burasi01

Photoshopで女性の肌をキレイに見せるテクニックまとめ


こんにちは。グラフィックデザイナーのangeです。

今回は、写真や広告などで女性の画像を使用する際に肌をキレイに見せるために、画像を加工したりのにするテクニックで、芸能人の広告やCDのジャケットなどでも使用したりするテクニックを紹介したいと思います。

広告では女性の画像を使う頻度が高いテクニックとなりますので、プロを目指す方は必ず習得していきましょう。

 

1.ぼかし

bokasi01

一番スタンダードな修正方法です。肌のシミやしわをぼかして目立たなくします。しかし、やり過ぎると肌感が潰されて違和感が出てしまいますので、やり過ぎには注意が必要です。

今回は2種類のぼかしのテクニックをご紹介します。

 

ぼかしテクニック その1

①元画像をコピーし顔の部分をなげなわツールで囲みコピーします。

スクリーンショット 2015-08-04 12.18.45

 

スクリーンショット 2015-08-04 12.20.08

 

②「顔のコピー」レイヤーに対しぼかしフィルターをかけます。

ぼかし(ガウス)の半径1.0pixelを指定しています。

スクリーンショット 2015-08-04 13.18.13

 

 

③目鼻や口の部分を消しゴムツールで消していきます。

ぼかしを掛けたいのは肌の部分のみになりますので、目鼻や口の部分は除いていきます。

スクリーンショット 2015-08-04 13.22.08

 

④出来上がり

bokasi02

拡大

bokasi03

 

ぼかしテクニック その2

①元画像をコピーし顔の部分に対して直接「ぼかしツール」でなぞっていきます。

スクリーンショット 2015-08-04 14.00.46

ブラシの強さは20%にしました。
ブラシの形状はこのような感じです。

スクリーンショット 2015-08-04 13.50.40

 

②出来上がり

bokasi05

拡大

bokasi06

 

2.スポット修復ブラシ

Photoshopの機能でとっても優秀なブラシ。さっと塗って周りの肌に同化させて修正してしまう魔法のようなブラシです。初心者でも使いやすくプロのような仕上がりが期待できます。

スクリーンショット 2015-08-04 15.33.39

ほくろやシミに塗るだけです。

bokasi07

 

3.修復ブラシ

こちらもPhotoshopの機能で修正には欠かせないツールになります。
コピー元の画像を記憶して、修正したい箇所に塗っていくことで修正できるブラシで、ブラシを使って塗っていくようなカタチとなります。細かな修正にもかなり活躍するブラシになります。

使い方も簡単で、初心者の方もすぐに使いこなせる様になります。

スクリーンショット 2015-08-04 16.13.26

bokasi09

 

4.パッチツール

修復ブラシと同じような性質のツールです。修正したい箇所に画像を宛てて同化させててしまうスグレモノです。修復ブラシと似ているような感じですね。
使い方は初心者さんでもすぐに使えてしまうほど簡単です。

スクリーンショット 2015-08-04 15.49.13

bokasi08

 

5.混合ブラシツール

強い肌の質感を抑えて、肌をやわらかな印象に変える混合ブラシツールは、ブラシでなぞることで描画色や画像の色を混ぜることができるツールです。

ポイントはボケ味の強いブラシを使うこと。
質感を抑えたい部分を繰り返しなぞるように使用します。

スクリーンショット 2015-08-04 20.01.02

burasi01

 

6.ハイパスフィルタ

しみ、そばかす、シワも肌の質感も一気に修正してしまうとっても便利なフィルタをご紹介します。

 

①元画像をコピーした方の画像に対して描画モードを「ビビッドライト」に変更します。

スクリーンショット 2015-08-04 20.46.54

 

②そして、同じレイヤーに対して「階調の反転」→「ぼかし(ガウス)」フィルタを掛けます。

スクリーンショット 2015-08-04 20.48.02

 

③同じレイヤーに対して、ハイパスフィルターを掛けます。

灰色になったときはちょっと心配になりますが、ぼかしをかけるとほら様になってきました。
完成まであと少しです。

スクリーンショット 2015-08-04 20.50.09

 

③次にまた同じレイヤーに対してマスクを掛けます。

スクリーンショット 2015-08-04 20.52.28

 

④マスクに黒色のブラシで目鼻口を塗りつぶしていくと、完成になります。

ほくろもしみもしわも、一発でキレイになっちゃいました。

baipasu

 

7.ダスト&スクラッチ

肌の質感を残したようなボケ味がちょうどいいフィルタです。
こちらもぼかしの時と同じように、目鼻や口はフィルタを掛けず、肌の部分だけにフィルタをかけていきましょう。

スクリーンショット 2015-08-04 16.37.21

 

つるんとした仕上がりではないですが、肌の質感を出しつつシミが消え肌が均一になっているのが分かります。

dust01

 

8.肌の色を変える(トーンカーブ)

肌をキレイに見せるテクニックはレタッチだけはありません。色味を変えることで肌を綺麗に見せることもできます。

①色域設定を使用して肌の部分を選択していき、クイックマスクモードに変更して選択範囲をブラシで修正していきます。

スクリーンショット 2015-08-04 23.30.51

 

②クイックマスクモードを解除して、調整レイヤーの「トーンカーブ」で肌の色を調整します。

スクリーンショット 2015-08-05 0.09.08スクリーンショット 2015-08-05 0.23.04

今回は素材の女性の肌の色が白すぎたので、これ以上美白には出来ませんでしたが、黃味が強かったり赤味が強かったりした時の補正にも役立ちます。

 

まとめ

どのテクニックも難しいものはないので、初心者さんにもすぐに実践で使えるものばかりです。仕上がりには多少差がありますので、用途によって使い分けましょう。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


ange

フリーランスでグラフィックデザイナーをしています。 ゲームキャラクターデザイナーを経てWEBデザイナーに転身。DTPデザインなど幅広く活躍しています。 http://studio-colorz.com/

Next Articleシンプルなサイトに合いそうな細字フォントまとめ