creatersnest3

【Illustrator】パターン編集モードで、パターン素材をすばやく作る方法


Illustratorで、デザイン制作に大活躍するのが「パターン機能」です。
同じオブジェクトを繰り返し並べるデザインの作成時には欠かせません。

パターン編集モードの使い方を理解し、さらにパターン作成が楽しく便利になるようにご紹介いたします。

 

ダイヤを並べたパターンを作ってみましょう

オブジェクトを用意しパターンを適用

今回は、ダイヤ型のオブジェクトを作成します。

完成したら、オブジェクトを選択した状態で
「オブジェクト」タブ「パターン」「作成」を選択します。

パターン適用

「新しいパターンがスウォッチパネルに作成されました。」というダイアログが表示された場合は「OK」をクリックします。

すると、画面が「パターン編集モード」となります。
先ほど作成したダイヤが複数配置された状態で表示されます。

 

パターンオプションについて

パターン編集モードで表示されるダイアログが「パターンオプション」です。
ここでは、オブジェクトの並べ方や数を設定する事が出来ます。
各項目の説明をしていきます。

パターンオプション

・パターンタイルツール
有効にすると、オブジェクトの周囲にダイアログが表示されます。
ダイアログの四角形をドラッグする事により、パターンの間隔を調整できます。

・名前
パターンの名前を設定できます。
分かりやすい名前を設定しておくと良いでしょう。

・タイルの種類
オブジェクトの並べ方を選択できます。
これにより、同じオブジェクトから違うデザインのパターンを作成できます。

・レンガオフセット
「タイルの種類」で「レンガ」を選択した際に使用できます。
「レンガ(横)」ではタイルの幅、「レンガ(縦)」ではタイルの高さに対し隣接するタイルの位置をどの程度ずらすかを設定できます。

・幅、高さ
タイル全体の高さや幅を設定できます。

・横の間隔/縦の間隔
オブジェクト同士の間隔を数値で設定できます。

・重なり
オブジェクトが重なる場合、前面にどのオブジェクトを設定するかを選択できます。

・コピー数
コピーの数を設定できます。

尚、オプション左上のボタンをクリックすると、オブジェクトの周囲に表示されるワクを動かすことで間隔を調整できるようになります。

 

ダイヤオブジェクトでパターンを設定してみる

実際にダイヤのオブジェクトにパターンを設定し、タイルの種類を見てみましょう。

・グリッド

グリッド

 

・レンガ(横)
ダイヤ(横)

・レンガ(縦)

ダイヤ(縦)

・六角形(縦)

六角形(縦)

・六角形(横)

六角形(横)

今回は、グリッドを選択します。
選択できたら、左上にある「完了」をクリックし、パターン編集モードを終了します。

パターン編集モードの完了

画面が通常モードに戻り「スウォッチ」パネル内に作成したパターンが保存されています。

スウォッチパネル

作成したパターンを適用してみましょう

作成したパターンを、別のオブジェクトに適用してみましょう。

オブジェクトの作成

パターンを適用するための新規オブジェクトを作成します。
今回は長方形にしました。

パターンの適用

長方形オブジェクトを選択します。

「スウォッチ」パネル内に先ほど作成したダイヤのパターンがありますので、クリックします。

長方形オブジェクトの「塗り」がパターンになりました。

パターンの適用

パターンの編集

パターン編集モードから、完成したパターンのオブジェクトを変更したり、色の変更をすることも可能です。

パターン編集モードの開き方
・「スウォッチ」パネル内にあるパターンのアイコンをダブルクリック。
・パターンを含むオブジェクトを選択した状態で
「オブジェクト」タブ「パターン」「編集」を選択。

パターンの編集

 

パターン編集モードでは、編集した内容をパターンを並べた状態で確認することができるのでアレンジがしやすいです。
四角オブジェクトを2つ追加して重ねてみました。

パターン編集例

色々なパターンを作成してみましょう

パターンに登録しておけば、同じデザインをいつでも簡単に使用できるので大変便利です。
色々な用途に活用できるオススメのデザインは、水玉模様やストライプです。

元になるサイズの正方形オブジェクトを作成し、その上に作成したいデザインを配置していくと作りやすいです。

パターン作例1

また、イラスト制作においては衣服のデザインなどにパターンが役立ちます。
着物の柄やヒョウ柄を作成してみました。

パターン作例2

 

最後に

パターン編集モードを使えば、様々なパターンを簡単に作成することが出来ます。
「パターンオプション」にある「タイルの種類」を変えるだけでも違ったデザインを作ることができますので、ぜひ試してみて下さい。

好きなデザインを保存しておくと、いつでも使用できるので本当に便利ですよ。
デザイン制作の大きな味方になってくれるはずです。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Illustratorってとっつきにくいなあと思っていたのですが、便利な機能を知っていくうちに楽しくなってきました。 「illustratorって楽しいな」と感じるきっかけになることができれば嬉しいです。

Next ArticleIllustratorの便利な機能、ライブペイントの使い方