creatersnest33

Illustratorでシームレスなレンガのパターン素材を作る方法


イラストやデザインの背景などに使用できるレンガ模様。
Illustratorを使えば、あっという間に作成できてしまいますよ。
今回はレンガ模様のシームレスパターン作成方法をご紹介致します。

ぜひご覧ください。

 

レンガ完成

レンガのシームレスパターンを作成する

レンガのオブジェクトを作成する

まず最初に、パターンの元になるレンガを作成しましょう。
「角丸長方形」ツールを使って横長の四角形を作成します。
サイズは適当で良いのですが、ここでは幅30mm、高さ10mm、角丸の半径2mmとしました。
そして、レンガのように色を設定します。

一つできたらコピーします。今回は数値入力でコピーを行います。
オブジェクト同士の間隔を2mm離したいと思います。

「オブジェクト」タブ「変形」「移動」で「水平方向」を32mm(オブジェクト30mm+隙間2mm)とし、コピーをクリックします。
同様の操作(ctrl+D)でレンガが4つになるようにしてください。色をレンガ風に設定します。
そして、レンガ4つをグループ化しておきます。

 

レンガの作成1

レンガをパターンに登録する

レンガの地の部分を作成します。
長方形ツールで、幅128mm高さ12mmの長方形を作成し、地の色に設定します。
グループ化したレンガオブジェクトと中央を揃えておきます。
レンガと地のオブジェクトを全て選択した状態で「スウォッチ」パネルにドラッグします。
すると、「スウォッチ」パネル内にレンガのパターンが登録されます。
サムネイルが表示されますので確認してください。

 

レンガの作成2

パターンの調整を行う

レンガ模様の調整を行いましょう。

選択していたレンガオブジェクトの選択を解除します。
そして「スウォッチ」パネル内のレンガパターンを選択し、パレット下部にある「パターンオプションを表示」をクリックします。
もしくはレンガパターンのサムネイルをダブルクリックします。

パターン編集モード表示になります。

 

パターン編集モードに入るには

 

レンガの配置を選択します。
「パターンオプション」の上から2つ目「タイルの種類」ダイアログより「レンガ(横)」を選択します。
画面上のパターンが、レンガ上に繰り返されることが確認できるでしょうか?

なお「レンガオフセット」のダイアログでは、パターンの幅に対してコピーをどの程度ずらして配置するのかを設定できます。
設定を色々試してみて下さいね。
今回は「3/5」で設定します。

アートボード左上にある「完了」をクリックして、パターン編集モードを終了します。

パターンの設定

パターンを適用してみる

作成したレンガのパターンを、別のオブジェクトに適用してみましょう。
適当なオブジェクトを作成します。
「スウォッチ」パネルのレンガパターンのサムネイルをクリックします。

あっという間にレンガ模様のオブジェクトが完成しました!

レンガ完成

 

 

(応用)レンガの枠を作成してみる

応用編として、ちょっとした飾りに使用できそうなレンガの枠を作成してみましょう。
パターンブラシという機能を使用します。
レンガのオブジェクトをそのまま使っていきます。

レンガ枠4

 

必要なパーツをパターンに登録する

・レンガ4つのオブジェクト
・コーナー用の正方形
この2種類のパーツをパターンに登録します。
レンガは、上記で作成レンガと地のオブジェクトをそのまま登録します。
(上記で登録したパターンとは別に再度登録してください)

コーナー用の正方形を追加で作成します。
サイズ10mm四方の角丸(レンガ色)と、12mm四方の長方形(地の色)を中心を揃えて重ね、パターンに登録します。

用意出来たら、それぞれを「スウォッチ」パレットにドラッグし、パターンに登録します。

レンガ枠1

 

パターンブラシに登録する

画面上部のツールバー中央あたりに「ブラシの定義」というプルダウンメニューがあります。
(通常は「基本」と表示されています)

プルダウンメニューをクリックし、下部にある「新規ブラシ」をクリックします。
「パターンブラシ」を選択し、OKします。

レンガ枠2

 

「パターンブラシオプション」が表示されます。
先ほど作成した2つのパターンを設定します。
・サイドタイル…レンガ4つのパターン
・外角タイル…正方形のパターン
出来たらOKします。

レンガ枠3

パターンブラシを適用する

作成したパターンブラシを適用するには、ツールバーにある「ブラシ定義」内のレンガパターンブラシを選択してください。
円や多角形にも適用できます。

レンガ枠色々

 

まとめ

シームレスなレンガ模様の作成方法をご理解頂けましたでしょうか?
色の違うオブジェクトをいくつか用意し、パターンに登録するだけです。
パターンブラシに使用すれば、レンガの枠も簡単に作成できます。
とても簡単にできますので、ぜひ色々な場面で活用してください。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Illustratorってとっつきにくいなあと思っていたのですが、便利な機能を知っていくうちに楽しくなってきました。 「illustratorって楽しいな」と感じるきっかけになることができれば嬉しいです。

Next ArticleWordPressで作られたレスポンシブの企業サイト40選