creatersnest9

WordPressを複数人で管理するために知っておきたいこと


こんにちは!

今回は、WordPressを複数人で管理するために知っておきたいことをご紹介します。
WordPressでは、アカウントを発行できるようになっておりますので、複数人で運用することが可能です。
トラブルなく円滑に複数人で運用するためには、いつか知っておいたほうがいいことがあるので、一つ一つ説明します。

各ユーザーに持たせる5段階の権限タイプの把握・設定

<1>5つの権限タイプを把握
管理者は、セキュリティ面を考慮して、ユーザーごとに適切な権限を設定する必要があります。
WordPressでは「管理者」「編集者」「投稿者」「寄稿者」「購読者」の5段階の権限が設定できます。

  • 管理者:WordPress の全ての操作が可能。
  • 編集者:コメントやリンクの管理などコンテンツに関する全ての操作が可能。
    【記事投稿、ページ作成、記事管理、ページ管理、アップロード管理、コメント管理、
    カテゴリー管理、リンク管理(追加、インポート)、プロフィール変更】
  • 投稿者:記事の投稿や編集、公開が可能。
    【記事投稿、記事管理、コメント管理、アップロード管理、プロフィール変更】
  • 寄稿者:記事の下書きと編集のみ可能。
    【記事投稿(公開権限なし)、記事管理(公開承認後は変更不可)、プロフィール変更】
  • 購読者:閲覧のみ可能。会員制サイトを作りたい時などに使う可能性がある。
    【プロフィール変更】

引用:WordPressCodex

5つの権限の把握がなぜ必要かと言いますと、運用方針を考慮せずにユーザー権限を設定して、
そのままユーザーにアカウントを配布してしまいますと、後々の権限変更が難しいからです。
この点、運用面について固めてから権限を持たせることをオススメします。
この部分が、複数人で管理する時の最も重要であることと私は考えます。

例えば、
複数人で記事を投稿して行くという使い方なら、ユーザーは【投稿者】に設定するのがいいです。
管理者が最終的に全ての投稿内容を把握した上で公開したい場合は【寄稿者】がいいでしょう。

 

<2>ユーザーの追加

一番多くの権限を持つ管理者が、各々のユーザーを追加していきます。

adduser

  1. ユーザー名(必須)
  2. メールアドレス(必須)
  3. 名前と性
  4. webサイト
  5.  パスワード
  6. 権限グループ

上記の項目を入力し終わりましたら、「新規ユーザーの追加」ボタンをクリックします。

 

記事ごとの執筆者プロフィール表示の設定

なぜこの設定が大切かと申し上げますと、
サイトに訪問してくれる読者は「この記事は誰が投稿した記事なのか!?」と知りたいところだと思います。
記事内容そのものも勿論大切ですが、投稿者の人となりが分かればサイト自身の信頼度に繋がります。

プロフィール表示を出来るようにしたのが、『Fancier Author Box』というプラグインです。
Fancier Author Boxプラグインとは投稿者情報を表示させるツールのことです。
設定方法は簡単です。
これも非常に簡単でインストールして有効化するだけで完了です。

profile

入れておきたいプラグイン

この項目では、複数人で運用する際に入れておきたいプラグインを幾つか簡単にご紹介します。

  • Category Limitation
    投稿するカテゴリーをユーザ単位で制限することができるプラグイン。
    ユーザごとに、書くテーマを分けれますので、役割分担で執筆する時に重宝しております。
  • Adminimize

Adminimize

ユーザロール毎に、管理画面に表示するボタンを制限できる。
ダッシュボードのトップページ、投稿画面などが調整可能です。
管理者のみにしか見れない管理画面を作るのに最適です。

まとめ

いかがでしょうか。
WordPress を使って、管理者、執筆担当者、サイトデザインの担当者等の複数の方で運用する場合は、
セキュリティ面を考慮して、担当者に個別に権限を設定することが大変重要です。
また、執筆担当者が複数いる場合は、執筆者の情報を表に出した方が、読者目線でみると案外必要だったりします。

 

 

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next Article【Illustrator】たったの1クリックで配置した画像にマスクを設定する方法