自由自在に選択範囲の作成ができるクイックマスク機能を使ってみよう

自由自在に選択範囲の作成ができるクイックマスク機能を使ってみよう


「選択範囲」の作成は画像の加工や合成をする際に頻度の高い作業ですが
どのような方法で作成されていますか?
選択範囲を作成できるツールは複数ありますが、自由度の高い選択範囲
作成ツールとして「クイックマスク」機能をご紹介します。

クイックマスクで作る選択範囲

選択範囲の作成というと、選択する範囲を輪郭(境界)線で囲う作業と
いうイメージの方も多いのですが、人間や自然物のパーツなど、くっきり
とした輪郭線を引くことが難しい場合や、ぼんやりと曖昧な方が自然な
場合もあります。
クイックマスク機能での選択範囲の作成は「線で囲う」ことが難しい
場面や手書きのものをそのまま選択範囲にする際にとても有用です。
またドット一つから選択範囲にできますので微細な部分や他の選択ツール
で作成した範囲の調整にも役立ちます。

クイックマスク機能の特徴

クイックマスクでの境界線の作成の特徴はブラシでペイントする感覚
(フリーハンド)で行えて、消しゴムで消す感覚で範囲を調整でき、
また選択範囲の用途により、範囲内で不透明度を変えたり、ぼかしたり
することが出来ます。

選択範囲作成の基本手順

手順:
1.クイックマスクモードで編集します。
ツールボックス下部の[クイックマスクモードで編集]ボタンをクリック
するかメニューバーの[レイヤー]→[クイックマスクモードで編集]で
クイックマスクを使用できます。
初期設定では「マスク範囲に色を付ける」設定になっていますので、
[クイックマスクモードで編集]ボタンをダブルクリックし、
「選択範囲に色を付ける」に切り替えるとペイントした範囲=選択範囲
となり分かりやすいです。

 

クイックマスクモード

2.ツールボックスのブラシをクリックします。
選択範囲にしたい箇所を「黒」で、範囲から取り消したい箇所を「白」
で塗りつぶします。黒でペイントした箇所は半透明の赤で表示されます。

3.[クイックマスクモードで編集]ボタンを再度クリックして外し、
[画像描画モードで編集]に切り替えると黒でペイントした箇所が選択
範囲になります。

クイックマスクモードで選択範囲を作成

応用(1)選択範囲を調整する

自動選択ツールなどでおおまかに選択した範囲の微調整を行うことが
出来ます。

手順:
1.自動選択ツールなどで大まかに選択範囲を作成します。
(クイック選択ツール、なげなわツールなど用途や形状に合わせた
ツールでOKです)
2.ツールボックスの[クイックマスクモードで編集]ボタンをダブル
クリックし、「選択範囲に色を付ける」にチェックを入れ[OK]をクリック
します。
3.大まかに選択していた範囲が赤く表示されます。
ツールボックスのブラシをクリックし、選択範囲に追加したい部分を黒、
消したい部分を白で塗り範囲を調整します。
4.[クイックマスクモードで編集]ボタンを再度クリックして外すと
調整した選択範囲が表示されます。

 

クイックマスクモードで選択範囲を微調整する

応用(2)選択範囲をぼかす

ぼかしツールやぼかしフィルターを使って選択範囲の境界線をにじ
ませたり、範囲を曖昧にぼかしたりすることが出来ます。

手順:
1.自動選択ツールなどでにじませたい、またはぼかしたい箇所を含む
範囲を選択範囲にします。
(クイック選択ツールなど用途や形状に合わせたツールでOKです)
2.ツールボックスの[クイックマスクモードで編集]ボタンをダブル
クリックし、「選択範囲に色を付ける」にチェックを入れ[OK]をクリック
すると選択した範囲が赤く表示されます。
3.【境界線など範囲の一部をにじませたいとき】はツールボックスの
ぼかしをクリックし、任意の箇所をドラッグします。
【選択した箇所全体をぼかしたいとき】は[フィルター]→[ぼかし]→
[ぼかし(ガウス)]でぼかします。
4.[クイックマスクモードで編集]ボタンを再度クリックして外すと
ぼかし(にじみ)加工した選択範囲が表示されます。

選択範囲をぼかす

応用(3)選択範囲を半透明にする

クイックマスク機能で選択範囲を作成する際のブラシは不透明度を
変えることが出来ます。ブラシでペイントする際の不透明度を調整
したり、グレーでペイントした箇所は半透明となり、選択範囲の
背景を透過させることが出来ます。

手順:
1.ツールボックスの[クイックマスクモードで編集]ボタンをダブル
クリックし、「選択範囲に色を付ける」にチェックを入れ[OK]をクリック
します。
2.ツールボックスのブラシツールを使い、黒で塗りつぶした範囲が赤く
表示され、選択範囲となります。
オプションバーの不透明度を調整するとブラシでの塗りつぶし内容が
半透明となります。
3.[クイックマスクモードで編集]ボタンを再度クリックして外すと
半透明で背景が透過する選択範囲が表示されます。

選択範囲を半透明にする

まとめ

いかがでしたか?
クイックマスク機能を使用すると複雑な選択範囲もペイント感覚での
作業なので行いやすく、分かり易いですよね。
選択範囲はそのままレイヤーやパスにできますので加工や合成にも
どんどん活用してくださいね!

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next ArticlePhtooshopで綺麗な水滴をデザインする方法