affas

【Photoshop】クリッピングマスク・レイヤーマスク・ベクトルマスクの違いと使い方


Photoshopには、クリッピングマスク・レイヤーマスク・ベクトルマスクという、「マスク」という機能があります。
このマスク機能を使い分けることによって、より効率的にデザインをすることが可能です。
マスク機能を使いこなせるようになると、後から修正する場合も楽になりますので、是非マスターしましょう!

クリッピングマスク

クリッピングマスクは、切り抜きをしたいレイヤーのすぐ下にあるレイヤーの形に切り抜くことができます。
切り抜きは、文字でも図形でも手書きの図形でも可能です。
簡単に出来ますが、レイヤーは2枚になるので選択や移動をする際には注意が必要です。

01.切り抜く型を作ります(文字でも図形でも手書きの図形でも可)

例として、文字で切り抜いてみます。文字ツールで文字を書きます。

文字切り抜き用

02.切り抜きしたい画像を01で作ったレイヤーの上に配置します

必ず画像が上にあることを確認します。

レイヤーの順序

03.切り抜きしたい画像のレイヤー上で右クリック→「クリッピングマスクを作成」を選択します

クリッピングマスクの設定

04.これで完成です

クリッピングマスクの完成

レイヤーが分かれているため、文字を変更しても画像は文字の形に切り抜かれます。
移動をする場合は、2つのレイヤーを選択して移動させます。
バナーなど大枠をシェイプで作ってクリッピングマスクを作成する場合、
2重にクリッピングマスクを作成することはできませんので、注意が必要です。
クリッピングマスクを作成できない場合は、以下の「レイヤーマスク」または「ベクトルマスク」を使用しましょう。

レイヤーマスク

選択範囲からマスクを作成します。
切り抜きは、ラスタライズされたレイヤーのみ可能です。
ブラシなどでマスクの形やサイズを変更できるため、細かい微調整をしたい場合におすすめですが、
一度決めた後の修正は面倒かもしれません。

01.切り抜きしたい画像を選択し、選択範囲をとります

選択範囲を作成

02.レイヤーウインドウの下にある「レイヤーマスクを追加」ボタンを押します

レイヤーマスクを追加

03.これで完成です

レイヤーマスク完成

修正をする場合

まず、レイヤーマスクのリンクを外し、レイヤーマスクのサムネイル部分をクリックして作業をします。

リンクをはずす
レイヤーマスクを選択した状態で、白色のブラシで書くと選択範囲が追加されます。

白色ブラシ

 

反対に、黒色のブラシで書くと選択範囲が減少します。

黒色ブラシ

ブラシの種類は問いませんので、特別なブラシで切り抜くことも可能です。
ただし、選択範囲がラスタライズされたレイヤーになるので、拡大縮小による画像解像度の変更には
注意が必要です。

ベクトルマスク

レイヤーマスクとは異なり、シェイプやパスの図形で切り抜くことが可能です。
画像の切り抜きなどで、元画像を残しておきたい場合におすすめです。
後から切り抜いたパスの変更も簡単にできます。

01.切り抜きしたいパスまたはシェイプを作ります

例として、花のみを切り抜きますので、花の形にパスを作ります。

パスの作成

02.パスレイヤーのマスクをドラッグアンドドロップで切り抜きたい画像に移動します

マスクをドラッグアンドドロップで移動

03.これで完成です

ベクトルマスクの完成

花のみきれいに切り抜くことができました。
レイヤーは1つなので移動やサイズ変更は簡単にできます。
修正するときは、パスの修正と同様です。

まとめ

3種類のマスクを紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。
クリッピングマスクだけではなく、レイヤーマスクやベクトルマスクを併用して、
思い通りのデザインをしていきましょう。

マスク機能の一番のメリットは、元画像を残したまま切り抜きができるという点です。
修正や編集がしやすいように作成することで、作業の効率化を図れます。

場合によってしっかり使い分けができるようになりましょう。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next Article【Photoshop】これでわかる!グラデーションかけかた&応用テクニック