ng_pstt

【あなたは大丈夫?】Photoshopの間違った使い方まとめ


はじめに

Photoshopは画像の編集や制作に欠かせない、とても便利なソフトウェアですが、
これからPhotoshopを始める初心者の方はもちろん、Illustratorなどのベクター
ツールより取っつきやすい分、特に学ばなくても「何となく使える」のでそのまま
使い続けているという方も実は結構多いのではないでしょうか。
以下はPhotoshopでやってしまいがちな使い方や設定のミスを挙げていますので、
チェックしてみてください。

印刷用データーの解像度が小さすぎる

まずは、Photoshopでこれから加工する・作成する画像は何に使用にしている
ものでしょうか?
というのも、作成するものが印刷用のデータか、Web用のデータかで適した解像度が
違うためです。Photoshopの初期設定で画像を新規作成した場合、解像度は72dpiに
なっていますが、印刷用データであればどんなに小さくても300dpi以上、通常は
600~1200dpiが必要です。小さな解像度で作った画像を強引に大きく印刷したり、
拡大すると劣化をしてしまい明瞭な印刷はできません。
初期段階で解像度を大きくしておくことが必要です。

ng_newfile

印刷用データをRGBカラーで作る

同じく印刷用データを作成する際に注意をしたいのが「カラーモード」です。
PCのディスプレイの表示がそうであるように、Photoshopの初期設定ではカラー
モードは「RGBカラー」になっています。
しかし、印刷をする際は通常「CMYKカラー」で行われます。
RGBとCMYKでは色の表現出来る範囲に差があり、CMYKカラーはRGBカラーより
色域が狭くなっています。そのためRGBカラーで作成をしたものを印刷すると、
鮮やかさに欠ける印象を受けがちです。
印刷データ用であればCMYKカラーで作成しましょう。

ng_cmyk

グリッドやガイドを使わない

よくデザインを目測で行う人がいますが、正確さにも欠けますし、そのため結局は
微調整に時間を取られてしまうなど、非効率になってしまうこともあります。
やはりガイドやグリッドを使って行った方が良いです。

ng_ruler

環境設定を行わない

グリッドやガイド、定規を使用していても、目安にしている人も見受けられます。
せっかくマス目を表示しながら、単位やサイズ設定を行わずに使っているため、
結局比率などで大体の調整をするのもやってしまいがちな使い方。
[環境設定]([編集]→[環境設定])から現在加工している画像の大きさや用途に
合わせて的確なサイズや単位を設定すれば、より使いやすくなります。

ng_guide

小さすぎるプレビュー

WEB用の画像を新規で作る場合は、そもそもPCやモバイル端末で画像を見ることを
前提にしていますが、デジタルカメラで撮った写真を取り込んだり、印刷用データと
して作成している画像は解像度が高く、画面上とても大きく表示されるのでビューを
小さくして見てしまいますよね。
もちろん、画面全体を把握したり、作業の効率を考えて小さいプレビューで見ること
自体が間違いではありませんが、必ず100%以上のビューで細部を確認しましょう。
プレビューが小さいことで微細なノイズやペイント作業での塗り残しなどを見落として
いるかも知れません。

ng_view

範囲の選択=選択ツールのみで行う

範囲の選択は様々な加工を行う際の基本となりますが、「選択といえば選択ツール」と
それだけで行っていませんか?ツールボックスの各選択ツールも選択内容に合わせて
使うととても簡単で便利ですが、複雑な形や微細な部分、境界線辺りに色の差がないなど
上手く範囲を選択しづらい場合があります。
このような場合は「ペンツール」を使えばかなり精度の高い境界線を引くことが
出来ますし、「クイックマスク」を使えばブラシで微調整が行えます。

