creatersnest

【入門】HTML5を一から学びたい人向けのおすすめ本10選


「html5ってなんだかすごいんでしょ?」
みなさんも一度はこのような言葉を聞かれた経験ありませんか?
筆者もhtml5が発表されて話題になった当時、
クライアントから質問されたことがあります。

 

今回はそんなhtml5についてこれから勉強したい人向けのおすすめ本を
紹介したいと思います!

スラスラわかるHTML&CSSのきほん

サンプル

画像出典:Amazon

未経験者がゼロから学ぶ超入門書です。
サイトをゼロから作成し、
公開までの一通りの作業を行いながら勉強することができます。

HTML5+CSS3の新しい教科書

サンプル

画像出典:Amazon

インターネットとwebサイトの仕組みから始まっているので、
web制作初心者向けの1冊です。
ネット学習のサイトと併用するとより実践的な知識が付くこと間違いなしです。

HTML5&CSS3レッスンブック

サンプル

画像出典:Amazon

専門用語をあまり使用せず画像などの解説もあり、
手順がしっかりとステップバイステップで解説してくれているので、
一度htmlに挫折した人でもおすすめです!

入門 HTML5

サンプル

画像出典:Amazon

web関係者なら一度はお世話になったことのあるオライリーのhtml5入門本です。
html5とはこういうものだ!を理解するのに適した1冊になっています。

よくわかるHTML5+CSS3の教科書

サンプル

画像出典:Amazon

これから新しくhtmlとcssを学ぶ人向けの初歩的な内容となっています。
htmlとcssを同時進行で学ぶことができるので、
前半からブラウザでの表示結果などを確認しながら学習することができます。

HTML演習 HTML5対応版

サンプル

画像出典:Amazon

Webサイト構築に必須の知識である
HTML、 CSS、 JavaScriptの基礎中の基礎が学べる1冊です。
演習形式になっており、各節ごとに確認問題が設置されているため、
自分が理解できたかを確かめながら学習することができます。

作りながら学ぶ HTML/CSSデザインの教科書

サンプル

画像出典:Amazon

タイトルはhtmlとなっていますが、
きちんとhtml5にもフォーカスを当てています。
サンプルサイトも可愛いので、
勉強しながらお洒落で可愛いサイトを作ってみたい人にはおすすめです!

HTML5&CSS3デザインブック

サンプル

画像出典:Amazon

HTML5とCSS3のフォーマットを前提とした、
スマホとタブレットにほぼ完全に対応した、
レスポンシブデザインを本格的に学ぶことができます。
あくまでレスポンシブルデザインに特化した本になっているので、
ある程度知識をつけてレスポンシブデザインを勉強したい人向けの1冊です。

HTML5 開発ポケットリファレンス

サンプル

画像出典:Amazon

ロングセラーシリーズのポケットリファレンス、
筆者もhtml勉強初期段階でお世話になった記憶があります。
htmlの知識はあるけど、html5については知らないって人向けの内容になっています。

徹底解説HTML5マークアップガイドブック

サンプル

画像出典:Amazon

html5の中でもマークアップに的を絞った内容になっています。
出版時点での、全要素・全属性について解説されており、
各タグについて使い方はもちろん、正しいマークアップ、
間違ったマークアップの例も記載されています。

 

 

まとめ

如何だったでしょうか?
以前はhtml以外のプログラム言語や、画像を使ってしか表現できなかったことが
比較的簡単に表現することができるようになりました。
何ができて何ができないのか、
どの言語で作成するのがベストなのかを考えながら、
webサイトを作成していけるといいですね!

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next Articleフラットデザインでテキストをかっこよく見せるCSSテクニックまとめ