Photoshop14

Photoshopで写真をミニチュア風に加工する方法


今回はPhotoshopを使って、写真にミニチュア風の加工を施す方法を紹介いたします。

ミニチュア風に加工する際に有効なテクニックは、ぼかしとアンシャープマスクです。
ぼかしとアンシャープマスクを駆使して、カメラのピントが合っている・外れている箇所を表現しましょう。

また、この記事ではクイックマスクモードを使って範囲指定を行う方法についても記載しています。
クイックマスクモードは非常に便利な機能なのでこの機会にぜひとも習得しましょう。

 

はじめる

素材となる画像を選びましょう。
ミニチュア風にしやすい写真は高い位置から街や建物の様子を撮った写真です。
逆に、人や物をアップで撮った写真はあまりおすすめできません。

今回用意した画像はこちら。

加工前

 

 

 

ピントを合わせる・外す範囲を決定する

photoshopの「クイックマスクモード」を使って、ぼかしをかける範囲を選択しましょう。

クイックマスクモードを使うと、選択範囲を自由に描画すうることができます。
ツールバーに下のほうにある四角の中に丸が入っているアイコンがクイックマスクモードです。
このアイコンをクリックするとクイックマスクモードに切り替わります。

クイックマスクモード

クイックマスクモードは、選択範囲外を半透明の赤、選択範囲を透明として表すモードです。
このモードを使用すると、ぼかしや半透明などの繊細な範囲指定が可能となります。

また、ブラシツールやグラデーションツールを使って、
通常の描写と同じように自由に選択範囲を描画することができます。

 

ピントを合わせたい箇所を中心にして半透明の赤を描画しまししょう。
他の部分にはぼかしをかけるので、かなり大きめに描写して丁度良いくらいになります。

今回はグラデーションツールの「円形」を使用し、中央を中心とした大きな円を描画しました。

以下の画像のようにうっすらと全体を覆うくらいの大きさが理想です。

選択範囲

 

この状態で、もう一度「クイックマスクモード」のアイコンをクリックすると、通常の選択範囲に変換されます。

選択範囲2

また、もし選択範囲を修正したい場合は、もう一度「クイックマスクモード」のアイコンをクリックすると、
再び先ほどの半透明赤で範囲指定ができる状態になります。

次の工程でこの範囲内にぼかしをかけていきます。

 

ぼかしをかける

「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(レンズ)」を実行します。
今回は半径を20に設定しました。
元画像のサイズに合わせて調節してください。

ぼかし

設定し終えたら「OK」をクリックしてください。

 

ぼかしがかかりました。

ぼかし実行後

 

アンシャープマスクをかける

右クリックで、 「選択範囲を反転」します。
ぼかしをかけた部分以外が選択されました。
そこに「フィルター」→「シャープ」→「アンシャープマスク」をかけます。

ここれは、量を86%、半径を28.2pixelに設定しました。
プレビューを参考にして調節してください。

アンシャープマスク

設定し終えたら「OK」をクリック。

アンシャープマスク実行後

 

 

微調整

最後にトーンカーブによる微調節を行います。

Windowsの方は[Ctrl]+[D]、Macのかたは[Command]+[D]で選択範囲を解除します。

「レイヤー」→「新規調節レイヤー」→「トーンカーブ」実行。
設定はお好みでどうぞ。

今回は以下のように変化を加えました。

トーンカーブ

 

 

 

完成

完成です!

完成

 

まとめ

今回は写真をミニチュア風に加工する方法を紹介いたしました。

このように、ぼかしとアンシャープマスクを使用してカメラのピントの具合を表現することができます。
また、クイックマスクモードは自由に選択範囲を描写できるので、他の場面でも非常に使える機能です。
使いこなせるようになっておくと、選択範囲を指定するスピードとクオリティが格段にアップします。

 

 

 

 

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next Article【Photoshop】レイヤースタイルなら、統一感のあるデザインが簡単に!