kodomo

【Illustrator】不透明マスクを使用して、グラデーションのマスクを作ってみよう


だんだん透けていくような画像を作りたいなと思ったことはありませんか?
不透明マスクを使えば徐々に透明になっていく画像を簡単に作ることができるんです。
Photoshopにあるグラデーションマスクの効果と同じですね。

今回は不透明マスクの使い方をお伝えしていきます。

 

不透明マスクの使い方

不透明マスクをかける操作は簡単です。まとめると・・・

①対象オブジェクトの上に塗りをグラデーションに設定したオブジェクトを描く
②【透明】パネルで【マスクを作成】する

なんと2ステップで終わってしまいます。
では実際に不透明マスクを使って地面に写っているような文字を作ってみましょう。

 

その1 不透明マスクを適用したい文字や画像を用意する

その1 不透明マスクを適用したい文字や画像を用意する

今回は文字をアウトライン化したものに不透明マスクをかけていきます。
マスクをかけたいオブジェクトは単体だけでなく複数選ぶことも出来ますし、
レイヤー全体を指定することも出来ます。

 

その2 画像の上に塗りに白黒のグラデーションをかける

その2 画像の上に塗りに白黒のグラデーションをかける

不透明マスクをかけたいオブジェクトを、
グラデーションで塗りを指定したオブジェクトで覆います。
白の部分は不透明度0%、黒の部分は不透明度100%で表示されるので
透明にしたい部分ほど、黒のグラデーションを強くしておきます。

 

その3 マスクを作成するMASK5

 

不透明マスクをかけたいオブジェクトと
グラデーションで塗りを指定したオブジェクトの2つを選択した状態で
【透明】→【不透明マスクを作成】を選択しすると完成です。
【透明】パネルの【マスクを作成】ボタンを押すことでも作成することが出来ます。

 

不透明マスクの使い方

これで完成です。背景に段々同化していくような影が表現できたでしょうか?
すこし思ったものと違う仕上がりだと思ったときはオブジェクトを編集して修正していきます。

 

 透明パネルの使い方

 

透明パネルの使い方

透明パネルは不透明マスクを編集するときモードの切り替えや編集作業を簡単にしてくれます。

左の【マスクされたオブジェクトのサムネイル】を選択すれば通常の編集が可能になります。
右の【マスクオブジェクトのサムネイル】を選択すれば不透明マスクの編集モードになります。

サムネイルの右側には【マスクの解除と作成を行う】ボタンが配置されています。

【クリップ】にチェックをいれるとクリッピングマスクのように
マスクオブジェクトの範囲からはみ出ている部分を非表示にすることができます。

【マスクを反転】にチェックをいれると
マスクオブジェクトのグラデーションをワンクリックで反転させることが出来ます。

主に使う機能はここまでです。次は実際にオブジェクトを調整する方法を紹介していきます。

 

不透明マスクをかけたオブジェクトを調整する方法

不透明マスクの利点はマスクで覆っているだけなので
それぞれの画像は元のままのデータで残っているためあとで編集することが出来ることです。
オブジェクトを編集する時は【透明】パネルを使って作業を進めていきます。

 

不透明マスクの範囲や形を変えたい

不透明マスクの範囲や形を変えたい

 

【透明】パネルをのマスクオブジェクトのサムネイルを選択した状態にしておくと
簡単に不透明マスクの大きさやパターンを変更することが出来ます。

 

マスクをかけたオブジェクトを修正したい

マスクをかけたオブジェクトを修正したい

不透明マスクをかけたオブジェクトは【透明】パネル内で左のサムネイルを選択した状態で
右クリックの【選択オブジェクト編集モード】を選ぶことで編集できます。
また【不透明マスクを解除】を選択してもそれぞれのオブジェクトを編集することが出来ます。

 

重ねてマスクを追加したい

重ねてマスクを追加したい

マスクをかけた部分に更に重ねてマスクをかけたい場合は
【透明】パネルのマスクオブジェクトを選択した状態で
グラデーションを塗りに設定したオブジェクトを作れば追加することが出来ます。

 

不透明マスクが出来上がったので他のオブジェクトを編集したい

不透明マスクが出来上がったので他のオブジェクトを編集したい

【透明】パネルにある右のサムネイル(マスクをかけたオブジェクト)を選択した状態にすれば
他のオブジェクトも編集することが出来るようになります。

よくあるトラブルの一例に
【不透明マスクを作成したらレイヤーの編集が出来なくなった】というものがありますが、
【透明】パネルのマスクオブジェクト編集モードのままだっただけ、ということがありますので
確認して見てくださいね。

 

いかがでしたか?

不透明マスクは元の画像を加工しないで色々な効果が得られる機能です。
記事冒頭の画像も2つのオブジェクトをコピーして反転した部分に、それぞれ不透明マスクをかけて文字を配置したものです。
不透明マスクの機能が使えるだけで複雑な操作を加えたような作品も作ることが出来ますね。

簡単な操作で作品の表現が広がるので是非活用して見てください。

 

 

 

 

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


趣味はDIYやハンドメイド。興味引かれたものは分野を問わずチャレンジしています。

Next Article【デザイナー向け】Illustratorでのロゴ製作にぜひ使いたいチュートリアル集