Photoshopでお気に入りのカットを動画から静止画で取り込む方法

Photoshopでお気に入りのカットを動画から静止画で取り込む方法


イメージの編集素材には主に写真やイラストを用いますが、躍動的な場面では自然な動きをなかなか写真で捉えきれなかったり、動画の一連の動きからシーンを選べたら・・と思うことがありませんか?
Photoshopを使って、「動画」に収めた場面のワンシーンを「静止画」として取り込む方法をご紹介します。

動画を連続した画像として取り込む

画像などを開くときと同様に動画ファイルをメニューバーの[ファイル]から
読み込むと動画をパラパラ漫画のように画像がたくさん重なった
レイヤーとして取り込むことが出来ます。

[ビデオをレイヤーに読み込み] による取り込み

動画の全シーン(または区切ったワンシーン)をレイヤーとして取り込み、
静止画化したいシーンをレイヤーとして表示すれば、そのまま加工も
出来、JPEGやGIFなどの画像形式で保存することが出来ます。


手順:
1.[ファイル]→[読み込み]→[ビデオフレームからレイヤー]で[開く]ダイアログ
を起動します。

ビデオフレームからレイヤーによる取り込み

2.[読み込む範囲]を任意で選択します。
[最初から最後まで]を選択した場合、動画の長さによっては膨大な
レイヤー数になるので取り込む動画によって[選択した範囲のみ]で
範囲を指定するか、頻度制限で作成する枚数を減らすこともできます。

動画を開く際のダイアログ
3.読み込みを行うと「レイヤー1」が表示されたウィンドウが表示
されます。[ウィンドウ]でレイヤーパネルを表示し、静止画にしたい
レイヤーを表示します。
(最初のカット以外が非表示になっていますので、レイヤーを表示に
切り替えます)
表示したカットはレイヤーとして扱うことが出来ます。

Photoshopへの動画読み込み例
●違うカットも静止画にしたいときは・・・
動画は取り込みを行った場面であれば、レイヤー化されていますので、
レイヤーパネルで非表示から表示に切り替えればどのカットでもレイヤー
として扱うことが出来ます。
(扱いたいレイヤーの重ね順を表示レイヤーの中で最上層(最前面)
にして編集してください)

動画から複数の静止画を取り込む

動画編集機能を使ってトリミング

Photoshopのビデオ編集機能を使って動画のシーンを静止画
にすることもできます。

ビデオレイヤーのトリミング開始点を静止画に

ワークスペースを[モーション]に切り替え、動画を読み込んだ際に
作成されるビデオレイヤーに表示される場面はレイヤーとして扱う
ことが出来ます。動画のプレビューを見ながら静止画にする場面が
選べます。

手順: 
1.オプションバーのワークスペースプルダウンを使って、ワークスペースを
[モーション]に切り替えます。
ワークスペースをモーションにすると画面の下部に[タイムライン]ダイアログ
が起動します。

ワークスペースをモーションに

2.[タイムライン]ダイアログでビデオアイコンをクリックし、
[メディアを追加]で取り込みたいカットを含んだ動画を読み込みます。
(タイムライン上に動画ファイルをドラッグしても同様に読み込む
ことができます)
動画を読み込んでから、レイヤーパネルを見ると「ビデオグループ1」という
グループレイヤーが作成され、その中に取り込んだ動画がレイヤーとして
入っています。

タイムラインに動画ファイルを配置

3.[タイムライン]に動画が配置されたら、動画の先頭部分にカーソルを
当て、カーソルの形状が変わったら右に動かし、タイムラインの上部に
起動するプレビューを確認しながら静止画にしたいシーンまで進めます。

 

静止画にするシーンを選ぶ

4.カーソルを止めると、画面に表示されているレイヤーが動画の一時停止
画面になっており、そのままレイヤーとして扱うことが出来ます。
ただし、ビデオレイヤーは動画の情報を保持していますので、純粋に画像
として扱う場合はビデオレイヤーをラスタライズすればラスター画像の
レイヤーと同様に扱うことが出来ます。
(複数カットを静止画にしたい場合は、全カットを取り込んでから
ラスタライズしてください)

タイムラインのカーソルを止めた状態

 

●複数カットを静止画にしたいときは・・・
一枚の静止画を作成する際と同じ手順で、動画編集機能を使い、
タイムライン上のカーソルを静止画にしたい箇所まで各々動かします。
[ウインドウ]でヒストリーパネルを開き、ヒストリーで「クリップの
トリミング開始点」となっている箇所がカーソルを停止した位置に
なっていますのでそれぞれの位置でスナップショットを作成すれば
ヒストリーに残っているカーソルの停止位置すべてを画像として表示
することが出来ます。

ヒストリーのスナップショットから静止画作成

 

スナップショットの作成:
ヒストリーパネルで作成したい項目をクリックしてアクティブにし、
パネル下部の「新規スナップショットを作成」ボタンをクリックすれば
作成できます。

まとめ

いかがでしたか?
写真の連写ではなかなか捉えられなかった場面も簡単に静止画にでき
ますね。簡単ですので、カット数が複数でも直ぐにできるのも嬉しい
ところ。動画ならではの躍動感を活かして面白い画像を作りたいですね。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next ArticleIllustratorでぼかしを表現する方法