title

【Photoshop】初心者でもできる、色味を簡単に調整する方法3つ


皆さんは、写真を撮影した際に黄色みがかってしまったり、青白く写ってしまったことはありませんか?
それを“色かぶり”と言います。

 

色かぶりとは…

光源の影響により、色の偏りが出てしまうことを言います。
『光源』と一言で言っても色々な種類があり、太陽の光の加減、蛍光灯や白熱電球の灯りなど、その時その時で色は変化していきます。
私たちが見ている色とカメラのレンズを通して見る場合では光源の影響を受けて、見える色味が変わってしまうことがあるのです。

 

 

そんな色かぶりの修正の仕方が分からない方必見!
Photoshopにあまり慣れていない方でも分かるような簡単な修正方法を3つご用意いたしました。
用意した写真はこちらです。

見本

美味しい食事も、これでは美味しさは伝わりません。
それでは修正していきましょう。

 

 

①トーンカーブで修正する

対象の写真を開いたら、

【イメージ】 → 【色調補正】 → 【トーンカーブ】

tone1

 

下記のような画面が開きます。

 

tone2

 

次に、下段左から3つ目のスポイトマークをクリックします。

 

tone3

 

一番白く表示されるべきだった場所をクリックします。
tone4

 

すると…

tone5

 

画像が一気に明るくなりました!

しかしこれでは明るすぎますね。

次に左から1つ目のスポイトマークをクリックします。

tone6

 

こうなります!

見本2

 

自然な色味に変貌しましたね!

やり方さえ覚えてしまえば簡単ですね。

トーンカーブは一見難しそうですが、こう見てみると簡単なやり方で修正が出来るということがご理解いただけたと思います。

 

 

②レベル補正で修正する

 

先ほどと同じ画像を使用してご説明します。

【イメージ】 → 【色調補正】 → 【レベル補正】

level1

レベル補正の画面が表示されます。

level2

真ん中にあるヒストグラムを調整し、修正を行います。

左から順に、

シャドウ…暗い部分をより暗く

中間調…右へ動かすと暗く、左へ動かすと明るく

ハイライト…明るい部分をより明るく

 

それでは修正していきます。

写真自体が暗い写りですので、まずはハイライトを動かし、明るくしていきます。

 

level3

 

ハイライト側から一番近い山の手前までスライダを動かしましょう。

次に中間調も調整します。

level4

 

中間調を少し左へ移動します。

この時、移動しすぎると画質が悪くなってしまうのでプレビューで確認しながら目視に近い色合いを選んでください。

 

完成した画像がこちら

level5

 

トーンカーブで修正した時より暖色ですが、温かみのある写真になりました。

実際、こちらの食事をいただいたところは、温かみのある店内でしたので、目で見た色ということでこのままの色調にしました。

色かぶりを修整するにはトーンカーブの方が良いかもしれませんが、目視と同じ雰囲気にしたい場合にはレベル補正がオススメです。

 

 

 

③色相・彩度で修正する

例えば、花の画像を使用する際に『花の色を変えられたら…』なんて思った事はありませんか?

次に紹介するのは、写真に写る花の色を一瞬で変えてしまう魔法のような方法です。

 

今回は、こちらの写真を使用したいと思います。

5b41259a5f2a71841a5e313baca95961_l

 

 

とても綺麗なお花ですね!

では、花の色を変えてみましょう。

 

【イメージ】 → 【色調補正】 → 【色相・彩度】

shikisai1

 

分かりやすくするために、ピンク基調の花を、真反対の青系に変更します。

 

shikisai2

 

色相を-95になるよう、スライダを調節します。

これで珍しい青系のお花になるのです。

shikisai3

 

これもまた綺麗ですね。

青いイメージの花が欲しいと思った時に是非!

 

 

おわりに…

用途によって使いこなせるPhotoshopの色調補正。
写真を明るくしたい時、目で見た色合いで保存しておきたい時、自分好みの色合いに変更したい時…などなど、使い方は人それぞれですね。
今回説明させていただいた方法以外にも、使ってみてまた気づくこともあると思います。
Photoshopも慣れが一番なので、使いこなせるようになるその日まで、頑張って使いまくりましょう!!

 

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next Article【Illustrator】初心者でも作業時間が短縮できるテクニック5つ