creatersnest

これから注目されるであろうGoogle Web Designerでできることまとめ


皆さん、広告の制作はどのようにして、作成していますか?

広告を制作する際には、画像や文字列の配置など、

また、アニメーションさせる際も、書いては修正、書いては修正、アニメーションによってはすごく複雑で、微調整が困難な物を開発する場合もありますし、

実際にフォーム状のものを作成し、チェックボックスを入れてボタンを押して貰うような広告を制作する際、全てコーディングを行い、微調整を行っていかなければなりません。

更に、これらの動作を確認する際に複数ブラウザで確認、微調整が必要など・・・
大変なことが沢山あります。

そこで、今回はそのような作業をマウスで簡単に操作、制作が出来る、
今後注目されるであろうGoogle製のフリーで利用可能な、広告制作ツール「Google Web Designer」をご紹介します。

Google Web Designer とは?

Google Web Designerとは、HTML5を使用した広告、更にアニメーションなど、直感的に、マウス操作で簡単に、更に難しい物も効率的に作成出来る、フリーのオーサリングツールです。

また、Googleのヘルプページでは、

HTML5 で構築された高度なウェブ アプリケーションで、視覚的なコーディング インターフェースを使用して、HTML5 広告をはじめとするさまざまなウェブ コンテンツをデザイン、作成できます。デザイン ビューで描画ツール、テキスト、3D オブジェクトを使ってコンテンツを作成し、タイムラインでオブジェクトをアニメーション化できます。コンテンツの作成が完了したら、人間が解読可能な HTML5、CSS3、JavaScript を出力できます。

と表記されています。

Google Web Designer を使用することにより、HTML5やCSS3、アニメーションを使用する場合はJavaScriptなど、専門的な知識、コーディングスキルなどを持たなくても様々な物を作成することが出来ます。

更には様々なテンプレートがあり、本格的な物まで簡単に作成出来てしまいます。

また、このツールは日本語に対応しているため、メッセージなども読みやすいですし、
操作方法などもちゃんと説明されていたり、そもそも直感的に操作出来たりと、とても使用しやすいため、身に付けるまでそこまで期間を要さないと思います。

Google Web Designer ではどのようなものが作成出来るのか?

Google Web Designerを使用することにより、
バナー、広告、アニメーションなど、様々な物がこれ一つで、作成出来ます。
画像の取り込み、ウェブフォントの使用、SVG画像の使用、タイムラインアニメーション、グラデーションや、更には3Dツールなどなど、便利機能が大量に用意されています。

これらの機能を使用して、バナー広告やエキスパンド広告、インタースティシャル広告、モバイル広告、アニメーションなどを作成出来ます。

使用方法は、「Google Web Designer ヘルプセンター」にて、詳細に使い方が丁寧に説明されており、非常に分かりやすく書かれています。

Google Web Designerにはどのような機能があるのか?

実際に作成した物をワンクリックでHTML5/CSS3、JavaScriptのコードへ、全て変換可能です。

更に、出力されたHTML、CSS、JSファイルは編集が可能で、コードを修正し、ウェブデザイナでは作成出来ないような複雑な物などを付け足すなども可能です。
また、作成した物でプレビューを行うことも可能で、複数のブラウザで確認することも出来、非常に柔軟に対応出来ます。

 

まとめ

今回紹介したGoogle Web Designerですが、現在はまだベータ版のため、日々アップデートが行われていますが、まだ不完全な部分、作成出来ない部分など、まだまだ出てきてしまいます。

そのため、実務での使用となると、まだ、少し考えどころかも、しれません。
しかし、フリー公開にも関わらず、これだけの機能、処理速度、直感性などを兼ね備えています。

このツールは成長段階のため、更に機能が増えたり、不具合が減り使用しやすくなると思います。
フリーにしては、作成出来るレベルが非常に高いため、是非一度、試しに使用してみることを、おすすめします。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next Articleログを解析・管理できる便利なツールまとめ