ng_range

レイヤーを使わない

レイヤーはアナログで一枚の画像を作成したり加工をしていく際には無い感覚の
ためか、使い始めたばかりの人などは「よく分からないから使わない」と言って
レイヤーを使わない人もいます。
しかし、レイヤーはPhotoshopの要。例えば紙に直接ペンで文字や絵を書くと
それを移動したり、形を変えることはできませんよね。
これが可能になるのがレイヤーです。
レイヤーはそれぞれのレイヤーを単独で加工でき、他のレイヤーに影響を与えない
ので複雑な合成を行うことが出来ます。

ng_layer

パネルを活用しない

メニューバーの[ウィンドウ]をクリックすればレイヤーやヒストリー、文字など
各パネルを表示することが出来ますが、パネルを表示していなかったり、
表示していても設定や現状の確認程度に使用していませんか?
例えばレイヤーパネルはレイヤーの重なり順を把握し、ドラッグで順番を入れ
替えたり、各レイヤーのモードや不透明度を変えたりと多くの操作がパネルで
行えて、感覚的に捉えやすくしてくれます。
パネルを使ってみると、「実はもっと簡単だった」「出来ることがたくさんあった」
ともったいなさに気付きます。

ng_panel

ロゴやマークをビットマップデータで作る

Photoshopは写真のリタッチや合成、ブラシペイントなど「ビットマップデータ」
の作成や加工機能が非常に高いソフトウェアですが、ロゴやマークは印刷物
に掲載することもあれば、WEBページに載せることもある、いろんなシーンに
対応できなくてはいけませんよね。
ビットマップデータは拡大をするとにじんで、ぼやけてしまうのでロゴやマーク
などには不向きです。
拡大による劣化がなく、自由にサイズを変動できる「ベクターデータ」の方が
適しています。Photoshopでは「ペンツール」「シェイプ」「フォント」などで
ベクターデータを作ることが出来ますが、Illustratorのようなベクターツールの
方がベクターデータを扱う際にはやはり秀逸です。

ng_bitmap

ショートカットキーを使わない

エクセルなどにも便利なショートカットがありますが、Photoshopにも多くの
ショートカットキーがあります。たくさんの種類がありますのでかく言う私も
知らないものや使っていないものもあるのですが、ショートカットキーの目的は
効率や時短。
最初から作業的にショートカットを丸暗記するより、操作の効果や用途を
理解する方が先ですが、ある程度使っているうちに度々行っている操作だと
分かっているのに毎回マウスでメニューから選択しているのは非効率と
いえるでしょう。よく行う操作のショートカットキーを覚えれば以降の作業は
時短出来ますね。

ng_shortcut

フィルターやレイヤースタイルを使いすぎる

Photoshopを使い始めると、6の項目のレイヤーもそうであるように、
アナログの作業では容易く行うことの出来ない加工が簡単に行えるため、
ついつい多用、度を越して乱用してしまうことも。
グラデーションで色を塗れたり、フィルターでタッチやエッジを変えたりと
いろんな機能を試してみたくなり、機能が分かると使ってみたくなりますが、
使いすぎて何のための効果か分からなってしまうとせっかくの機能が
活かされません。

ng_arb

モノクロ変換を[彩度を下げる]や[グレースケール]で行う

画像をモノクロの画像に変換する、といえば名前の通り、[彩度を下げる] や[グレースケール]というのもやってしまいがちな使い方です。
実際白・黒・グレーのみの彩度の無いモノクロ画像に変換は出来るのですが、
メリハリのないものにしてしまっています。
CS3以降であれば、[イメージ]→[色調補正]→[白黒]で色の系統別に
パラメータを調整し、詳細なモノクロ変換を行うことができます。
CS3より前のバージョンでは[チャンネルミキサー]で色の系統ごとに明度の
調整を行ったモノクロ変換を行うことが出来ます。

ng_mono

最後に

いかがでしたか?当てはまる項目はありませんでしたか?
そもそも便利な機能を知らずに使っていてはもったいないですし、せっかく
便利な機能も適切な使い方でなければ活かされません。
そんな「もったいない」使い方にならないよう、充分に活用していきたいですね。

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next ArticleDiv要素をセンタリングさせる方法と上手くいかない時の解決法