creatersnest

【画像軽量化で表示速度UP】JPEGファイルの圧縮ツール『JPEGmini』の使い方


JPEG画像を扱う上で、ファイル容量に苦悩している方も多いかと思います。
画質を下げてみても思ったほどファイル容量は減らず、
満足する容量まで減らすと今度は画質悪くなりすぎる、
そのような経験を筆者も何度も経験したものです。
JPEG画像のファイル容量の悩みを解消してくれるツールがあります。JPEGminiです。
今回はJPEGminiをご紹介します。

JPEGminiのインストール

まずは、JPEGminiをインストールしましょう。
公式サイト(http://www.jpegmini.com/)にアクセスします。

jpegmini
トップページの上方にある「TRY IT NOW」ボタンをクリックしてください。
インストーラーがダウンロードされます。

なお、基本的にJPEGminiは有料のソフトウェアです。
ただし今回はトライアル版をインストールします。
トライアル版での制約は、1日に20枚しか扱えないという点のみです。
有料版とほぼ同じように使えます。

インストーラーを起動したら、「インストール」ボタンをクリックしてください。
JPEGminiのインストールが実行されますので、しばらく待ちます。

 

jpegmini_install

インストールが完了するとJPEGminiが起動しますが、
初回起動時には規約への同意を求める画面が表示されますので、
「I agree to the…」にチェックを入れ、「ACCEPT」ボタンをクリックしてください。

 

jpegmini_install02

アクティベーションコードを入力するかトライアル版として利用するかを聞かれます。
「Use JPEGmini free version」を選択して「CONTINUE」ボタンをクリックしてください。

 

jpegmini_install03

これで初回起動時の設定は完了です。

 

JPEGminiの使い方

インストールと初回設定が完了したところで、早速JPEGminiを使ってみましょう。
使い方は簡単です。まずはエクスプローラー(Win)やFinder(Mac)を開きます。

 

windows_explorer

圧縮したファイルが格納されているフォルダーを開いてください。
なお、今回は、こちらのビルの写真を圧縮してみます。
下記のフルサイズの写真を適当なフォルダーにダウンロードしてください。
(4672 x 3104px、10.6MBという巨大サイズです。)

 

sample photo

JPEGminiにJPEG画像を圧縮してもらう手順は単純です。
圧縮した画像をJPEGminiの画面上にドラッグ・アンド・ドロップしてください。
それだけです。
もし「Note: Photos will be replaced」というアラートが出た場合は、
「Continue」ボタンをクリックしてください。

 

drag_and_drop

画像の圧縮処理が実行され、その結果として5.87MBも圧縮されたようです。
画面下部では圧縮率が2.2倍と表示されています。
なお、圧縮された画像は、自動で元の画像を上書きする形で保存されているので、ご確認ください。

 

jpegmini_result

ファイル容量は大幅に削減できたにも関わらず、
画質は、さほど落ちていないかと思います。

 

詳細設定

元の画像が上書きされてしまうのが嫌な場合、
圧縮後の画像を別のフォルダーに保存することも可能です。
その設定は、詳細設定の画面で行います。
画面左下にある「Optimize Originals」と書かれたボタンをクリックしてください。

options_01
詳細設定の画面が表示されます。
「Select Operation Mode」の設定で「Export to Folder」を選択し、
圧縮後の画像を保存したいフォルダーを設定してください。

options_02

また、「Resize Photos」にチェックを入れると、
画像の圧縮に加えて画像サイズの縮小も行なってくれます。
Small・Medium・Largeというデフォルト設定3種の他、
自分で幅や高さを指定することも可能です。

options_03

おわりに

今回は手軽にJPEG画像のファイル容量を圧縮できる
JEPGminiというツールをご紹介しました。
実際に使ってみると、画質を保ったまま、
ファイル容量を削減できることに感動を覚えます。
このソフトウェアを気に入られた方は、有料版、もしくは、
さらに高機能なPro版の導入をご検討されると良いでしょう。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next Articleどのブラウザでもキレイに文字を表示するfont-familyの指定方法とは?