creatersnest141

【日本語も利用可】Webフォントを配布しているサイトまとめ


皆さんこんにちは。ライターのakirayです。
今回は、【日本語も利用可】Webフォントを配布しているサイトまとめをテーマにおとどけします。

星の数ほどあるwebサイトの中からあなたのサイトを印象づけるのに必須なのは、個性です。
デザインに拘る人、文体に凝る人、テーマに特徴づける人、人それぞれだと思います。
そんな中、意外と知られていないのがフォントの重要性だと思います。
プロのグラフィックデザイナーが必ずフォントに拘るように、webサイトでもフォントにこだわってみることで、あなたのサイトの印象がぐっと変わります。
まずは定番どころから見ていきましょう。

 

Google Noto

 

WebFont_GoogleNoTo
https://www.google.com/fonts/specimen/Noto+Serif

Googleが提供する高速webフォントです。No Tofu = 豆腐文字を無くす事を目的に開発されただけあり、日本語も文字数が膨大にあります。
通常用途では、豆腐文字を見かけることはまずないでしょう。
信頼あるGoogleのサーバーから配信されているだけあり、安定性・速度ともに業界最高水準です。

 

TypeSquare

WebFont_TypeSquare

http://typesquare.com/ja/service/plan
サイト上では何故か「クラウドフォント」と説明されていますが、要はwebフォントのことです。
印刷業界でおなじみのモリサワフォントが使えるので、印刷物とwebのトンマナを合わせたい時にも便利です。
月間PV数ごとに料金が変わります。

 

amana images

WebFont_amana
http://amanaimages.com/font/web/index.aspx

こちらも業界大手amanaの提供するwebフォントサービスです。
字游工房、タイプバンク、味岡伸太郎、七種泰史など大手フォントメーカーが参加しているので、印刷物などで既にこれらのフォントを使っている企業のwebサイトを作る場合等にお勧めです。

1フォント540円からですが、フリートライアルもあるので、クライアントの予算承認がとれてからの購入も可能なのが嬉しいです。

 

AXIS font

WebFont_AXIS
http://typeproject.com/fonts/axisbasic
何故このフォントだけ、サイト名ではなくフォント名なのかというと、かの有名なApple webフォントの原型になったフォントだからです。
他のフォントに比べるとやや高めですが、Apple風のサイトデザインにしたい場合は必須フォントとなります。

 

フォントな

WebFont_lightNovel
http://www.fontna.com/category/gallery/
ライトノベル風のフォント、にくめないB級フォント、ふぉんとうは怖い明朝体などの個性的なフォントを取り扱っているサイトです。
お堅い企業にはとても提案できませんが、個性的なクライアントには是非一度提案してみたくなるような面白いフォントがそろっています。
基本的に、このサイトのフォントはフリーフォントです。

 

デコもじ

WebFont_decoMoji
http://decomoji.jp/
その名の通り、あらゆる文章をデコもじにして、一気にサイトの雰囲気を緩くするフォントです。
サイトのキャッチフレーズに「とっても簡単!ホームページが、ブログが、もっと楽しくもっと個性的に」と銘打ってあるように、とにかく楽しい雰囲気になるフォントです。
料金は、個人利用の場合1サイト300円。法人利用の場合1サイト1500円からとなっています。

 

もじでぱ

WebFont_mojidepa
http://mojidepa.com/login
完全無料の日本語webフォントサイトです。
会員登録制で、文字に動きをつける事も可能です。
やや手書き風フォントや、可愛い系フォントがそろっているので、個人商店などのサイトに向いています。

 

無料日本語webフォントJapanSans

WEbFont_JapanSans
http://webfontfan.com/japansans/

その名の通り、Sans体の日本語フォントを無料で配信しているサイトです。
大手サイトは種類はいっぱいあるけれどライセンスが細かく定義されているので、安心して使える日本語フォントを提供する為に始めたそうです。

 

FONT PLUS

WebFont_Fontplus
http://webfont.fontplus.jp/
フォントワークス、イワタ、モトヤ、白舟書体、モリサワなどのデザイン業界でおなじみの大手フォントメーカーが参加するWebフォントサービスです。
設定・導入が簡単な「S:スマートライセンス」、Webサーバー配置方式の「V:バリューライセンス」、特別な用途を想定した「E:エンタープライズ」の3つのサービスを選べるので、大手企業にも安心して提案できます。

 

さいごに

皆さま、如何でしたでしょうか。
印刷業界でおなじみの定番フォントをwebでも再現するのに特化したサイトから、個性に特価したサイトまで、様々なwebフォントが展開されています。
印刷でフォントにこだわるのが当たり前のように、webでもフォントにこだわるのが当たり前になってきているのを実感しました。
皆さんも是非、この機会に試してみて下さい。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


Next ArticleAi形式でダウンロードできるリボン素材まとめ