creatersnest32

スピードアップ間違いなし!アートワークをシンボル化して一括更新してみよう


今回は、Illustratorの「シンボル」機能をご紹介いたします。
同じデザインのオブジェクトをコピーして配置したい場合に大変便利です。
シンボル化したオブジェクトを使用すれば、更新も簡単でデータが軽くできますよ。
オブジェクトをシンボル化する方法、一括更新する方法をご紹介いたします。

2パターンの地図を作ってみましょう

今回は「2パターンの地図を作成する」という例を用いてシンボル機能をご説明します。
街のレストランマップを作成する事になったとします。
最初に作った地図を後からクリスマスバージョンに更新したい場合、どのように制作しますか?

2種類の地図の作例

例えば木のオブジェクトを見て下さい。
1点を制作しコピー&ペーストで並べていっても良いのですが、クリスマスバージョンを作る際にはまた一つずつ配置してやる必要があります。
手間ですよね。
では、木のデザインを一括で更新できるように制作していきましょう。

・木のオブジェクトを作成し、シンボル化する

まずは通常デザインの木を一つ作成します。
完成したら、木のオブジェクトを全て選択した状態で「シンボル」パレットにドラッグします。
「シンボルオプション」が表示されますので、名前を「木」にしてOKしました。
「シンボル」パレット内に木のオブジェクトが登録されました。

木をシンボルに登録

「シンボル」パレットからアートボードにドラッグする事で、木のオブジェクトを配置する事が出来ます。
もしくは「シンボル」パレット下部にある「シンボルインスタンスを配置」をクリックし、希望する位置にドラッグします。

登録した木を配置する

・地図の完成

木と同様にレストランなどを作成し、シンボルに登録して使用します。

作成したシンボル
道路や川は「線」で作成しました。

通常バージョンの地図が完成しました。

地図1完成

・シンボルの一括更新

今度は、木をクリスマスバージョンに更新してみましょう。

アートボード上の木のオブジェクトを選択し、ツールバーにある「シンボルを編集」をクリックします。
(もしくは、木のオブジェクトを「選択ツール」でダブルクリックします)

シンボルの更新

シンボル定義を編集しようとしています。シンボルの編集内容はすべてのインスタンスに適用されます。続行しますか?
というダイアログが表示されたら「OK」してください。

シンボル編集モードとなります。
木のオブジェクトが表示され、一つは濃く表示されています。
濃く表示されているオブジェクトを編集できます。
クリスマスらしく飾り付けてみましょう。

完成したら、アートボード左上にある矢印をクリックし、シンボル編集モードを終了します。

シンボル編集モード

アートボード上の木のオブジェクトが、すべてクリスマスバージョンに更新されました。

木の一括更新

同様に、その他のシンボルもクリスマスバージョンに更新します。
お花は雪だるまにしてみました。
背景や道路の色を変更し、冬のイメージにしました。

シンボルの一括更新で、あっという間に別パターンが完成しました!!
これは便利ですね。

地図2完成

なお、シンボル編集モードでオブジェクトの拡大縮小を行うと、サイズを一括で変更できることになります。

シンボルパレットの説明

シンボルパレットについても説明いたします。

シンボルパレット

①シンボルインスタンスを配置
クリックすると、選択したシンボルがアートボード上に配置されます。

②シンボルへのリンクを解除
解除すると、選択したシンボルが通常のオブジェクトになります。

③シンボルオプション
シンボルの名称設定や種類を設定できます(種類はFlush読み込み用の設定です)。

④新規シンボル
新規シンボルを作成できます。
また、既存のシンボルサムネイルを「新規シンボル」アイコン上にドラッグすると複製することができます。
(「シンボル」パレット右上のプルダウンメニューからも選択できます)

⑤シンボルを削除
シンボルを削除できます。
(「シンボル」パレット右上のプルダウンメニューからも選択できます)

⑥シンボルライブラリメニュー
Illustratorにあらかじめ用意された様々なシンボルを使用することができます。
矢印や地図記号などのベーシックなものや、個性的なイラストのシンボルなどが多数あります。
画像はその中のひとつ「モバイル」のシンボルです。

プリセットシンボル

まとめ

シンボルを使って一括更新するという便利な活用方法をご覧いただきました。
地図以外にも、色々な場面で活躍する機能です。
データを軽量化できるという利点もあります。
簡単操作で作業スピードをアップできますので、ぜひご活用ください。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Illustratorってとっつきにくいなあと思っていたのですが、便利な機能を知っていくうちに楽しくなってきました。 「illustratorって楽しいな」と感じるきっかけになることができれば嬉しいです。

Next ArticlePhotoshopで作った画像のファイルサイズを小さくするテクニックまとめ