creatersnest49

【WordPress】カテゴリ設定でブログをテーマごとに整理しよう!


こんにちは!
今回は、ブログ記事をカテゴリ設定で整理する方法をご紹介します。
記事数が増えてきますと、カテゴリがまとまっていないことがあるのではないでしょうか。
そこで、読者のユーザビリティ的にもSEO対策にも、一度カテゴリ設定で記事を整理しましょう!

 

カテゴリを整理することのメリット

 

(1)読者が関連記事や同じジャンルの記事を読んでもらう可能性が高まる。
まず、読者は訪問した記事の内容に興味を持っております。
ということは、同カテゴリー内の同じジャンルの記事についても興味がある可能性が高いです。
記事を適切なカテゴリーに分類してあれば、読者の読むページ数も増える場合があります。

 

(2)SEO対策的に強い
ブログを親カテゴリー、子カテゴリーに設定・構造化することで、Googleなどの検索エンジンに認識されやすくなります。

 

それでは、次項以降でカテゴリ別に整理する方法を説明します。

 

カテゴリーの設定方法

それでは設定方法を説明します。
管理画面 「投稿」 ⇒ 「カテゴリー」をクリックします。

 

category011

 

新しくカテゴリーを「カテゴリーの新規作成」で作成しますと、「カテゴリー一覧」に表示されます。

 

category02

 

左側の「カテゴリーの新規作成」にて、下記の内容を入力します。

  • 名前:カテゴリー名を入力します。入力したカテゴリー名が、カテゴリーページのタイトルとして使用される。

 

  • スラッグ:カテゴリーURLを入力します。
    例えば、ここで入力されたものが「http://example.com/category/◯◯」の◯◯の部分に表示されます。
    ここで注意がありますが、日本語の入力はオススメしません。
    理由は、日本語の場合はシステム側で特殊な文字の羅列に変換される可能性があるからです。

 

  • 親:親子カテゴリーが設定出来ます。
    カテゴリー数が多くなり、細かく分類する時に設定が必要です。
    やり方次第で、SEO対策やユーザービリティの向上に繋がります。
    ■親カテゴリー設定:「親→【なし】」
    ■子カテゴリーを設定:「親→【希望する上階層(親カテゴリー)】」を選択します。

 

  • 説明:カテゴリーの概要を入力します。
    デフォルトではあまり重要な意味を持たないかもしれませんが、入力しておれば、サイト管理用に役立ちます。

 

「新規カテゴリーを追加」をクリックすれば保存されて、右側の「カテゴリー一覧」に表示されます。
以上で、カテゴリの設定方法となります。

カテゴリーの編集、削除方法

次に、カテゴリーの編集、削除方法を説明します。
カテゴリーは記事が多くなってくると、定期的に整理する必要場合に編集と削除が必要となります。

管理画面 「投稿」 ⇒ 「カテゴリー」をクリックして、
カテゴリー一覧より編集したいカテゴリーをマウスオーバーします。

 

category03

 

  • 詳細に編集する場合:「編集」をクリックします。
  • 簡易的に編集する場合:「クイック編集」をクリックします。
    ※カテゴリー名とカテゴリーURLだけの変更等に使います。
  • 削除する場合:「削除」をクリックします。

 

category04

 

category05

 

上記が、「クイック編集」と「編集」の画面です。
必ず、最後に「更新」ボタンをクリックして下さい。

 

記事にカテゴリーを設定する方法

カテゴリーの設定が終わったところで、今度は記事にカテゴリーを設定する方法を説明します。

新規記事の場合:「投稿」 ⇒ 「新規追加」をクリックします。
既存記事の場合:「投稿」 ⇒ 「投稿一覧」より該当の記事の「編集」をクリックします。

赤枠箇所にカテゴリーが表示されるので、この中のボックスにチェックを入れるのみです。

 

category06

まとめ

いかがでしょうか。
カテゴリー設定をすることによって、読者が興味のある記事を探しやすくなりますし、
検索エンジン対策を考慮に入れてカテゴリー名を選べば、SEO対策にもよくなります。
何よりもご自身の整理することに役立ちます。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next ArticleWordPressのコメント欄を使いやすくするプラグイン10個