creatersnest8

複数条件で絞り込み検索できるプラグイン「WP Custom Fields Search」が超便利!


こんにちは!
今回は、複数条件で絞り込み検索できるプラグイン「WP Custom Fields Search」をご紹介します。
キーワード検索、カテゴリー検索、タグ検索、カスタムフィールドの値からの絞り込み検索等を簡単に利用出来るようになるのが、「WP Custom Fields Search」です。
超便利です!

 

プラグインの特徴

この「WP Custom Fields Search」では、できることが3つあります。

  1. キーワード検索、カテゴリー検索、タグ検索を利用できる。
  2. 検索項目や検索条件を詳細にすることで、情報を検索しやすくなる
  3. 複数の検索条件で絞り込み検索を利用できる。

WP Custom Fields Search02

 

活用シーン

では具体的に、どのようなサイトに利用出来るのでしょうか。

  • 不動産サイト
  • 物販サイト
  • グルメ検索サイト
  • 乗り換え案内サイト

これらの特徴としまして、複数の条件を組み合わせて検索するサイトであることです。
また、組み合わせるだけでなくより詳細に絞る必要があるサイトです。

 

プラグインのインストール

  • 下記のURLにてダウンロードするか、

https://wordpress.org/plugins/custom-field-template/

  • メニューの中から「プラグイン」→「新規追加」→「WP Custom Fields Search」にてインストールして下さい。

プラグインのインストール方法は、下記のサイト様が参考になります。

http://design-plus1.com/tcd-w/2010/10/plugin-install.html

 

プラグインの日本語化

WP Custom Fields Searchを日本語化したい場合は、
日本語化ファイルを作って下さった方がいらっしゃいますので、日本語化ファイルをダウンロードします。
プラグインと同じディレクトリのある場所にアップロードして利用して下さい。

http://lovelog.eternal-tears.com/wordpress/wp-plugin-ja/wp-custom-fields-search/

 

使い方〜基本〜

管理画面→ 設定 → WP Custom Fields Search
の設定画面で設定します。

下記が日本語化した設定画面です。
初期画面は上図のような状態なので、「New Preset」をクリックして、新規の検索条件を追加します。

WP Custom Fields Search

検索タイトルには、任意のお好きな名前を入力します。
ラベル:ブログ上で表示される項目名を入力します。
データタイプ:検索する項目を指定します。
データフィールド:Data Type」にカスタムフィールドを指定した場合、フィールド名を入力します。
ウィジェット:検索条件の入力項目を指定します。
比較:検索条件を指定します。
数値:検索項目を数値で比較したい場合にチェックを入れます。
ウィジェットの設定:「Widget」に「Text Input」以外を指定した場合、表示される項目を設定します。
※検索項目が不要な場合、左下の「Remove Field」で削除が可能です。

 

使い方〜キーワード検索の入力例〜

絞り込み検索に「キーワード検索のテキストフィールド」を指定できます。

keyword

 

使い方〜カテゴリー検索の入力例〜

絞り込み検索に「カテゴリー」から検索条件を指定できます。

category

 

使い方〜タグ検索の入力例〜

絞り込み検索に「タグ」から検索条件を指定できます。

tag

 

検索エリアの設定方法

最後に、検索エリアの設定方法を説明致します。

code

赤枠欄にあるテンプレートコードとポストのためのタグを使います。
検索フォームを表示する箇所に記入します。
検索エリアの設定方法は3つありまして、

1)テンプレートへ追加の場合・・・テンプレートコードを埋め込みます。
2)投稿や固定ページ内に追加の場合・・・ポストのためのタグを貼付けます。
3)ウィジェットの場合・・・下図のようにウィジェットからも設定可能です。

wedget

 

まとめ

WP Custom Fields Searchは、検索機能を拡張できる優れものです。
しかもプログラミングのスキルがなくても簡単に導入できるのが特徴です。
ユーザーが記事の中から自分が探したい情報を見つけやすくなりますので、
ユーザアビリティ的にもよいのではないでしょうか。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next ArticleWordPressを複数人で管理するために知っておきたいこと