creatersnest10

WordPress用のサーバーを選ぶときのポイントまとめ


こんにちは!
WordPress(ワードプレス)を始める場合は、サーバーが必要になります。
多くの方はレンタルサーバーを借りて運用をすると思いますので、
今回は、wordpress用のサーバーを選ぶときのポイントを15個にまとめましたので説明します。

PHP・MySQLは利用可能かどうか

phpmysql_logoWordPressはPHPで作られているCMSですから、
PHPとMySQLが利用可能なサーバーかどうかをチェックする必要があります。

 

PHP の処理速度が早いかどうか

PHPの処理速度は、サーバーのCPU・クロック数・コア数/スレッド数に依存します。
ですから、実際の処理速度を確認すればサーバーのスペックが把握できるます。

 

独自ドメインが使えるかどうか

独自ドメインとは、自分のアドレス、つまりURLを持つことが出来ます。
独自ドメインを持てば、サーバーの引越時でもURLを変わることがございません。

 

DBの数が多いかどうか

db

個人的には、このDBの数は重視しているところです。
複数のWordPressサイトを作るかどうかですが、
基本1サイトにつき1個のMySQLを使います。
つまり、利用可能なMySQLの個数=構築できるサイトの数ということになります。

 

サブドメインの数は適切かどうか

複数のサイトを構築する時や子サイトを構築する時に、
サブドメインの上限が多いほうがよいです。

 

メモリ容量が大きいかどうか

WordPress を置くレンタルサーバーのメモリ容量は、10GBは欲しいです。
どのくらいのサイトの規模を目指しているかにもよりますが、
月間数十万、数百万PVをめざすならば15GBは確保しておきたいところです。

 

データ転送量の上限が多いかどうか

データ転送量とは、ユーザーがサイトに訪問した時に、ブラウザにサーバーからダウンロード(転送)されたファイルのデータ量です。
ファイルの種類には、WEBに関するファイル・画像データ・動画データ等である。
動画データや画像データは転送量が多いので、注意が必要です。
一時的にも上限をオーバーすると大変スピードが低下します。

 

クイックインストール(自動インストール)はついているかどうか

初心者にとってここは大事なポイントです。
WordPressを手動でインストールをすることは可能ですが、
導入の時間やコストを考えると、クイックインストールは便利です。
特に、複数運用される方にはオススメです。

 

バックアップ体制はしっかりしているかどうか

support

これは正直、大変重要なポイントです。
レンタルサーバーで怖いのが、サーバー内のデータが消えたり、壊れたりしてしまうことです。
データベースに入ったユーザー情報や、蓄積してきた記事データが消去しては大変です。
FTPでダウンロードできたり、エクスポートできればベターです。

 

セキュリティは大丈夫かどうか

WordPressはメジャーである反面、その分狙われる可能性があることに注意です。
例えば、下記のような対策を講じているかどうか

  • 海外サイトからの侵入を防ぐ設定や海外でサイト作成をできなくする設定
  • 攻撃(不正なアクセス)を検知しブロックする

 

エラーを出しにくいサーバーかどうか

サーバーによっては、ソーシャルメディアからくる急激なアクセスに耐えられなくなる場合があります。
そのようなことが起きてしまうと、本来訪問するはずだったユーザーを逃がしてします可能性があります。
スペックのみならず、過去そういうエラーやトラブルが起きてない会社かどうかを事前にチェックするもの大事です。

 

支払い方法の選択肢が豊富かどうか

他のポイントに比べれば重要度が低いかもしれませんが、最初の取引がクレジットカード払いのみなのか、
他でも可能なのかによって安心度が変わってきます。
クレジットカード払いや銀行振込だけではなく、コンビニ払いや郵便振替も使えるサーバー会社もあります。

 

マニュアルはわかりやすかどうか

今までの経験上、初回導入した直後はマニュアルを見るケースは多いです。
画像での分かり易い説明になっているのかは重視するポイントです。

 

サポート体制はしっかりしているか

24時間体制で電話は対応してくれるのか、メールでの返信スピードが早いのかどうかは
大事なポイントです。
WordPressを利用していれば、不明点やトラブルが生じることは出てくるでしょう。
特に緊急時の体制がしっかりしているかどうかの確認が必要となります。

 

管理画面の使いやすさかどうか

初期利用時に、一目で認識できるインターフェイスであれば、次のアクションがスムーズになります。
もしこの点が不便であれば、場合によってはマニュアルを見ながら作業しなくてはならなくなるので、
管理画面の使い易さは大事ですね。

 

まとめ

いかがでしょうか。
様々な角度からサーバーを選ぶ基準があります。
上記のポイントを抑えて、快適なWordPressライフを送りましょう。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next Article【WordPress】無料で使えるシンプルなECサイトのテンプレート30選