思うような文字のチュートリアルです。
文字を一度細くしてからどんどんパスのオフセットをかけていきます。
チュートリアルで加工されている愛が怖くて、思わず笑いながら出来るチュートリアルです。

 

本物みたいなチケット

20

画像出典:envato tuts+

まるで本物みたいなチケットを作るチュートリアルです。
文字や模様のかすれはおなじみのブラシとマスクを使っています。
チケットのデザインや色使いも参考にして見てくださいね。

 

かすれたチョークの文字

21

画像出典:noupe

かすれたチョークの文字がかかれた黒板のチュートリアルです。
リアルさと可愛さを兼ね備えた黒板の出来上がりが楽しみで
ついつい作ってしまいます。

 

手書き風グランジアイコン

22

画像出典:envato tuts+

手書きしたようなアイコンのチュートリアルです。
色を変えるだけでいろいろアレンジできますね。
アイコンの中身の作り方や設定に合う文字の例も載っています。

 

グランジ風スプレーブラシ

23

画像出典:envato tuts+

基本的な技だけで簡単にスプレーが描けるチュートリアルです。
テキストを上から重ねるだけで
マスキングテープの上からスプレーをかけたような文字が演出できます。
クリックの順番まで書いてある親切さが素敵です。

 

浮かび上がるグランジ風文字

24

画像出典:BRIDGE

先にマスクを作って、最後にブラシで文字を浮き上がらせるように作る
グランジ風文字のチュートリアルです。
まるで探偵ドラマであるメモに残された文字を浮かび上がらせている気分ですね。

 

スタンプ風の文字

25

画像出典:Medialoot

スタンプ風の文字を作るチュートリアルです。
グランジの元になる画像は適当なものを探したり作ったりしなくてはいけませんが
パスのオフセットと使って周りにインクを散らす方法は使えるテクニックですね。

 

タイポグラフィーとしても参考になるグランジ文字

26

画像出典:SPOON graphics

タイポグラフィーのデザインとしても参考になるチュートリアルです。
文字の配置の仕方や変形の仕方も細かく記されています。
背景の色を調節することでグランジをかけた文字とのバランスも良くなりますね。

 

ヴィンテージ風文字

27

画像出典:DESIGN TIPS

クラフト紙上にヴィンテージ風デザインを作るチュートリアルです。
photoshopを使ったクラフト紙の作り方も書かれているので
紙からデザインしたいときはとても有効ですね。

 

アニメロゴを参考に作るかすれ文字

28

画像出典:YLCL

かすれ文字を使ったアニメのロゴを作るチュートリアルです。
アナログ感が漂う作り方ですが色々試行錯誤しているので
読み物としても楽しむことが出来ます。

 

かすれたスタンプ

29

画像出典:DESIGN TIPS

木炭のブラシを使うことの多いグランジ表現ですが、
今回はチョークを使って作っていく方法です。
アピアランスを分割して複合パスにする手順は
ブラシを使ってグランジをかける時によく利用するので覚えておくといいですね。

 

ペイント風グランジ

30

画像出典:5th Design

TシャツやPOPのデザインにも使えそうなペイント風グランジのチュートリアルです。
壁や缶に印刷しても映えそうです。
背景やグランジに使えそうなデータを揃えるだけで出来ますね。

 

版画のようなブラシ

31

画像出典:envato tuts+

版画のようなデザインを作ることが出来るブラシのチュートリアルです。
ブラシ自体の作り方はそんなに難しいものではありません。
黒塗りのオブジェクトに白のブラシで彫刻等で掘ったような線を追加していきます。

 

いかがでしたか?

お気に入りの作り方やデザインを1つは見つかりましたか?
和風テイストでも洋風テイストでも色やかけ具合でデザインになじませることが出来ます。
グランジ自体は意外と簡単に出来るため
テキストの書体やロゴのフォルムにあったグランジをかけることの方が重要かもしれませんね。

 

 

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


趣味はDIYやハンドメイド。興味引かれたものは分野を問わずチャレンジしています。

Next Articleトイカメラ風の加工ができるPhotoshopのアクション30選