【Photoshop】選択範囲の保存と呼び出す方法

【Photoshop】選択範囲の保存と呼び出す方法


画像の切り抜きや加工をする際の基本項目として「範囲を選択する」ことが
ありますが、一度選択を解除した後、別の作業を行い、違う範囲を選択して
しまうと、再選択できなくなってしまいますよね。
もう一度同じ選択範囲で作業をしたい時、単純な形の選択範囲でない場合、
全く同じ範囲を再選択するのは難しい場合もあります。
そんなときに役立つ、「選択範囲の保存」とその呼び出す方法をご紹介します。

 

選択範囲の保存

選択した範囲はマスクとしてアルファチャンネルに保存することが出来ます。

方法1.チャンネルパネルを使って保存する

チャンネルパネルを使って選択した範囲を保存する方法です。
選択範囲を新規チャンネルで保存します。

[手順]
1:[ウィンドウ]→[チャンネル]でチャンネルパネルを表示します。
2:チャンネルパネルの「選択をチャンネルとして保存」をクリックします。
3:新規のアルファチャンネルとして選択範囲が保存されます。

チャンネルパネルで選択範囲を保存

方法2.[選択範囲]→[選択範囲を保存] で保存する

チャンネルパネルでの保存ボタンでの保存は新規チャンネルで保存する
方法のみですが、[選択範囲を保存] ダイアログを起動すると、新規チャンネルで
保存する以外に、既存のチャンネルに追加して保存することもできます。

[手順]
1:[選択範囲]→[選択範囲を保存]をクリックします。
2:[選択範囲を保存]ダイアログが起動したら、新規チャンネルで保存をする場合は
「新規」、既存のチャンネルに追加保存をする場合任意のチャンネルを選択して、
チャンネル名を入力し「OK」をクリックします。
(チャンネル名を入力せずに保存すると名前は「アルファチャンネル」になります)
3:新規か選んだチャンネルか、いずれかに選択範囲が保存されます。

選択範囲を保存ダイアログ

 

選択範囲の呼び出し

チャンネルに保存した選択範囲を呼び出し、再度選択範囲として表示する
ことが出来ます。

方法1.チャンネルパネルを使って呼び出す

チャンネルパネルで呼び出したい選択範囲を選ぶ方法です。

[手順]
1:チャンネルパネルの呼び出したい選択範囲を含むチャンネルをクリックします。
2:チャンネルパネルの「チャンネルを選択範囲として読み込む」をクリックします。
3:チャンネルに保存していた選択範囲が再度表示されます。

チャンネルパネルで選択範囲を読み込む

 

方法2.[選択範囲]→[選択範囲を読み込む] で呼び出す

メニューバーの[選択範囲]→[選択範囲を読み込む]から選択範囲を表示させる
方法です。チャンネルを選択し、新しい選択範囲として表示、または選択範囲に
追加することが出来ます。

[手順]
1:[選択範囲]→[選択範囲を読み込む]をクリックします。
2:[選択範囲を読み込む]ダイアログが起動したら呼び出したい選択範囲を含む
チャンネルをプルダウンで選び、新たに表示する場合、追加する場合に応じて、
「選択範囲」の項目のラジオボタンを選び「OK」をクリックします。

選択範囲を読み込むダイアログ

 

別の画像からの選択範囲の呼び出し

選択範囲は現在アクティブ画像として処理している別の画像で保存しているものも
呼び出すことが出来ます。

方法1.チャンネルパネルで選択したチャンネルを別画像に移動する

Photoshopに開いている画像同士の選択範囲はドラッグで移動させることが出来ます。

[手順]
1:選択範囲を移動したい画像をともにPhotoshopで開きます。
2:移動したい選択範囲を含むチャンネルをチャンネルパネルから移動する側の
画像へドラッグします。
4:移動してきたチャンネルが追加されます。
5:追加されたチャンネルをクリックし、「チャンネルを選択範囲として読み込む」
ボタンをクリックします。
6:ドラッグしてきたチャンネルに保存されていた選択範囲が表示されます。

別画像からチャンネルをドラッグ

方法2.[選択範囲]/[選択範囲を読み込む] で呼び出す

メニューバーの[選択範囲]/[選択範囲を読み込む]で呼び出す元の画像(ソース)を
選ぶことで別画像から選択範囲を選ぶことが出来ます。

[手順]
1:[選択範囲]→[選択範囲を読み込む]をクリックします。
2:[選択範囲を読み込む]ダイアログが起動したら「ソース」の項目で呼び出したい
範囲を含むドキュメントを選択します。
3:選択したドキュメントから表示したい選択範囲を含むチャンネルを選択します。
4:「選択範囲」で統合方法を選択し、「OK」をクリックします。
5:「ソース」に選択したチャンネルで保存した選択範囲が表示されます。
※移動先には選択範囲として表示されるのみでチャンネルに保存はされていません。

選択範囲を読み込むソースを選ぶ

まとめ

選択範囲の保存や呼び出しは「チャンネルパネル」かメニューバーの「選択範囲」から
項目を選ぶだけで行えますので、覚えてしまえば操作はとても簡単です。
選択範囲を保存し、必要な時に自在に呼び出すことで、何度も同じ範囲を選択しなおす
手間なく、より複雑な加工や合成が出来るようになりますね。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next Article風景写真の加工に最適なPhotoshopアクション30選