creatersnest45

WordPressをバックアップする必要性と、便利なプラグイン


突然ですが皆さんは定期的にWordPressのバックアップをとっていますか?
WordPressに限った話ではありませんが、定期的にバックアップをとることはサイト運用のベストプラクティスの1つと言えるでしょう。
この記事では定期的にWordPressのバックアップをとることの必要性と、それを手助けしてくれる便利なプラグインについてご紹介していきます。

 

なぜバックアップをとるのか

WordPressはそのカスタマイズの柔軟性、便利なプラグインの豊富さから
世界中に多くのユーザーがいるCMSです。
しかし、多くのユーザーがいることで攻撃の対象になりやすいCMSでもあります。

 

万が一自分の運用しているサイトが攻撃の対象になった際にデータを失ってしまったらどうでしょう?しかもそれがクライアントさんのいるサイトだったら。。。
考えただけで胃が痛くなってきますね。
バックアップをとっておくことで、万が一の事態が起きたとしてもバックアップをとっておいた時点までは復元することができます。

 

一言でバックアップと言っても以下の2つに大きく分けることができます。

  • データベースのバックアップ
  • ファイルのバックアップ

 

データベースのバックアップ

データベースのバックアップをとることで管理画面で編集したサイトの設定や、投稿した記事の情報のバックアップをとることができます。

 

ファイルのバックアップ

「ファイル」とは、WordPressのコアファイルやテーマのファイル、プラグイン、管理画面からアップロードした画像ファイル等のことを指します。これらのバックアップも必要ですよね。

 

いずれのバックアップもサイトの復元には欠かすことができません。
それではこれから、プラグインを使用して「自動」で「定期的に」バックアップを行う方法を見ていきましょう。

 

BackWPupプラグイン

01

 

今回バックアップに使用するプラグインはBackWPupというプラグインです。
バックアップ系のプラグインはいくつかありますが、BackWPupは

 

  • 無料で
  • 自動で
  • 定期的に

 

バックアップをとることができます。
それでは実際にBackWPupの使い方を見ていきましょう。

 

インストール

BackWPupプラグインは以下のページからダウンロードすることができますので、インストール、有効化しましょう。
https://ja.wordpress.org/plugins/backwpup/
次に肝心の設定方法を見ていきましょう。

 

Jobの作成

BackWPupプラグインを有効化すると、管理画面のサイドメニューにBackWPupプラグインのメニューが追加されます。このメニュー内の「Add new job」をクリックして、Jobと言われるバックアップの設定を作成していきます。
始めに、「job Name」で、このJobの名前をつけましょう。この名前は好きな名前でかまいません。

 

02

 

次に「Job Tasks」でバックアップをとる対象を設定していきます。

  • Database backup
  • File backup

にチェックをいれましょう。

 

03

 

次に「Backup File Creation」でバックアップとして保存するファイルの設定をおこないます。「Archive name」はバックアップファイルの名前の設定になりますが、
ここは特に設定を変える必要はないでしょう。
「Archive Format」ですが、こちらはバックアップファイルのファイル形式になります。ここでは一般的なZipを選択しておきましょう。

 

04

 

 

次に「Job Destination」でバックアップファイルをどこに置いておくかの設定を行います。今回はDropboxを選択したいと思います。
「Backup to Folder」を選択するとWordPressがインストールされているサーバーと同じサーバー内にバックアップをとることになるのですが、
これだとサーバーに何かあったときにバックアップの安全性が保証されませんよね。そこで今回はDropboxを選択することにします。

 

05

 

次に「Log Files」です。
こちらはログをメールで送る際の設定になります。
こちらは特に設定を変える必要はないでしょう。
ここで一旦Save changesをクリックして設定を保存しましょう。

 

06

 

スケジュールの作成

ここからは「Schedule」の設定をしていきます。
「Schedule」タブをクリックしましょう。
自動でJobを動かしたいので、「Start job」では「with WordPress cron」を選択しましょう。

 

07

 

「Schedule execution time」では、バックアップの処理を実行するスケジュールを設定します。今回は「Scheduler type」「basic」を選択、「Scheduler」「weekly」を設定します。

 

08
この設定で、毎週、日曜の午前3時にバックアップの処理を実行する、という設定になりました。ここで再び「Save changes」をクリックしてこれまでの設定を保存します。

 

データベースバックアップの設定

「DB Backup」タブをクリックすると、データベースのどのテーブルをバックアップ対象とするか選択できますが、特に変更する必要はないでしょう。使用しているプラグインによっては独自のテーブルをデータベースで挿入している場合もあるので、必要があればそのテーブル名にもチェックを入れておきましょう。

 

09

 

次に「Backup file name」ですが、こちらはデータベースをdumpしたsqlファイルの名前の設定になります。
お好きな名前を設定してください。次の「Backup file compression」については変更しなくてよいでしょう。

 

10

 

それではまた「Save changes」をクリックし、これまでの設定を保存しておきましょう。

 

ファイルバックアップの設定

「Files」タブをクリックすると、どのファイルをバックアップの対象にするか設定することができます。
Coreファイルやプラグインはwordpress.orgからダウンロードできるので、今回はバックアップの対象から外し、themesディレクトリとuploadsデイレクトリをバックアップの対象としました。

 

11

 

Dropboxの設定

最後に「To:Dropbox」タブをクリックしてDropboxの設定をおこないます。
「Full Access to Dropbox」「 Get full Dropbox auth code」をクリックしましょう。

 

12
するとBackWPupとの連携許可を求められる画面に遷移しますので許可してください。

 

13
すると、認証コードを取得できます。これをBackWPupの設定画面に入力します。

 

14

 

次に「Backup settings」「Destination Folder」にバックアップファイルを貯めておくフォルダ名を設定します。ここではwp_backupとでもしておきましょう。「File Deletion」はバックアップを最新何件まで残しておくかの設定になります。デフォルトでは15件になっているので、変更したい場合は変更してもよいでしょう。

 

15
最後に「Save changes」をクリックして設定完了です。

 

それでは、以上の設定通りにバックアップが作成されるか確認してみましょう。
「Jobs」で先ほど作ったJobの「Run now」をクリックしてみましょう。

 

16
Dropboxを見てみると、、、ありました!バックファイルが生成されていますね。

 

17

 

まとめ

今回はBackWPupプラグインを使用して、Dropboxへバックアップをとる方法をご紹介しました。
自動でバックアップ、と聞くと少し難しそうに感じますが、BackWPupプラグインを使用すれば、自動で定期的にバックアップをとることが簡単におこなえます。
長期間バックアップをとっていないWordPressサイトはありませんか?
この機会にBackWPupを使用して定期的にバックアップをとるようにしてはいかがでしょうか。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next Articleお金をかけずにブログを始めよう!WordPressが使える無料のレンタルサーバー7つ