creatersnest1

【Illustrator】たったの1クリックで配置した画像にマスクを設定する方法


イラストレーターには様々な便利な機能が存在しています。その中でも画像を配置した際に、たったの1クリックでマスクを設定できたら便利ですよね?

ここではそんな便利な機能を皆さんに、分かりやすくご説明させていただきます。

 

 

配置した画像に1クリックでマスクを設定する方法

イラストレーターで、配置した画像にマスクを設定し、必要な部分だけを残す場合は、

①「長方形ツール」で配置した画像の必要な部分に四角形を作る。(四角形の塗りと線の色はここでは無しに設定しとく。)

下の画像の様になりますよね。

クリッピング1発0

② ①で作成した四角形と配置した画像を選択し、[ オブジェクト ] メニューの[ クリッピングマスク ] をクリックし、 [ 作成 ] をクリックする。

もしくは、作成した四角形と配置した画像を選択した後に、右クリックで [ クリッピングマスクを作成 ]を  クリックしても同じ効果がえられます。

これが基本的なマスクの設定からのクリッピングマスクの方法です。

ここではさらに、非常に便利な機能、「たったの1クリックで配置した画像にマスクを設定する方法」をご紹介いたします。 まず、配置した画像を選択ツールで選択し、コントロールパネルに [ マスク ] を表示させます。

クリッピング1発

上の画像のように [ マスク ] をクリックします。

すると・・・

クリッピング1発.png2

これでマスクの設定は完了です。 見た目にはかなり分かりづらいと思いますが、この [ マスク ] を1クリックしただけで配置した画像と同じ大きさの透明な四角形が描画され、クリッピングマスクが設定されています。

ではここから通常と同じ様に、画像の不必要な部分を削っていきたいと思います。

先ほどの状態([ マスク ] を1クリックした)のままで、バウンディングボックスが表示されてるのを確認します。

そのマスクのバウンディングボックスのハンドルを、お好みの大きさになるようにドラッグします。

3クリッピング1発.png2

また、元の画像から、どのくらいの領域を削ったのかを知るには、ドラッグを一旦やめ、画像に選択ツールを

合わせると、上の画像の様に元の画像からどのくらい削ったのかが分かります。

 

 

 ショートカットでさらに速く

さらにショートカットを使った便利な機能をご紹介します。

先ほどは [ マスク ] ボタンをクリックして、マスクを設定させましたが、この他にもマスクを簡単に設定させる方法があります。

同じ様に配置した画像を選択した状態で、パソコンのキーボードの ctrl+7を押すだけでも同じ様にマスクを設定させる事ができます。

 

また、設定したマスクはバウンディングボックスのハンドルを使えば、回転させることも可能です。

また、画像を配置後に回転させている場合には、その図形がちょうど入るほどのマスクが設定されます。

 

 

 まとめ

① 画像を配置。

② コントロールパネルの [ マスク ] をクリック。

たったの1クリックでマスクを設定する事ができました。

 

なお、マスクしているオブジェクトとマスクされているオブジェクトの切り替えを行うには、コントロールパネルの切り替えボタンを使って切り替えます。

クリッピングマスク1発.png4

もしくは、メニューから [ オブジェクト ] メニューの [ クリッピングマスク ] をクリックし、マスクを編集から切り替える事も可能です。

 

いかがでしたでしょうか。 今回ご紹介させていただいた機能を使えば、作業効率のアップに繋がる事間違いなしです!

皆さんも、イラストレーターでの便利な機能を是非使ってみて下さい。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next ArticleWordPressでのWeb制作をおすすめする理由ーそのメリットは?