creatersnest1

Illustratorで要素を素早く整列させる方法


Illustratorの整列は、オブジェクト・画像を整列したり揃えるなどの非常に使用頻度の高いパレットですが、非常に効率のいい整列の仕方をご存知ですか?
2つのオブジェクトや画像をわざわざ近くに寄せて整列しなくても、その場で整列させる事ができるテクニックをご紹介します。

 

Illustratorを起動させ、まずは整列パレットを表示させましょう

①まずは、Illustratorを起動させましょう。

②イラストレーターのデーター(.ai .eps .pdf)などのデーターを開きます。イラストレーターのデーターをお持ちの方は開きましょう。(何も無い方は、上のツールバーからファイル→新規→OKでアートボードを出しましょう。)

③次に整列パレットを出します。

④整列パレットは、上のツールバーからウィンドウ→整列で表示させます。

整列①

 

 

整列させるオブジェクト(図形など)を2つ決めましょう。

①図形が無い方は、図形をまず作ります。

②長方形ツールなどで、とりあえず2つ作ってください。

③そして、その図形を2つ選択ツール(左のパレットにある一番左上の黒い矢印)で選択します。

④選択ツールで2つの図形を選択した後に、整列パレットから整列させたい方向を選びます。

⑤ここでの整列は、真ん中揃いでしました。

⑥このまま、この2つの図形をグループ化してもいいでしょう。
(グループ化は、上のツールバーからオブジェクト→グループでグループ化できます。)

名称未設定②

 

結構使う、アートボードに整列させる方法です。

①Illustratorのアートボードとは、必要な画像・部品などを入れていく白いホワイトスペースの部分です。

②ひとまず星の図形を作りました。

③そして、整列パレットから右下の整列から、アートボードに整列を選びます。
(赤い四角の部分です。)

整列③

④そして星の図形を選択します。

⑤そして、真ん中揃えをしました。
(これは、アートボードを基準に揃います。)

⑥こんな感じです。

名称未設定⑤

 

最後に裏ワザの整列させるテクニックです。

①最初に図形をとりあえず2つ作ります。

②選択ツールで、2つの図形を選択します。

③そして、動かしたくない図形をクリックします。
(動かしたくない図形をクリックすると、太い青枠が表示されます。)

④そして、整列パレットから整列させたい場所を選びます。

⑤すると、動かしたくない図形は動かないまま、整列する事ができました。

(整列させる前に、整列させたい図形を選択し、動かしたくない図形・基準にしたい図形をクリックすると、そこを基準に整列できます。)

⑥こんな感じです。

整列⑦

⑦黄色の図形に青い枠が付いていますので、黄色の図形は動かずに星の図形だけが動きます。

 

整列裏ワザのまとめ

いかがでしたでしょうか?
最後の、裏ワザの基準にしたい図形・画像をクリックして、動きを止めて整列すれば、かなり仕事効率が上がりますよね。
今まで、図形同士を近づけて整列していた人もこの整列方法を使えば、簡単にできます。
仕事効率アップ間違い無しです。
知らない方がいたら教えてあげて、どんどん仕事の効率を上げていってくださいね!

 

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next Article【Illustrator】よく使うデザインをテンプレートにして、効率よく使うには?