creatersnest46

【Photoshop】スポットライトを当てたような文字をデザインする方法


今回はPhotoshopを使って、
スポットライトを当てたような文字のデザインに挑戦してみましょう。
初心者でも簡単に、高いクオリティのデザインを再現することができます。
それでは早速はじめてみましょう。

 

素材を用意する

まずは背景となるパターン画像を用意しましょう。
今回は無料で使えるパターンを使用していきます。
こちらからダウンロードできます)

もちろんご自分で用意されてもOKです。PS patterns

[Free download this file now]というボタンを押すと、
いくつかのパターンがセットになったファイルがダウンロードできます。

 

ファイルの新規作成

[ファイル]−[新規]から新しくファイルを作成します。今回は以下のような設定で進めていきます。

ファイルの新規作成

ファイルを作成したら、背景の色を変えましょう。
まずは右上にあるカラーを選択して好みの色を決めていきます。
背景となる色なので、やや暗めをオススメします。
色が決まったら[編集]-[塗りつぶし]を選んで、

塗りつぶし

[OK]ボタンをクリックしましょう。

OKで確定

 

文字のデザイン

はじめに、スポットライトを当てたい文字のデザインをしておきます。
左側のバーにある[T]ボタンを押して画面上をクリックすると文字が入力できるようになります。
フォントやサイズは右側のバーにある[A]アイコンから変更することができます。

文字を移動させたい時は、
一番上の[矢印]ボタンを選んで文字をドラッグすると動かすことができます。

今回は以下のようにデザインしました。

文字デザイン

デザインした文字はいくつかのレイヤーに分かれているかもしれません。
そんな時は1つのフォルダにまとめておくと作業がしやすくなります。
右下の[フォルダ]ボタンを押して新しいフォルダを作り、
文字レイヤーをその中にドラッグして1つにまとめておきます。

テキストグループ作成

この後は背景を加工していくので、
フォルダの左側にある目のアイコンをクリックして文字を非表示にしておきましょう。

 

背景の加工

右下の[レイヤー作成]ボタンをクリックして新しいレイヤーを作成します。
先ほどと同様にしてレイヤーを塗りつぶしましょう。

その後で、先ほどダウンロードした(あるいは用意してもらった)パターンを背景に設定します。
[レイヤー]-[レイヤースタイル]-[パターンオーバーレイ]を選択し、

背景パターンオーバーレイ

[パターン画像の右側の▼]−[歯車ボタン]−[パターン読み込み]をクリック。
先ほどダウンロードしたファイルを選択します。

パターン読み込み

次にレイヤーの下にある[マスク]アイコンを押してマスクを追加します。
ここで追加したマスクがスポットライトの光を表現してくれます。

レイヤーマスク

マスクを選択して、ブラシツールでスポットライトが当たる部分を塗っていきます。
今回はソフトブラシ、200px、不透明度20%でマスクの中央を少しだけ塗りました。
さらにレイヤーの不透明度を50%に設定します。

レイヤー不透明度

この設定と塗り具合によって出来が変わってくるので、
慣れてきたら色々と調整をしてみましょう。

設定したレイヤーを複製して、
[レイヤー]-[レイヤースタイル]-[グラデーションオーバーレイ]を有効にします。
各パラメータは以下の様に設定しました。
また、レイヤーの不透明度は100%、塗りは0%で設定します。

背景のグラデーションオーバーレイ

スポットライトの位置がずれてしまっている時は、
レイヤースタイルのウィンドウが表示されている状態でスポットライトをドラッグして調節しましょう。

 

文字の加工

最後に文字の加工をしていきます。

文字のグループ化

まずはテキストを1つにまとめます。
テキストフォルダ上で[右クリック]−[グループの結合]をクリックします。

それができたら、
[レイヤー]-[レイヤースタイル]-[グラデーションオーバーレイ]を有効にしましょう。
各パラメータの設定は以下の様にしました。

文字のグラデーションオーバーレイ

この時、スポットライトの位置がおかしい場合は、
レイヤースタイルのウィンドウが表示されている状態で
スポットライトをドラッグして位置を調節しましょう。

さらにスポットライトに照らされてできる影を表現します。
[レイヤー]-[レイヤースタイル]-[ドロップシャドウ]を有効にして、
文字に影を追加しましょう。
各パラメータは以下の様に設定しました。

ドロップシャドウ

慣れてきたら各パラメータを調節して自然に仕上げましょう。

 

spotlight

これで完成です。

 

さいごに

いかがだったでしょうか。
Photoshopを使った高クオリティのデザインというのは、
今回のように単純な操作の組み合わせでできています。

多くのチュートリアルを試してみて、
あなただけの素敵なデザインを作成してみましょう。

 

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next Article【2015年版】ちょっと変わった珍しいデザインの日本語フリーフォント50選