creatersnest

Illustratorで3Dのテキストを作成する方法


広告の「大安売り!」とか「締切迫る!」など、
見る相手に一言でインパクトのある印象付けをしたい場合、
テキストを立体化させて、強調する手法があります。

 

また、ポスターデザインやDMのデザインで
タイトルを立体化したい、という場合もあると思います。
そこで、Illustratorでテキストを3D化する方法を ご紹介します。

 

テキストを3Dにする

 

POINT

・テキストの配色は先に行っておきましょう
・テキストに輪郭線をつけてもOKです。
・立体の色は輪郭線の色になります。

 

1.メニューバーの「書式」より「3D」を選択します。
.「3D」のメニューの「押出し・べベル」を選択します。
3.オプションが出てくるので、「プレビュー」にチェックを入れて
好きな角度や立体になるまで、プレビューのサイコロのような 立方体をドラッグして調整します。
※下記の例は文字に輪郭線がないものです。

 

立体の幅を好きなように変える

立体の幅(奥行)は変えることができます。

オプションの「押し出しの奥行き」の「pt」の隣の三角をクリックすると
押し出しレベルのゲージが出てくるので、それをプレビューを見ながら調整します。

また、「pt」を直接入力して調整しても構いません。

3d 奥行

立体の光沢を変える

せっかく3Dにできたものの、テキストが暗いのは良くないので、
立体部分の光沢を変えます。

 

オプションパネルの下の方に「詳細オプション」というタブがあるのでクリックします。
そうすると、光沢や、光の向きを変えられるオプションが出てくるので、
球体の四角をドラッグし、プレビューで確認しながら、好きな光沢に調整します。

3d 光沢

立体の影の色の変更

立体の影の色は、テキストの枠線の色で決定しますが、
オプションパネルで変更することが可能です。

詳細オプションの「陰影のカラー」という項目から
「カスタム」を選択し、好きな色に設定してください。

3d 影色変更

 

立体に遠近感をつける

立体を平行に押し出すのではなく、遠近法で飛び出すように表現したい場合、
基本オプションの「遠近感」のタブで、角度を入力しても良いですし、
三角をクリックするとゲージが出てくるので、それで調整することができます。

3d とびだし

最後に

3D化したテキストのアウトラインを作成する

アウトライン化しなくても3D化できますし、
アウトライン化する前であれば、テキストの編集もできます。

 

しかし、入稿時にフォントが崩れる可能性があるので、
入稿前には、必ずアウトラインの作成をしておきましょう。

 

1.該当テキストを選択ツールで選択
2.メニューバーの「書式」より「アウトラインを作成」を選択

 

アウトライン化した後は編集ができませんので、
アウトライン化する前のものをワークスペースに置いておくなど気をつけましょう。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next Article【Illustrator】パターン編集モードで、パターン素材をすばやく作る方法