fs

これで安心!WordPressのバックアップとデータ復元方法のすべて


はじめに

今回は、WordPressのバックアップについてお話ししていきます。
サーバーの移行やWordPressをインストールし直したいときなどには、欠かせない作業になります。
また定期的にバックアップをとっておくことで万が一、サーバーやワードプレスに不具合があって、データが消えてしまった際にも復元ができるので、記事が一定量たまってきたら、バックアップを心がけると良いでしょう。
WordPressのバックアップ方法として、大きく2つの方法があげられますが、今回は汎用性の高い手動でのバックアップを解説していきます。

 

1. 手動でのバックアップ ◀︎ 今日はこっち
2. プラグインを用いた一括バックアップ

 

プラグインの有名どころとしてはBackWPup、Total Backup、WP-DBManagerなどがありますので、バックアップの基本が分かったら使ってみると良いでしょう。

それでは実際の手順をお話ししていきます。

 

バックアップ手順

WordPressでバックアップをする対象として大きく2種類あります。
1. ”データベース”に保存された投稿記事
2. WordPressの見た目や動きを構成する”ファイル”

以上の2種類が主な対象です。

”データベース”に保存された投稿記事のバックアップ方法

WordPress管理画面の左メニューの下方にある”ツール”から”エクスポート”を選択します。
そうしますと、以下のような画面が表示されます。

エクスポート

バックアップしたい範囲を選択して、エクスポートをしましょう。
サーバー移行などの際には”すべてのコンテンツ”を選択しておくことが無難でしょう。

それではエクスポートしたxmlファイルを開いてみましょう。

xml

画像のように記事の情報などが入っていますので、確認してみましょう。

プラグインやテーマなどサーバーに保存された”ファイル”のバックアップ方法

FTPからWordPressの関連ファイルが保存されている階層を開きましょう。
バックアップの方法は簡単でまずはWordPressを構成するファイル郡の一番上の階層(デフォルトだとフォルダ名が”wp”や“wordpress”となっている)をまるごとローカルに保存しておきましょう。またこのとき、FTPファイルの設定で不過視ファイルが見えるようにしておきましょう。”.htaccess”とういうファイルを保存しておくためです。

以上で、バックアップは完了です。

WordPressのアンインストール方法

バックアップが完了したら、今度はアンインストールです。
バックアップしても分かったように、WordPressのデータは、WordPressの構成ファイルとデータベースからなっていますので、この2つを削除すれば、アンインストールができます。

WordPressの構成ファイルについては、FTPでサーバにアクセスしたら、先ほどバックアップした一番上の階層をまるごと削除すれば完了です。

次に再度、同じサーバにWordPressを設置する際にはデータベースの削除は欠かせません。こちらは、phpadminや各種サーバレンタルサービスのデータベース管理画面からWordPressをインストールしてあるデータベースを削除しましょう。

バックアップファイルのインポート

それではバックアップしたファイルを復元してみましょう。
まずは、WordPressの構成ファイルをFTPでサーバに保存しましょう。ここでデータベースも新しい環境になっている場合は、データベースの設定をおこないましょう。

それが終わったら、今度はWordPressの管理画面から、エクスポートをおこなった投稿記事などの復元をします。左メニューの”ツール”>”インポート”を選択します。

インポートするコンテンツのリストが表示されるのでそこから”WordPress”を選択しましょう。

スクリーンショット_2014_08_13_5_04

クリックするとインポートツールのプラグインのインストール確認画面が表示されるので、確認してインストールしましょう。

インストールが完了したら、プラグインを起動すると、xmlファイルのファイル選択画面が表示されるので、先ほどバックアップしたファイルを選択します。

”ファイルをアップロードしてインポート”ボタンをクリックしたら、次にインポートした記事のAuthor(投稿者)の設定画面が表示されます。

インポートしたファイルを新しく別の投稿者としたい場合は、新しいユーザを作成します。そうでない場合は、現在のadminユーザもしくは、他に作成してあるユーザを選択しまししょう。

これを選択して、”Submit”ボタンを押したら、インポート完了です。

 

ユーザー情報について

ユーザー情報については、バックアップすることが難しい状況になっています。データベースを直接、操作してバックアップをとるために上級者向けとなるので、今回は触れません。プラグインでもユーザーのアカウントまで保存できるものはほとんどないようです。またユーザーそれぞれにメールアドレスとパスワードがひもづいているため、一括でバックアップしてしまうと危険な面もあります。サーバー移行などのバックアップの際には、ユーザーリストも棚卸しということで、必要なユーザーと不必要なユーザーを洗い出して、登録し直すのが安全な対策でしょう。

まとめ

WordPressのバックアップですが、このようにFTPとWordPressの管理画面をうまく使いこなせば、30分程度でバックアップをすることができます。それでは、定期的なバックアップで安全・安心のWordPressライフを楽しんでください!

本サイトが運営するWebデザインのオンラインスクールが公開中!
以下のリンクからお申込みで、特別料金の70%OFF!

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース
こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースです。
・全422レッスン & 42時間! 通学スクール80万円相当の内容
・授業×チャレンジ課題で実践的なスキルが身につく!
・過去1100名以上のスクール卒業生を輩出した、 Webサービス運営企業・デザイナー輩出企業だからこそ作れるプログラム

Webやアプリの最新デザインツール Sketch3 |100レッスンの完全マスターコース
Sketch3未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。
Sketch3の単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、アイコン制作、ボタン作成、メインビジュアル制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。
1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


NESTonlineBlog編集部

NESTonlineBlog編集部です。ご寄稿頂いた記事などを公開していきます。

Next Article企業がFacebookページを作るなら押さえるべき7つのポイント