creatersnest125

【Photoshop】切り抜きや選択範囲の作成をのペンツールでする方法


みなさんはPhotoshopで画像の切り抜きや選択範囲を作成する時、どのような方法で行っていますか?
以下のでツールなら簡単に選択範囲を作成できます。

01 02 03

ですが、複雑な形の選択範囲を作成したい場合は、ペンツールが便利です。
今回はペンツールを使った選択範囲の作成方法について書いていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

ペンツールで選択範囲を作成

ペンツールを簡単に説明

こちらのペンツールはIllustratorを使用した事があれば簡単に使えます
初めてペンツールを使用する方には、まずペンツールの使い方を把握してください。

ペンツールでは直線から曲線と、色々な形に合わせて線が引けます。
ツールバー→ペンツールを選択
04

直線を引く場合はクリックしポイントをつけていくだけ。
クリックした場所に出る丸はポイント箇所。
アンカーポイントと言われています。05

曲線を引きたい場合は、ポイントから横へドラッグすると方向線が表示されます。
方向線に沿って曲線となります。
06

最初にポイントした所をそのままドラッグし方向線を出します。
次のポイントも方向線を出して曲線にすると波のようになります。
07

この3ポイントを押さえておくと色々な形に添ってラインが引けます。

 

選択範囲を指定

この画像を使用します。
画像にあるテントウムシを選択してみましょう。
image_t
shirodomi撮影

ツールバー→ペンツール→形に沿って線をひく
新規作業用パスとなります。
08

最後は始点と繋げます。
始点をクリックすると繋がります。
きちんと始点を選択できていると、ペンツールアイコンのすぐよこに丸印が表示されます。09

パスを開いてみると作業用パスがひかれていることがわかります。
10

パスを選択し右クリック→選択範囲を作成
11

 

選択範囲を作成パネルが開きます。
ぼかしの半径は0pixelでOKボタンをクリック。
12

 

この様に選択されます。
13

そのまま選択範囲を作業したり、選択範囲を反転してから作業することができます。

 

まとめ

複雑な形ほど一度選択した後に解除してしまうと再度選択することが手間となります。
そのためにもペンツールで選択をし、作業用パスを作成すると便利です。
また選択範囲に対し何度も作業を繰り返す場合に作業用パスは使えますので、こちらも合わせて覚えてください。
選択範囲に対し右クリック→作業用パスを作成を選択で作成されます。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


shirodomi

ライター初心者

Next Article無料&商用利用可能な女性の素材が手に入るサイトまとめ