17

【Illustrator】アピアランス機能を使って反射文字を作る方法


アピアランス機能は名前の通り、見かけに関する設定を色々変えられる機能です。
構造自体を変えないで見た目に変化を加えることが出来て大変便利です。
今までオブジェクトを重ねて作っていたような縁取り文字や立体的な文字も作ることが出来ます。
反射文字を作ることも出来るので使っていなかったという方も
是非この機会に機能を使ってみてくださいね。

 

アピアランス機能の基本的な使い方

アピアランス機能を使うときの基本的な使い方を見て見ましょう。
今回はテキストを使って基本的な使い方を知ってから反射文字を作っていきます。

1

まずは、元になるテキストのオブジェクトを作成します。

2-2

テキストの塗りと線をなし設定して作成します。

3

【ウィンドウ】→【アピアランス】で【アピアランス】パネルを開きます。
【アピアランス】パネルの下には左から
【新規線を追加】【新規塗りを追加】【新規効果を追加】を行うことが出来ます。

4

線を追加した後に、塗りを追加した状態です。
パネルの上にあるもの重ね順としては上にあるように表示されます。

5

塗りの上に線をおいている状態です。
線を太めに設定しているので、このままだと文字がつぶれてしまいます。
ドラッグすることで重ね順を変更することも出来ます。

6
線を塗りの下に置くと線を太くしても文字がつぶれることがありません。
もちろん塗りにグラデーションをかけたり、線にグラデーションをかけたり
スウォッチを適用することも可能です。

7

良く使いそうな設定を行ったときは、【アピアランス】パネルの左上にあるサムネイルを
【グラフィックスタイル】パネルにドラッグすることで登録することが出来ます。

 

アピアランス機能の効果のつけ方

基本的な線と塗りについては使う方もいますが
様々な効果をつけるために活用していない方もいるのではないでしょうか?
効果を上手に使えば一つのオブジェクトのみで
複数のオブジェクトを使って作ったような効果を得ることが出来ます。
今回は文字に影をつけてみましょう。

8

塗りを設定して線をなしにしたテキストを作ります。

9

【アピアランス】パネルで新規塗りの追加をします。
色を設定したらドラッグで一番下に新しく追加した塗りをドラッグします。

12

新規に追加した塗りを選択した状態で、効果を追加します。
【新規効果の追加】→【パスの変形】→【変形】から【変形効果】パネルの【移動】の項目で
水平・垂直の数値をプレビューを見ながら設定します。

13

更にそのまま塗りを選択した状態で、【新規効果の追加】から他の効果を重ねることも出来ます。
今回はぼかし(ガウス)の効果を加えてみました。
新規に追加した塗りに対してぼかしを重ねたので元の塗りに対してはぼかしはかかりません。

 

アピアランス機能を使って反射文字を作る

本題の反射文字も効果のつけ方が分かればすぐに作ることが出来ます。

14

まず反射文字にしたいテキストのオブジェクトを作ります。
【アピアランス】パネルを開いて塗りを複製します。
【アピアランス】パネルの右下に【選択した項目を複製】というボタンがあるので
そこから複製するのが一番早いでしょう。

15

複製した塗りを選択した状態で【新規効果の追加】→【パスの変形】→【変形】を選択します。
【変形効果】パネルが現れるので【水平軸にリフレクト】にチェックを入れ
プレビューをみながら垂直方向に【移動】の数値を設定します。

16

複製した塗りに【グラデーション】を設定します。
【線形】【角度:-90度】にすると反射文字の完成です。
もし反射文字部分の色が濃いかな?と感じたら不透明度を調節すると良いでしょう。

 

いかがでしたか?

通常だとクリッピングマスクを使ったり複数のオブジェクトを利用しなければならない反射文字も
アピアランス機能を使いこなせば簡単に作成することが出来ますね。
プレビューを使うことで正確な数値を入れなくても感覚的にデザインすることができます。
もとのオブジェクトを変形しないまま残して効果を加えていくので修正もシンプルです。
文字のフチ取りくらいにしかアピアランス機能を使ったことがなかった方も
この機会に色々模索して見てはいかがでしょうか。

 

 

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


趣味はDIYやハンドメイド。興味引かれたものは分野を問わずチャレンジしています。

Next ArticleWordPress初心者必読!よく聞くけどプラグインって何?