panorama

Photoshopでパノラマ画像を作る方法


近頃ではデジタルカメラやハンディフォンからでも、簡単にパノラマ写真を撮れるようになりました。
その中でも状況やアングルの関係で一部ずつしか撮影できず、画像を繋げてパノラマ画像として繋げたい場合もあります。
今回はPhotoshopの機能を使用して、パノラマ画像に変換してみましょう。

 

パノラマ画像の作り方

画像の準備

まずはパノラマ画像にしたい画像を撮影します。
この時のポイントは、画像同士を繋げやすいように繋ぎ目が重なるように撮影します。
高さ、角度をなるべく固定をし左右に振り撮影をする。
三脚があれば便利です。

また合成する画像同士が、重なる部分を含めることです。
写真の1/4ほど重なる部分があると良いです。
00

パノラマ画像作成

こちらの画像を使用します。
pano01 pano02 pano03
shirodomi撮影

 

Photoshopを起動します。
ファイル→自動処理→photomerge
01

Photomergeパネルが展開します。
02

レイアウト→自動設定、周辺光量補正と歪曲収差の補正にチェック。
参照ボタンをクリックし、パノラマ画像にしたいファイルデータを全て選択する。
OKボタンをクリック。
03

合成画像が展開します。
歪みもありますので切り抜きツールで画像をトリミング。
04
05

必要ならば色調補正を行う。
このようになりました。
06

 

横パノラマだけじゃない 縦パノラマ

縦パノラマも可能です。
こちらの画像を使用しました。
p1 p2 p3

shirodomi撮影

 

同様の作業工程と同じく、Photomergeで読み込む画像を指定する。
ファイル→自動処理→photomerge→トリミング
p4

 

まとめ

容易にパノラマ画像が作成できたと思います。
今回は参考では3枚の画像使用・重なる部分多めであまりパノラマに見えませんが、枚数を増やすとパノラマらしくなります。

この機会にカメラ機能で撮影したパノラマ画像とパノラマ画像を合成し、超パノラマ画像を作成して見てはどうでしょうか。
遊び心を刺激して色んな物を作成してみてください。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


shirodomi

ライター初心者

Next Articleグラデーションはもう難しくない!CSS3のソースを生成してくれるツールまとめ