pura

記事投稿画面を便利にするWordPressプラグイン15選


日々の記事投稿は、Wordpressといえどもやはり大変な作業です。

WordPressはプラグインが多種多様ありますが、

記事投稿の作業を低減するプラグインも多くあり、それらをご紹介します。

Parent Category Toggler

子カテゴリにチェックを入れた際、自動的に親カテゴリにチェックをいれることができます。

カテゴリを複雑に階層化している方だと、毎回、親カテゴリにチェックを入れることは面倒です。

そんな方におすすめのプラグインです。

また、カテゴリをチェックする際に、子も親もチェックしなければがらないのに、ついついチェックを忘れてしまうことがありますので、

非常に便利なプラグインです。

category
https://wordpress.org/plugins/parent-category-toggler/

AddQuicktag

エディターのボタンに自分で用意したタグや定型文を設定することができるプラグインです。

投稿記事をHTMLで頻繁にカスタマイズする場合、毎回、同じタグを打つのは非常に大変です。

そんな作業を楽にしてくれます。また、ユニークな特徴ですが、HTMLタグ以外の定型文を入力できるボタンをつけることができます。

例ですが、「まとめ記事」というボタンを作って「まとめ記事はこちらです」と入力することを簡単にできます。

quick1
https://wordpress.org/plugins/addquicktag/

Admin Post Navigation

投稿画面で簡単に前後の記事に移動ができるプラグインです。

前回の投稿に振り返る場合、ちょっとしたことですが、投稿一覧に戻るのは面倒です。その作業を簡単にしてくれるプラグインです。

プラグインに設定画面はありませんので、インストールから、有効にするだけで簡単に利用できます。
navi
https://wordpress.org/plugins/admin-post-navigation/

Admin Quick Jump

投稿作成画面から、公開記事などの記事一覧リストからその記事の編集画面に飛ぶことができます。

頻繁に過去の記事を参照する場合、便利なプラグインです。

こちらもインストールして有効化するだけで、簡単に使えるプラグインです。
jump
https://wordpress.org/plugins/admin-quick-jump/

Video Thumbnails

YouTube や Vimeo などの動画のサムネイル画像を自動取得し、WordPressのアイキャッチに自動挿入します。

動画などを投稿に良く使用する方に便利なプラグインです。

下記など多くの動画サイトに対応しており、非常に優秀なプラグインです。

  • Facebook
  • YouTube
  • Dailymotion
  • Vimeo
  • Blip
  • Justin.tv
  • Wistia
  • Youku
  • CollegeHumor

video
https://wordpress.org/plugins/video-thumbnails/

Duplicate Post

投稿一覧画面や投稿画面に「複製リンク」が追加され、記事を簡単に複製できます。

昔の記事を参照に使うことが多いユーザー向けのプラグインです。

主に下記の二つの機能があります。

「Clone」 :閲覧している記事を複製し下書きとして保存することができます。

「New Draft」:閲覧している記事を複製し、そのまま記事編集画面に飛ぶことができます。

duplicatge
https://wordpress.org/plugins/duplicate-post/

Browser Shots

ショートコードにURLと画像の横幅を指定することで、ホームページの画面を表示できちゃいます。

まとめ記事など他のホームページを紹介することが多い時に非常に便利なプラグインです。

[browser-shot url=”http://yahoo.co.jp” width=”100″]

のような簡単なショートコードで横幅を指定したページサムネイルを表示することができます。

browser
https://wordpress.org/plugins/browser-shots/

Table of Contents Plus

h1等のタグから、記事の目次を自動生成してくれます。非常に便利なプラグインです。

見出しをつけて、サイトを便利かつきれいにしたい時に役立ちます。見出しをつけるだけでなく、

「最初の見出しの上に表示する」ことや、「投稿ページだけに見出しを表示したい」等、目次の表示位置を細かく設定できます。
table
https://wordpress.org/plugins/table-of-contents-plus/

Save Editor Scroll Position

投稿を保存した時、エディタのスクロールの位置を保存してくれます。

記事を更新する度にスクロールがTOPに戻らないため、記事を頻繁に編集する人に便利です。

特に、長い記事を何度も編集する必要がある時に、一番上の記事の部分に戻されることに

困っている方におすすめです。

save
https://wordpress.org/plugins/save-editor-scroll-position/

PS Disable Auto Formatting

ビジュアルエディタとテキストエディタを切り替えても、BRやPタグが自動除去されなくなります。

記事をHTMLで装飾するなど、凝った記事を作成するときに有効なプラグインです。

プラグインの設定でコメントや抜粋部分の自動整形の停止もすることができます。
ps
https://wordpress.org/plugins/ps-disable-auto-formatting/

Ultimate TinyMCE

記事編集画面のビジュアルエディタを拡張(ボタンなどを追加)できます。

ビジュアルエディタでは物足りないので、さらに機能を追加したい場合、便利です。

また、HTMLを直接編集せず、ビジュアルエディタ中心で使用したい方におすすめです。

ultimate
https://wordpress.org/plugins/ultimate-tinymce/

Crayon Syntax Highlighter

記事編集エディタに追加されるボタンで表示される挿入画面からソースコードを簡単に登録、表示できます。
ソースコードを挿入したいときに便利です。

技術やプログラミングを紹介するサイトに向いています。
crayon
https://wordpress.org/plugins/crayon-syntax-highlighter/

SyntaxHighlighter Evolved

ショートコードで簡単にソースを表示することができます。

こちらもプログラマーなど技術向けのサイトに非常に便利です。

対応言語は、C/JAVA/PHP/Visual Basicなど本当に多くの言語に対応しており、すばらしいプラグインです。

syntax
https://wordpress.org/plugins/syntaxhighlighter/

TablePress

HTMLを直接記述しなくても簡単にTABLEを作成できます。

Tableタグを書くことは結構、ハードな作業になるため、

数字を多く使うなど表を作ることが多いホームページにおすすめのプラグインです。
tablepress
https://wordpress.org/plugins/tablepress/

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリとカスタム投稿タイプ(custom post type)のカスタムタクソノミーの順番を変更することができます。

多くのカテゴリからチェックをつける場合、チェックする負荷を軽減してくれます。

また、カテゴリの並び替えを自動で行なってくれる機能もついています。
taxonomy
https://wordpress.org/plugins/taxonomy-terms-order/

まとめ

上記のプラグインを使用することで、投稿を頻繁に行うユーザーにとっては、日々の投稿作業が格段に楽になります。

投稿作業のかゆいとこまで手が届く、豊富なWordpressのプラグインに脱帽です。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next Article【完全保存版】高品質なベクター素材を無料配布しているサイト22選