creatersnest2

【初心者にも優しい!】WordPressでレスポンシブのサイトを作るときに使えるテーマまとめ


これからWordPressでサイト作成をしようとしている初心者の方にオススメです。WordPressの特徴の一つとして、レスポンシブデザインが挙げられます。
そんなレスポンシブなサイト作成に必要なテーマをまとめてみました。
厳選した20のデザインですので、あなたのお役に立てるテーマがあると思います

 

前半に無料のテーマを紹介して行きます。
無料て使えて使い勝手が良さそうなデーマを15件、厳選しました。

後半には、初心者だけど結果を残したい人の為の、有料のテーマも5件と少ない
ですが紹介してありますので、
ページの最後まで見ていただければ、有用な情報が載っているかと思います。

 

【厳選】無料レスポンシブデザイン15選

これから、無料のレスポンシブなテーマを紹介して行きます。

Twenty Fourteen

Twenty Fourteen ver 1.0

https://twentyfourteendemo.wordpress.com/

WordPressチームメンバーと入江隆さんが作り上げたタイトルという事です。
シンプル&分かりやすいサイト作成には打って付けです。
画像もある程度のサイズが表示できるので、ページのインパクトもあります。

 

Twenty Twlve

Twenty Twelv

https://wordpress.org/themes/twentytwelve/

とてもシンプルな構成なので、色々な用途で使用することができそうです。
ただし、シンプル過ぎてデザイン要素が全く無いのは、どうでしょうか。
作成したいサイトのイメージをしてもらい、合っているか検討して頂く必要が
ありそうです。

 

Iconic One

lconic One

http://demo.themonic.com/io/

こちらもシンプルなテーマです。
用途としては、かなりの汎用性があると言って良いのでは無いでしょうか。
シンプルで見やすい構成の為、ビジネスサイトへの適用はオススメです。

 

Exray

Exray Them

http://seotemplates.net/exray/

ビジネスサイトやマガジンなどに最適なテーマでしょう。
カレンダーが最初から付いているというのも、初心者には嬉しい特徴です。
自分である程度やりたいという方にも、オススメのテーマとなります。

 

Mansion

Mansion

http://demo.graphpaperpress.com/mansion/

画像をふんだんに使えるテーマになります。
それぞれリンクが貼られており、訪問した人が興味ある画像をクリックすると
リンク先に飛ぶような構成になっています。
訪問した人に与えるインパクトは大きいのでは無いでしょうか。

 

Theme Preview

Theme Preview

https://wordpress.org/themes/twentythirteen/
あくまで必要最低限な物が用意されたテーマは、ブログなどにはオススメです。
シンプルでガチャガチャしてい無い分、中心のブログ記事が引き立ちます。
多少し腕が試される部分も多いテーマとなっていますが、トライしてみては
どうでしょうか。

 

BizVektor

BizVektor

http://sample.bizvektor.com/

BizVektorは結構有名なテーマです。更新もまめにされており信頼できます。
会社のホームページ作成などには、とても好都合なテーマになっています。
ある程度のページ構成を見込まれている方は、使ってみて下さい。

 

Lefty

Lefty

http://demo.authenticthemes.com/lefty/

シンプルなデザインで、これから如何様にもデザイン変更可能な構成です。
そのまま使っても、ある程度おしゃれなサイトにはなるでしょう。
画像とコメントという構成なので、ブログなどをやる方にオススメです。

 

Stitch

Stitch

http://stitch-demo.calobeedoodles.com/

可愛いデザインが特徴のテーマです。
デザインがかなり細部までしっかりとされているので、そのままの使用する事を
オススメします。機能に関しては、それほど期待をしないで下さい。

 

Hatch

Hatch

http://demo.alienwp.com/hatch/

ビジネスサイトやブログなどに、オススメのテーマです。
見やすいサイト構成では無いでしょうか。デザインもしっかりしています。
カスタマイズなどは、あまり考慮しなくても良いのでは無いでしょうか。

 

Unique Theme

 

Unique Theme

http://www.dessign.net/uniquetheme/

スタイリッシュなテーマです。
ページトップには、ある程度大きな画像を使用できます。
画像が多く使えるレイアウトですので、ビジネスサイトなどにオススメです。

 

WallPress

wallPress

 

http://themehorse.com/preview/attitude/

使いが勝手の良いテーマです。無料なのかと疑うくらい、作り込まれています。
素朴でシンプルなレイアウトで、さらにカスタマイズを行えば素敵なサイトに
なるのでは無いでしょうか。とてもオススメのテーマになります。

 

Magnifique

Magnifique

http://www.cssigniter.com/preview/magnifique/

かなりシンプルなデザインテーマです。
1ページで全てを見せるという、シンプル is ベストを体現したサイトです。
ブログなどをやるには、打って付けなテーマになっています。

 

Simple Catch

Simple

http://catchthemes.com/demo/simplecatch/

オールマイティーなテーマになります。
個人のサイトから、ビジネスサイトまで、様々な分野で使用が可能でしょう。
シンプルな中にも、しっかりとした情報を入れる事が出来るテーマです。

 

【厳選】有料レスポンシブデザイン5選

初心者だけど、結果を残さなければいけない・・・なんて方のために
ここで、有料のテーマも少しですが紹介しておく事にします。
初心者でなくとも、クオリティの高いものを作りたいという方にもオススメです。

Grazioso

Grazioso

http://grazioso.info/

シンプルで美しいデザインを目指す方にオススメです。
知識がなくても、高度な事が出来る事が特徴として挙げられています。
有料ならではのリッチな機能の数々を使いこなせるかがキーになってきます。

販売価格:19,800円

 

賢威

賢威

SEO(検索エンジン)対策に特化したテーマです。
有料としての最大の特徴は、圧倒的なSEL対策と言えるでしょう。
価格帯も、個人で交遊出来る範囲の価格になっているのもオススメの理由です。

販売価格:24,800円

 

エッジプラス1

エッジプラス1

http://affiliate-edgeplus1template.com/

比較やランキングサイトの作成に便利なテーマが特徴です。
高品質のアフリエイトサイトが作れるという売り込みですが、
それ以外の機能も様々な場面で使用する事が出来る事でしょう。

販売価格:23,800円

 

INFOPLATE 5 WP

INFOPLATE 5 WP

http://wp.info-plate.com/

サイトへ入った時の怪しさを一瞬で消す事を特徴としたテーマです。
テーマが売り上げに対して、いかに大切かの説明もあります。
バーナー広告などのアピール方法など、ビジネスに直結する機能が満載です。

販売価格:7,800円

 

TCD

TCO

http://design-plus1.com/tcd-w/

なんといっても、美しいデザインが特徴と言えるでしょう。
テーマオプションも充実しており、人気のある販売サイトになっています。
使用する用途によって、クオリティの高いテーマを購入する事ができます。

販売価格:8,980円

 

最後に

無料・有料なレスポンシブなテーマをまとめてきましたが、
参考になりそうな情報はありましたでしょうか。
今回紹介させていただいた内容が、あなたのお役に立てていれば幸いです。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next ArticleWordPressのプラグインを開発したい人向けのおすすめ記事30選