1

【初心者向け!】llustratorで吹き出しをデザインしてみよう


llustratorで何を作るにつけ、吹き出しを活用すると、

原稿がより豊かなビジュアルになりますね。

また、「ああ、ここでこんな吹き出しが使えれば!」なんてことも
多々あると思います。

 

そこで、ここでは、llustratorで吹き出しの作り方を紹介します。

作り方が簡単な順番で紹介します。

手書き風の吹き出し

ⅰ.ツールパネルの「ブラシツール」で好きなように描く

注:始点と終点は必ず結び、隙間を作らないこと

スクリーンショット (5)

 

手書きの画力に自信がない場合は、以下、図形を使う方法です。

 

○と△を組み合わせて、丸い吹き出し

ⅰ.ツールパネルの「楕円形ツール」を選択

※「長方形ツール」をワンクリックしたまま、ないし右クリックすると選択できます。

ⅱ.好きな形の楕円形を作る。

ⅲ.△は「ペンツール」で好きな角度で三点を結ぶのが簡単です。

ⅳ.○と△を重ね合わせて好きな形の吹き出しにする。

Ⅴ.○と△を両方選択し、○を上にした状態で、

「パスファインダー」より「合体」をクリックして出来上がり。

 

スターツールを変形させて叫びの吹き出し

スターツールで「星」を作り、ギザギザの数を増やしましょう。

ⅰ.ツールパネルの「スターツール」を選択。

ⅱ.ドラッグしてスターを配置し、そのままドラッグしている状態で
「上」キーを押して、好きなだけ突起をつくる。

ⅲ.突起の長さを調節して完成。
ドラッグした状態のまま、カーソルをドラッグすると
図形の外側にドラッグするほど突起は鋭くなり、
図形の内側にドラックするほど、突起は浅くなります。

ギザギザ吹き出しの作り方

 

均等にフワフワの吹き出し

ⅰ.ペンツールで吹き出しのフワフワ突起を一つ作る
あとで、突起の形を変えられるように、始点、中間点、終点の3点に
アンカーポイントをつくっておきます。

 

ⅱ.「回転ツール」で中心点を「Alt」キーを押しながら、吹き出しの中心に配置し、
回転ツールオプションパネルで、「45°」で「コピー」→「OK」をクリックして突起をもう一つ作ります。

 

ⅲ.そのままの状態で、「Ctrl」+「D」で突起の数を増やし、
吹き出しの形になるまで繰り返します。
※「Ctrl」+「D」=同じコマンドを繰り返すこちができます。

均等にふわふわ吹き出しの作り方

吹き出しを完成させるには・・・

Ⅴ.すべて選択をし、「オブジェクト」→「複合パス」→「作成」
この作業で、線と線で個々だった突起がつながって、一つの吹き出しになります。
ただし、この時点では、吹き出しは線をつないだだけで、
図形としては成立していません。

下記のような中身が空洞の図形です。
吹き出し未完

吹き出しの中身を埋めて、図形にするには・・・

ⅵ.吹き出しの中に楕円形をつくります。

ⅶ.吹き出しと楕円形を選択し、「パスファインダー」で合体させます。

吹き出し口の矢印と合体させ、フワフワ吹き出しを完成させる

ⅷ.吹き出しの矢印を、『丸い吹き出し』の手順と同じようにペンツールでつくる

ⅸ.吹き出しと矢印を選択し、「パスファインダー」で合体し、完成

均等にふわふわ吹き出しの作り方2

最後に

ポイントは「パスファインダー」で「合体」です。
これを使いこなせれば、吹き出しは容易に作れます。

吹き出し作成時に、初心者がよく悩むのは、
吹き出しの形(丸いフレームと吹き出し口の矢印)をどうやって作るかです。

パスの合体を使えば、即解決します。
吹き出し以外にも便利に使える、パスの合体は覚えておくと良いでしょう。

 注意

ペンツールで描画したものは基本、「線」なので、
線と線でつないだだけの形を「グループ化」しても図形になりません。

「複合パス」でまず、線と線を結び一つの形にまとめ、
その時点では枠ができたという状態です。
まだこの段階では、図形ができているように見えていても中は空洞です。

よって、複合パスで一つの形にしたものに、
図形ツールで作った図形と合体させることで、一つの図形にできます。

※パスで始点と終点を結んだものは、複合パスを作成しなくても、図形になります。

 

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next Articleイラストレーターでトレース作業をするときに気を付けたいことまとめ